[満員御礼]松本猛さん・松本春野さん トークショー「父と娘、ふたつの『Life』が重なる時」

いつ:
2018年6月24日 @ 2:00 PM – 3:30 PM
2018-06-24T14:00:00+09:00
2018-06-24T15:30:00+09:00
料金:
¥1,500
『Lifeライフ』松本春野さん原画展 スペシャル企画
松本猛さん・松本春野さん トークショー
「父と娘、ふたつの『Life』が重なる時」
今年、いわさきちひろ美術館で開催されている「いわさきちひろ生誕100年記念展「LIFE」」と、『Life ライフ』松本春野原画展と――。ふたつの「Life」が重なり、貴重な対談を開催することになりました!
美術・絵本評論家、作家、ちひろ美術館(東京・安曇野)常任顧問の松本猛さんをお迎えして、松本春野さんとの対談を行います。なかなかない貴重な機会です。ふるってご参加ください。
□日時: 2018/6/24(日)14:00~15:30 (13:30開場) ※終了後サイン会
□参加費: 1,500円(当日会場にてお支払いください)
□場所:ブックハウスギャラリー(2階)
□予約: 要(店頭/E-mail: book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「イベント名・日時」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください
□予約開始日: 5/7(月)11時~
□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。
-------------------------------------
☆期間中のその他イベントについては、決まり次第順次お知らせします。

-------------------------------------

-------------------------------------
☆これより下は、原画展情報☆
-------------------------------------

『LIFE ライフ』

作:くすのき しげのり  

絵:松本 春野  

出版社:瑞雲舎  

本体価格:¥1,300+税

ISBN:9784907613051

ある冷たい風の吹く日、一人のおばあさんが町外れにある『Life』という小さなお店にやってきました。『Life』は、お店と言ってもなにかを売っている普通のお店とは違います。

冬の間このお店にたくさんの人が訪れました。そして春になって、すてきな奇跡が起こりました。人は誰かとのかかわりの中で生きているのだ、ということを伝える感動の絵本。

 

この絵本の原画展を開催いたします。松本春野さんの美しい水彩画がブックハウスギャラリーに並びます。

ぜひ、みなさまお立ち寄りください。

 

『Lifeライフ』松本春野さん原画展

絵本の原画展示と、サイン本を販売いたします。お楽しみに。

会期: 6/1(金)~6/30(土)※期間中無休
場所: ブックハウスカフェギャラリー (右奥のお部屋)
営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)
貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。
松本春野さん在廊日:
6/1(金)、6/18(月) それぞれ14時~17時
6/10(日)、6/17(日) それぞれ14時~18時

松本春野(まつもと・はるの)プロフィール

絵本作家・イラストレーター。1984年東京都出身。2006年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。絵本の著書に『Life ライフ』(瑞雲舎)、『おばあさんのしんぶん』(講談社)、『モタさんの“言葉”』(講談社)、3.11後の福島を題材にした絵本『ふくまからき子』『ふくしまからきた子 そつぎょう』(岩崎書店)など。NHK『みんなのうた』の原画や、教科書の表紙絵など、映像、出版、広告といった様々な媒体で活動している。

 

 

 

松本猛(まつもと・たけし) プロフィール
1951
年生まれ。美術・絵本評論家、作家、横浜美術大学客員教授、ちひろ美術館常任顧問。1977年にちひろ美術館・東京、97年に安曇野ちひろ美術館を設立。同館館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館館長を歴任。著書『いわさきちひろ 子どもへの愛に生きて』(講談社)『安曇野ちひろ美術館をつくったわけ』(新日本出版社)、絵本に『白い馬』(講談社)『ふくしまからきた子』(岩崎書店)など。http://www.takeshi-matsumoto.jp/

(撮影:島崎信一)