『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』 刊行記念トークイベント | 株式会社 ブックハウスカフェ

『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』 刊行記念トークイベント

いつ:
2018年5月11日 @ 7:00 PM – 8:30 PM
2018-05-11T19:00:00+09:00
2018-05-11T20:30:00+09:00
料金:
¥1,500

読書の新しい扉をひらこう

『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』刊行記念トークイベント

絵本は小さな子ども専用のもの? いえ、そんなことはありません。YA世代だからこそぐっとくる作品は山のようにあります。未就学児へ向けたガイドブックは多々あれど、この4月に刊行される『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』(西村書店)は、「ティーンエイジャーのみなさまへ絵本をお勧めする」という、とても面白いガイドブックです。書評家、作家、翻訳家、書店員、編集者など、たくさんの絵本を知る14人が、それぞれオススメの絵本を縦横無尽に紹介しています。

このイベントでは、どんな想いでセレクトしたか、YAにとっての絵本の魅力とは?などブックガイドのことや絵本のお話を、監修の金原瑞人さんと選者で編集者のほそえさちよさん、そして司書の中野怜奈さんをお迎えして、楽しくざっくばらんにお話しいただきます。一緒にYA絵本という新たな読書の扉をひらいてみませんか。                 

日時:2018年5月11日(金)19:00~20:30(終了後サイン&交流会あり)

参加費:大人1500円 / 中高生1000円

予約:要(店頭/E-mail book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) 

※メールでご予約の際は「件名」にイベント名・日時を、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください

場所:ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

登壇者:

金原瑞人(かねはら みずひと) 1954年岡山市生まれ。法政大学教授・翻訳家。訳書は児童書、YA(ヤングアダルト)小説、一般書、ノンフィクションなど500点以上。訳書に『不思議を売る男』『青空のむこう』『さよならを待つふたりのために』『月と六ペンス』、エッセイ集に『サリンジャーに、マティーニを教わった』、日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』など。

ほそえさちよ(細江 幸世) 編集者、大学非常勤講師。子どもの本を中心に200冊あまりの本を編集、ブックガイドなどの執筆も多数。編・共著に『多文化に出会うブックガイド』、『明日の平和をさがす本 戦争と平和を考える絵本からYAまで300』。 

中野怜奈(なかの れいな) 中学校司書・翻訳家。杉並区の学校司書として勤務しながら、ミュンヘン国際児童図書館の日本部門を担当。国立国会図書館国際子ども図書館では 非常勤調査員として翻訳業務に携わる。2017年末、『さよなら、スパイダーマン』で 翻訳家デビュー。

-------------------------------------

13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』

定価[本体1800+税] 四六判 並製 240ページ 

 ISBN 978-4-89013-787-9 C 0000 2018418日発売 オールカラー

  • 監修 金原瑞人 ひこ・田中 
  • 執筆者(五十音順) 位頭久美子(絵本雑誌プロデューサー)、奥野奈緒子(書店員)、兼森理恵(書店員)、三辺律子(英米文学翻訳家)、中村真理子(ぶんこでいず・えほんでいず発行人)、西村醇子(大学講師・翻訳家)、野坂悦子(児童文学翻訳家・作家)、平岡敦(フランス文学翻訳家)、広松由希子(絵本評論家・作家)、ほそえさちよ(編集者・大学講師)、松田素子(編集者・作家)、森口泉(書店員)

 -------------------------------------

主催:ブックハウスカフェ 協力:西村書店

※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。

みなさまのご参加をお待ちしております!