村中李衣さん ふたつのトークイベント【ふたつめ】「哀しみを得る 看取りの生き方レッスン」

いつ:
2018年11月6日 @ 7:00 PM – 9:00 PM
2018-11-06T19:00:00+09:00
2018-11-06T21:00:00+09:00
料金:
¥1,500

 

児童文学者 村中李衣さん

ふたつのトークイベント

児童文学者 村中李衣さんをお招きして、ご著書をもとにした「ふたつのテーマのトークイベント」を開催いたします。

今までも、そしてこれからもますます大切になるであろうふたつのテーマ。

みなさまの対話の場所にもなることと思います。ぜひふるってご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ひとつめ】

絵本でコミュニケーション

 

児童文学者の村中李衣さんは、絵本の読みあいの実践者でもあります。その実践現場は、小児病棟に始まり、保育現場はもとより児童養護施設や刑務所にまでも及んでいます。その真髄は、相手との対等なコミュニケーション。子どもたちとの実践現場で、絵本と子どもをつなぐ方々といっしょに「絵本でコミュニケーション」を考えあいたいと思います。

参考:『保育をゆたかに 絵本でコミュニケーション』かもがわ出版

□日 時:2018/10/13(土)15:00~17:30(14:30開場)

□講 演:村中李衣さん

□参加費:1,500円

□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
     ※メールでご予約の際は必ず、件名に「10/13 村中李衣さんトークイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□協 力:かもがわ出版

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ふたつめ】

哀しみを得る 看取りの生き方レッスン

 

小さないのちを見つめ続けてきた児童文学作家、村中李衣さん。愛も葛藤もある母への想いのなかで、看病・介護・看取りの日々が始まりました。真剣で、でも、どこかやわらかなユーモアに包まれる心のドキュメンタリー。十分ではなくても、深い看護・介護のあり方を多様な連なりのなかで共有することを願います。

参考:『哀しみを得る 看取りの生き方レッスン』かもがわ出版 

□日 時:2018/11/6(火)19:00~21:00(18:30開場)

□講 演:村中李衣さん

□参加費:1,500円

□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
     ※メールでご予約の際は必ず、件名に「11/6 村中李衣さんトークイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□協 力:かもがわ出版
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村中李衣(むらなか・りえ)さんプロフィール

1958 年山口県生まれ。児童文学作家、ノートルダム清心女子大学教授。

大学院修了後、慶應大学医学部病院管理学教室にて読書療法の研究に着手。小児病棟の子どもたちと絵本を介したコミュニケーションの可能性について考える。その後0 歳から100 歳まで、いろいろな場所でいろいろな人との絵本の読みあいを行いながら、児童文学の創作を続ける。

近年は刑務所での絵本を仲立ちとした教育プログラムづくりや、受刑母とその子どもとのコミュニケーションを支える活動を実施。2017 年、第1 回日本絵本研究賞受賞。

児童文学の創作に、

『おねいちゃん』1989 年、理論社、野間児童文芸賞

『チャーシューの月』2012 年、小峰書店、日本児童文学者協会賞

『かあさんのしっぽっぽ』2014 年、BL出版、全国学校図書館協議会選定図書

『みんがらばー! はしれはまかぜ』2016 年、新日本出版社

『マレットファン 夢のたねまき』2016 年、新日本出版社、など多数。

創作以外の著書に、

『子どもと絵本をよみあう』2002 年、ぶどう社

『こころのほつれ、なおし屋さん。』2004 年、クレヨンハウス

『感じあう伝えあう ワークで学ぶ児童文化』2015 年、金子書房

『哀しみを得る 看取りの生き方レッスン』2017 年、かもがわ出版、 など。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。