【店舗/オンライン同時開催】絵本よろず相談室

いつ:
2020年10月22日 @ 3:00 PM – 8:15 PM
2020-10-22T15:00:00+09:00
2020-10-22T20:15:00+09:00
料金:
¥3,000

絵本作家を目指す人、お手製の絵本を自分で売ってみたい人、おはなしの種の探し方やダミー(試作本)の作り方、出版社への持ち込みなどなど、絵本制作に関するご質問やお悩みに、絵本の編集者と書店員の2つの視点からお答えする「絵本よろず相談室」。

2020年10月から、店舗とオンライン(ZOOM使用)同時開催することになりました。対面で、また、オンラインで、どちらでもご希望の方にどうぞご参加ください。お待ちしております。

相談役は絵本編集者として活躍中の西山雅子さん。たくさんの絵本の出版に携わったご経験を持ち、様々な企画に携わったり、大学で講義を受け持たれるなど、幅広い知識を持つ編集者さんです。

相談室は基本的にお顔を見ながらの公開相談で、他の参加者のダミーやラフを見たり、回答を聞くのは自由とします。

ぜひ、他の方の絵本制作についての西山さんとのお話も、積極的に聞かれることをオススメします。

*店舗ご参加の方で公開ご希望でない場合、また、オンラインご参加の方でお顔を出さずに音声通話による参加をご希望の場合は、その旨お知らせください。

 

【開催日時】 

10月22日(木)15時~ ご予約順に おひとり30分 (18:00~18:30ころ交流会予定 ※任意参加です)

*ご予約時間以外の途中参加、退席は自由です

・相談役: 西山雅子さん(絵本編集者)

・絵本の案内人: 茅野由紀(ブックハウスカフェ)

・参加費: 3,000円

*キャンセル待ちの方に限り、見学も受け付けます(参加費:1,500円)

★イベントご参加費の払い戻しはいたしません。予めご了承ください。

・予約: 件名を「絵本よろず相談」として、下記の①~⑤を明記の上、

mail:  info@moon-compass.com  (月とコンパス 西山)までお送りください。

追って、お時間などをご連絡いたします。

①お名前

②メール

③お電話番号

④時間(第3希望まで書いてください・先着順)

14:4515:00 簡単に自己紹介・操作の説明(オンラインの方)

1、15:0015:30  

2、15:3516:05 

3、16:1016:40 

4、16:4517:15 

5、17:2017:50 

18:0018:30 希望者のみ交流会

6、18:3519:05 

7、19:10ー19:40 

8、19:4520:15 

⑤相談内容

作品のダミーや企画書について】

☆店舗ご参加の方

・直接お持ちください。

☆オンラインご参加の方

・PDFやJPGなどデータ化して、お手元で画面共有をお願いいたします。

・操作にご不安の方は、こちらで画面共有することも可能です。前日までにメール添付、ファイル便などで  info@moon-compass.com  (月とコンパス 西山)までお送りください。

・データ化が難しければ、ご自身でカメラに向かって読み聞かせしていただくのでもOKです。

ZOOMについて】(オンラインご参加の方)

・インターネットに接続できる環境であれば、無料でビデオ通話ができるサービスです。skypeのような事前のアカウント登録なども不要です。

・初めてZOOMに参加する場合は招待URLをクリックすると、自動的にZOOMアプリのインストールがはじまります。前日までにインストールをお願いいたします。

・スマホでのご利用も可能ですが、動画でのやり取りとなるので、それなりのデータ量が必要です。

・Wi-Fiなど接続環境が安定していることが大切です。

・お子さまや猫の乱入など大歓迎!

++++++++++++++

今後、毎月第3木曜日に定期開催いたします。

++++++++++++++

©Yuki Nishimura

相談役/西山雅子(にしやま・まさこ)

美術雑誌、児童書出版社の編集職を経てフリーランスに。絵本の出版企画、編集、書評、作家インタビュー等で活動。手がけた絵本に『パパのぼり』『パパおふろ』(きくちちき)、『やさい ぺたぺた かくれんぼ』(松田奈那子)、『おかしなハロウィン』(ザ・キャビンカンパニー)、『きりの なかのサーカス』『1945シリーズ』(ブルーノ・ムナーリ作 谷川俊太郎/訳)など。著書に『さがして みつけて なんじゃこりゃ! まつり』(絵/中垣ゆたか ひさかたチャイルド)、編著書に『ひとり出版社という働きかた』(河出書房新社)がある。ブックレーべル「月とコンパス」代表。

©uwabami

絵本案内人/茅野由紀(ちの・ゆき)

ブックハウスカフェ店長。子どもの頃から本の虫で、本の話をし始めると止まらない。この道に入って早15年。絵本や児童書の裾野を広げる楽しいなにかをいつも探している。9歳の女の子と7歳の男の子をもつ「働くママ」でもある。現在、手作り絵本のマルシェなど、楽しいことを計画中。