西日本豪雨大災害を語り継ぐ絵本『ブラザーズドッグBrothers Dog』刊行記念トークイベント

いつ:
2019年7月13日 @ 6:00 PM – 7:00 PM
2019-07-13T18:00:00+09:00
2019-07-13T19:00:00+09:00
料金:
¥500

西日本豪雨大災害を語り継ぐ絵本

『ブラザーズドッグBrothers Dog』

刊行記念トークイベント

+++++++++++++++

≪絵本を形にした「おはなしのWA♪」からの、メッセージ≫

2018年7月6日から7日にかけて、西日本地方では豪雨が降り続きました。

土砂くずれや河川の氾濫が相次ぎ、岡山県倉敷市真備町では沢山の命が奪われる大災害となりました。


自然災害はいつどこで起きてもおかしくありません。この大災害を決して忘れてはならない。そんな思いを形にして子ども達に手渡そうと、岡山に住む元アナウンサー6名による朗読グループ「おはなしのWA♪」は、絵本創りを決めました。

主人公は実際に真備町で被災したペット犬の兄弟です。文章は自分達で書きました。絵は真備町在住でご自身も被災された、画家の氏峯さんにお願いしました。
支援の輪はびっくりするほど日に日に大きく広がり、災害から1年後の2019年7月、とうとう自分達の手で1冊の絵本を完成させることができました。

+++++++++++++++

今回のイベントでは、沢山の思いが集まった絵本制作の背景や、ここに至る日々について語っていただきます。

―みんなの思いが絵本になる。

ひとりではできそうにないことも、思いが集まれば奇跡はおきる。

絵本ができるまでの、みなさんの活動の記録です。

+++++++++++++++

絵本を形にした人:おはなしのWA♪(江草聡美さん)

絵を描いた人:氏峯麻里さん(倉敷市在住・画家)

本をカタチにするお手伝いをした人:井上みほ子さん(瑞雲舎)

この3人が語る “1冊の絵本ができるまで”

大変貴重な機会です。ぜひふるってご参加ください。

+++++++++++++++

 

西日本豪雨大災害を語り継ぐ絵本

『ブラザーズドッグBrothers Dog』刊行記念トークイベント

□日時: 2019/7/13(土) 18:00~19:00(17:45開場)※終了後サイン会あります。

□出演: 「おはなしのWA♪」江草聡美さん(絵本を形にした人)、氏峯麻里さん(倉敷市在住・画家・絵を描いた人)、井上みほ子さん(瑞雲舎・本をカタチにするお手伝いをした人)

□参加費: 500円 ★書籍(1,620 円)つきお得セット 2,000 円(先着順)もあります‼数に限りがございますので、ご予約の際に必ずお申し付けください。

□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「7/13 ブラザーズドッグイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。

□場所: ブックハウスカフェ

〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出演者プロフィール

おはなしのWA ♪ ( おはなしのわ)

元放送局アナウンサー(江草聡美、遠藤寛子、渡辺ありさ、西田多江、阪上彰子、中村恵美)による朗読グループ。

2018年7月の豪雨をきっかけに地元の支援も始め、西日本豪雨災害を後世に伝えなければならないと思い、絵本制作のプロジェクトを立ち上げた。

氏峯 麻里(うじみね・まり)さん

倉敷市真備町出身。倉敷芸術科学大学 芸術学部 美術学科 日本画コース 卒業。

自身も西日本豪雨で自宅が被災し、描きためていた作品は流され画材セット等も失ってしまう。愛鳥と一緒に避難し、その後、仮の住宅に移って活動を再開。初めて絵本の制作に挑戦した。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。