夏休みの幻燈会『蛙の消滅』~おほんゴギーノプレゼンツ~

いつ:
2019年8月3日 @ 3:00 PM – 4:30 PM
2019-08-03T15:00:00+09:00
2019-08-03T16:30:00+09:00
料金:
¥2,000

おほんゴギーノ プレゼンツ

夏休みの幻燈会@ブックハウスカフェ

『蛙の消滅』

おほんゴギーノさんのブックハウスカフェでの2回目の幻燈会は

宮澤賢治作『蛙の消滅』です。

この作品は『蛙のゴム靴』の初期形となります。

3匹の蛙、カン・ブン・ベンはいつもいっしょに雲見をする仲間です。

あることをきっかけに3匹のバランスが崩れゆき、、、。

蛙のお話とはいえ、ちょっぴりおそろしいお話でもあります。だからこそ、心に残るお話でもあります。『蛙のゴム靴』とくらべてみるのも面白いかもしれません。画の中に賢治さんの時代にはなかった、今私たちが直面する問題も描かれています。美しい画と表情豊かな語り、そしてオリジナルの音楽で賢治さんの物語を伝えます。どうぞお楽しみに!!

☆幻燈会の後特別企画として、お話に出てきた音をだしてみる体験もできます。

☆小林敏也さんのお話とサイン会もあります(当店で当日小林敏也さんのご著書をご購入の方)。 

☆抽選で10名様に小林敏也さんの画で『蛙の消滅』や『シグナルとシグナレス』など賢治さんのお話が収録された本『賢治草双』を差し上げます!!

画と朗読と音楽の三位一体で賢治作品をお楽しみください!

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

※「おほんゴギーノ」は『かしわばやしの夜』のふくろうの台詞にちなんでつけられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おほんゴギーノ プレゼンツ

夏休みの幻燈会@ブックハウスカフェ

『蛙の消滅』

□日時: 2019/8/3(土) 15:00~16:30(14:45開場)※終了後は小林敏也さんのサイン会もあります(当店で当日小林敏也さんのご著書をご購入の方)。

□出演: おほんゴギーノメンバー【朗読:鍵本景子さん/笛:植松葉子さん/パーカッション:入野智江さん】

□幻燈: 小林敏也さん(絵本作家)

□参加費: 大人 2,000円/小学生以下のお子さま 800円/親子割り 2,500円 ※2歳以下無料

□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「8/3 宮澤賢治幻燈会」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども(年齢))」をお知らせください。

□場所: ブックハウスカフェ

〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□主催: ブックハウスカフェ
□共催: おほんゴギーノ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆おほんゴギーノとは?

小平市の雑木林で月夜の幻燈会を主催する「どんぐりの会」のメンバーでもある鍵本景子が中心となり、小林敏也の画と朗読と作品ごとのオリジナルの音楽(入野智江・植松葉子)の三位一体で宮澤賢治の物語を伝えている。2009年秋よりはじまった、年2回雑木林での幻燈会は、2019年の春に20回目になる。2017年には軽井沢国際音楽祭で『かしわばやしの夜』を公演。その他の学校公演に横須賀総合高校『雪わたり』世田谷区給田保育園『どんぐりと山猫』小平市立小平第5小学校『セロ弾きのゴーシュ』がある。おほんゴギーノは『かしわばやしの夜』のふくろうの台詞にちなんでいる。

※写真は、小平市の雑木林で開催された『蛙の消滅』の幻燈会の様子です。

 

☆おほんゴギーノメンバー

朗読:鍵本景子 笛:植松葉子 パーカッション:入野智江

これまでの上演作品リスト (すべて 作/宮澤賢治 画/小林敏也)

オッベルと象(37分)/雪わたり(37分)/どんぐりと山猫(30分)/セロ弾きのゴーシュ(45分)/注文の多い料理店(23分)/やまなし(20分)/かしわばやしの夜(36分)/黄いろのトマト(33分)/蛙の消滅(34分)/猫の事務所(30分)/雨ニモマケズ(6分)

☆おほんゴギーノお問い合わせ

FB https://m.facebook.com/ohongogino/

YouTube  donguribayashi caferadio (4作品がアップされています)

E-mail kecoroudoku@gmail.com

電話 090-8517-9370(植松)(10:0018:00)

☆プロフィール

【おほんゴギーノメンバー】

鍵本景子(かぎもと・けいこ)さん

主な出演作品に、NHK朝の連続テレビ小説「ひらり」「さくら」。舞台 フランス演劇クレアシオン公演「私は太田、広島の川~朝は、夜の闇に包まれた~」。映画「あの夏、いちばん静かな海」「魔女の宅急便」。朗読 橋口譲二スチルムービー「いまを生きる人を知る旅」。サンシャインプラネタリウムにて堂園晴彦絵本「水平線の向こうから」。星川ひろ子写真絵本「ぼくのおにいちゃん」。ラヤトン「無限の森へ」。萩京子うたものがたり「なめとこ山の熊」。

植松葉子(うえまつ ・ようこ)さん

横笛(篠笛・能管)演奏者。京都市生まれ。国立音楽大学卒業。東京芸術大学邦楽科別科修了。国指定重要無形民俗文化財・江戸里神楽若山社中の囃子方を経て横笛演奏者となる。自ら竹を伐り出し製作した楽器でパフォーマンスをする集団・『東京楽竹団』のメンバーでもある。これまでに、韓国・デンマーク・台湾・ベルリン・オーストリアなど海外での公演にも多く参加している。双子の女児の母。

ホームページ http://www.yaemon.jp/yoko-fue/

入野智江(いりの・ともえ)さん

劇団横浜ボートシアター、バンブーオーケストラ・ジャパンでの活動などを経て、2008年東京楽竹団の設立に参加、現在メンバーとして竹楽器を使った音楽活動を行う。1994年より南インド・ケーララ州をたびたび訪れ、サンスクリット古典劇「クーリヤッタム」の研鑽に励む。日本で唯一の演者として活躍中。南インドの打楽器の演奏も行う。「アビヤナラボ」主宰。  JML音楽研究所、南インド芸能クラス講師。

ホームページ http://abhinayalabo.strikingly.com/

写真左から、植松葉子さん、入野智江さん、鍵本景子さん

小林敏也(こばやし・としや)さん

1947年静岡生まれ。1970年東京芸術大学工芸科卒業。1979年「どんぐりと山猫」をパロル舎から出版、以降画本シリーズとして15作を数えたが、倒産のため好学社に引き継がれ、16作目「ざしき童子のはなし」が刊行された。2003年に第13回宮澤賢治賞を受ける。折にふれ、原画をフィルム化、あるいはデータ化し朗読や弾き語りをしてもらっている。東京小平のどんぐり林の月夜の幻燈会は20回を数えた。青梅に山猫あとりゑを営むが、実のところはその別当である。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。