布川愛子さん原画展『はるのワンピースをつくりに』&『あきのセーターをつくりに』

いつ:
2020年2月4日 – 2020年2月27日 全日
2020-02-04T00:00:00+09:00
2020-02-28T00:00:00+09:00
料金:
無料

布川愛子さん 絵本原画展

『はるのワンピースをつくりに』&『あきのセーターをつくりに』

 

うさぎのさきちゃんが、仕立て屋のミコさんに、春の気分をぎゅっと詰め込んだワンピースを作ってもらう『はるのワンピースをつくりに』、リスのすりちゃんが、小さくなってしまったお気に入りのセーターを秋の気分をいっぱいに詰め込んで編み直してもらう『あきのセーターをつくりに』。

自分だけの大好きな1着を手にするわくわく感にあふれた2冊、どちらも、ブックハウスカフェでも季節を問わずに人気のある絵本です♡

今回はなんと豪華W原画展を開催いたします。

あたたかな絵本の世界をぜひお楽しみください。


+++++++++++

布川愛子さん絵本原画展

『はるのワンピースをつくりに』&『あきのセーターをつくりに』

□日時: 2020年2月4日(火)~2月27日(木)※最終日は17:00まで

場所: ブックハウスカフェギャラリー(左奥)

営業時間: 平日11:0021:00/土日祝11:0019:00(会期中無休)

※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

☆入場無料

ご来場をお待ちしております!

□場所: ブックハウスカフェ
〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

++++++++++++++++

☆著者プロフィール

◆石井睦美(いしい・むつみ)さん 

作家。『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞、『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞など受賞多数。あたたかく懐に入ってくる美しい言葉に定評がある。著書に「すみれちゃん」シリーズ(偕成社)、『ぼくたちは卵のなかにいた』(小学館)などの読みもの、絵本に『ちいさな魔女とくろい森』(岡田千晶・絵/文渓堂)ほか、絵本の翻訳、小説など多数。

©井上佐由紀

◆布川愛子(ふかわ・あいこ)さん 

イラストレーター。東京芸術大学卒業後、広告、雑誌などで活躍。『かわいいものいっぱいの塗り絵ブック』(グラフィック社)は8ヵ国で翻訳刊行され、国内外合わせて20万部を超える。National Gallery Singaporeのオリジナルグッズのイラスト制作や個展など海外の仕事も多い。作品集に『HOLIDAY』(玄光社)、絵本に『ふしぎなふうせん』(中川ひろたか・文/鈴木出版)、『さんびきのくま』(神沢利子・文/フレーベル館)など。

http://www.nice-nice-nice.com

※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。