妖怪+絵本作家 加藤くんと絵本をつくるワークショップ

いつ:
2018年2月25日 @ 2:00 PM – 4:00 PM
2018-02-25T14:00:00+09:00
2018-02-25T16:00:00+09:00
料金:
¥2,000

絵本作家でもあり、妖怪でもある、加藤志異さんと一緒に絵本をつくるワークショップを開催いたします。

『とりかえちゃん』や『クッツケロ』などの人気の絵本の作家・加藤志異さんは分かるけれど、妖怪・加藤志異って何?という方のために、ご説明を--------

 

------させていただけたらどんなに良いかと思うのですが、実のところ、スタッフ(ひ)にも真相は分からなくて。なので、謎のままワークショップにご参加いただき、ぜひ直接加藤志異さんに尋ねてみてください。

という訳で非常に興味深いワークショップ(内容に関しての言及一切なし(笑) 詳細は以下をご覧ください)、お子さまから大人まで、加藤志異さん、絵本専門士の西田伸昌さんとご一緒に楽しみましょう!ふるってご参加ください。

--------------------------------------------------------------

絵本作家 加藤志異さんの絵本作りワークショップ

日時:  2018年2月25日(日) 14:00~16:00

場所:  ブックハウスカフェ 

持ち物:  色鉛筆と筆記用具(持っていない方はお貸しします。)

参加費:  2,000 円 (ワンドリンク付き/絵本、送料も含まれています)

*年齢制限はございません。大人の方の参加も大歓迎!

予約:  要(店頭/E-mail (book@bookhousecafe.jp)/お電話 03-6261-6177)

 ※ご予約の際はイベント名(日時)・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください

 

<ワークショップの内容>

参加者全員で1冊の絵本を制作します。1人4ページ(2枚)づつ担当します。

後日、全員の作品を1冊の絵本にまとめて印刷・製本、後日郵送いたします。

*送料も参加費に含まれております。

 

<流れ>

①    自己紹介タイム

参加者みなさんで短く自己紹介。(5秒で大丈夫!)

②    テーマ発表

その日、全員で作る絵本のタイトルとテーマを加藤先生が発表します。

4ページ分(2見開き)を描いていただきます。

例)タイトル「おとなになったらどうなるの?」

③    発想タイム

どんなストーリー、絵にするか考えます。(30分位)

*加藤先生が相談にのりますので心配ご無用!

④ ラフ作成

内容が決まったら、鉛筆でラフを描きます。(下書きのようなもの)

できあがったら、加藤先生がチェック&アドバイス。

⑤ 本描き

ラフをもとに、色鉛筆をつかって描きます。

⑥ 作品発表

自身の作品を披露

⑦ 読み聞かせ&トークショー

時間があれば、加藤先生の読み聞かせやトークショーをお楽しみいただけます。

⑧ ご自宅に絵本をご郵送

  

 

ワークショップのHPは http://kodomo-event.main.jp/

 

また、加藤志異さんの絵本をご購入の方には、サインと一緒になんと妖怪似顔絵も描いてもらえます!こちらもどうぞお楽しみに♪

 

※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。

みなさまのご参加をお待ちしております!

--------------------------------------------------------------

加藤志異(かとう  しい) プロフィール

1975年岐阜県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。あとさき塾出身。

妖怪になるのが夢の絵本作家。

絵本の作に『とりかえちゃん』(絵:本秀康/文溪堂)、『ぐるぐるぐるぽん』(絵:竹内通雅/文溪堂)、『クッツケロ』(絵:本秀康/学研プラス)、『せかいいちたかい すべりだい』(絵/山崎克己/大日本図書)などがある。 自身のドキュメンタリー映画 「加藤くんからのメッセージ」(監督 綿毛)が全国各地で劇場公開、DVDとして発売される。

有限会社トムズボックス・スタッフ。

 

西田伸昌 (にしだ のぶまさ) プロフィール

絵本専門士・放送作家

ペンネーム「N田N昌」で絵本コラムを執筆。「大人絵本文化」「絵本プレゼント文化」を広めるために活動中。