ひろかわさえこさん×いとうみくさん×中井はるのさんトークショー「子どもの本のつくり人の目線」

いつ:
2018年6月14日 @ 6:30 PM – 8:00 PM
2018-06-14T18:30:00+09:00
2018-06-14T20:00:00+09:00
料金:
¥1,500
ひろかわさえこさん×いとうみくさん×中井はるのさんトークショー
~子どもの本のつくり人の目線~ 

絵本作家のひろかわさえこさん、児童文学作家のいとうみくさん、翻訳家の中井はるのさん。それぞれ多分野でご活躍のみなさんが、「子どもの本のつくり人」というキーワードで自由に語っていただくイベントを開催します。作家について知りたい方はもちろん、子どもの本の仕事に興味のある方、絵本、児童文学、翻訳文学などに興味のある方にも面白い内容です。ぜひ、ふるってご参加ください。

高校生・中学生など、学生さんも大歓迎です。(中学生は保護者の同伴が必須です)

□日時: 2018/6/14(木)18:30~ (18:00開場) ※終了後サイン会
□参加費: 1,500円+ワンドリンクオーダー
□予約: 要(店頭/E-mail: book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「イベント名・日時」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください
□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ
【ひろかわさえこさんプロフィール】
北海道小樽市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。文具のデザイナーを経て絵本の世界に入る。
フリー歴40年、二人の娘の母親。日本児童出版美術家連盟、こどもの本・九条の会会員。「ちいさなやさいえほん」「やさいむらのなかまたち」シリーズ、『ぞろりぞろりとやさいがね』(偕成社)、「かばくんくらしのえほん」シリーズ(あかね書房)「ぷくちゃん」シリーズ(アリス館)、『わかってるもん』(ハッピーオウル社)など多数。
【いとうみくさんプロフィール】
神奈川県生まれ。広告などの制作会社を経てフリーライターへ。2012年にデビュー。
『糸子の体重計』(童心社)で第46回日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で第39回日本児童文芸家協会賞。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。『かあちゃん取扱証明書』『アポリア』(童心社)「車夫」シリーズ(小峰書店)、『カーネーション』(くもん出版)、「おねえちゃん」シリーズ(岩崎書店)など。近刊は『ぼくはなんでもできるもん』(ポプラ社)。
【中井はるのさんプロフィール】
東京生まれ。大学時代は英語でディベートに夢中になる。
社会生活を知るため外資系銀行に勤めていたが娘の誕生をきっかけに子どもの本の仕事に憧れ・・・。
現在はペンクラブの会員、やまねこ翻訳クラブメンバー。フリー歴たぶん28年?
『木の葉のホームワーク』(講談社)で第60回産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞。「グレッグのダメ日記」シリーズ(ポプラ社)、『ワンダー』(ほるぷ出版)『木の中の魚』(講談社)ディズニー映画作品のノベライズなど訳書多数。