イベントevent calender

4月
6
即興デュオライブ(1st.stage)舘野鴻さん(テナーサックス)× 佐々木哲太郎さん(ギター)
4月 6 @ 4:20 PM – 5:00 PM

舘野鴻さん絵本原画展
『はっぱのうえに』(福音館書店)

 『はっぱのうえに』

(作・舘野鴻/福音館書店)

ちいさなかがくのとも 2019年4月号

虫たちでにぎわう春の草むら。おや、葉っぱの上にふしぎなものが……。ちいさくて、黄色と黒のまだら模様。アリがふれると、ぴくん! と動く。何だろう? やがて、その先っぽが割れて、丸くて黄色い虫が出てきました。はねがだんだん赤くなり、黒い模様も浮かんできます。葉っぱの上にいたきみは、てんとうむしだったんだ!

(福音館書店WEBより)

++++++++++++++++++

細密画で美しく描かれる作家・舘野鴻さんの新作絵本のテーマはなんと「てんとうむし」!

「ぎふちょう」「つちはんみょう」など、虫博士や玄人向けの虫(舘野さんの言葉を借りれば「辺境に生きる虫」)を描いてこられた舘野さんが、超ド級のメジャーな虫を手がけるのは今回初めて。

そうはいっても、舘野鴻さんのことですから、どうやら、普通のてんとうむしの絵本ではなさそうです。

 

果てしなく美しく崇高な原画が、ブックハウスギャラリーに並ぶさまは圧巻です。見惚れてください!どうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

舘野鴻さん絵本原画展

『はっぱのうえに』(福音館書店)

 

会期: 4/1(月)~4/15(月)期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー 右奥の個室

営業時間:平日 11002300 (土日祝は~1900)※最終日は18時まで

※右奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪原画展開催を記念して、スペシャルイベントを開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・ 

【スペシャルイベント第一部】

『はっぱのうえに』トークショー

舘野鴻さん×石倉知直さん(『はっぱのうえに』編集者)

 

絵本『はっぱのうえに』がどのように作られていったのか。

辺境に生きる虫たちを描くことで有名な舘野鴻さんが、今回どのようにこの1冊を作り上げていったのか。

制作についてを中心に、いろいろなお話を伺います。

また、石倉さんには、児童書専門出版社としてたくさんの歴史を作ってきた福音館書店、そして月刊誌を作られてきた編集者としてのお話も伺います。

誰も責任を取らないスペシャル危険な生トーク。この場だけで聴かれる「公にできないあんな話」も飛び出します(予定、またはスタッフの願望)。

ふるってご参加ください!

 

□日時: 46日(土)140015301345開場)

※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます)

□出演: 舘野鴻さん(作家)・石倉知直さん(福音館書店ちいさなかがくのとも編集部)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 

 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

□参加費: ¥1,500

□予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177

※メールでご予約の際は「件名」に「4/6 舘野さんトーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

【スペシャルイベント第二部】

即興デュオライブ

舘野鴻さん(テナーサックス)× 佐々木哲太郎さん(ギター)

 

作家としての舘野鴻さんの指は、美しい細密画を描くことで知られていますが、また同時にピアノを奏でたりサックスを吹いたりする指でもあります。

「はっぱのうえに」スペシャルイベント第二部は、舘野鴻さんの別の顔をご披露いただこうという贅沢企画。

飲み物を片手に、ジャジーな雰囲気の舘野鴻さんの音楽に酔いしれるひとときを。

ブックハウスカフェ自慢の品ぞろえのお酒類もぜひ。 

 

□日時: 46日(土)

1st.stage 162017001610開場)

2nd.stage 172018001710開場) 

□出演: 舘野鴻さん(サックス奏者)・佐々木哲太郎さん(ギタリスト)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 

 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

□参加費: ¥1,500+ワンドリンクオーダー ※投げ銭大歓迎!!

□予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177

※メールでご予約の際は「件名」に「4/6 (16時or17時)はっぱのうえにライブ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

※終了後は、当店でご購入の舘野鴻さんの著作にサインをしていただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

著者プロフィール

舘野鴻(たての・ひろし)さん

 

1968年、神奈川県横浜市に生まれる。札幌学院大学中退。幼少時より熊田千佳慕氏に師事。1986年北海道へ渡り、昆虫を中心に生物の観察を続けるが、大学在学中に演劇、舞踏、音楽と出会い舞台に上がる。その後、舞台美術等の仕事をしながら音楽活動と昆虫採集を続ける。1996年神奈川県秦野に居を移してからは、生物調査の傍ら本格的に生物画の仕事を始め、図鑑や児童書の生物画、解剖図プレートなどを手がける。絵本に『しでむし』『ぎふちょう』『つちはんみょう』(小学館児童出版文化賞受賞)、『こまゆばち』(澤口たまみ・文)『なつのはやしのいいにおい』、生物画の仕事に『ニューワイド学研の図鑑生き物のくらし』『ジュニア学研の図鑑魚』、『世界の美しき鳥の羽根鳥たちが成し遂げてきた進化が見える』などがある。

 

++++++++++++++++++++++++
ライブ出演者プロフィール

tenor/soprano sax:舘野 鴻(たての・ひろし)さん(写真左)
guitar:佐々木 哲太郎(ささき・てつたろう)さん(写真右)
≪このお二人と、ドラムの蓑宮俊介(みのみや・しゅんすけ)さん(今回のライブでは出演されません)とでトリオを組む表丹沢音楽講のご紹介≫
表丹沢音楽講(おもてたんざわおんがくこう)
理解しにくいオリジナルモードの楽曲を中心に即興演奏を行うジャズ寄りのユニット。通常のジャズ理論では対応しかねる内容のためジャズミュージシャンから敬遠される。セロニアス・モンクの曲も好んでカバーする。
舘野はその昔「渋さ知らズ」に在籍。
ギターの佐々木は英国で音楽を学んだオールラウンドプレイヤー、このバンド唯一の和声楽器パートという重責を嫌々担う。
この3人のバイオリズムがたまたま重なったときだけライブを行うバンドである。
結成以来気分次第のまま今年13周年を迎える。
・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

即興デュオライブ(2nd.stage)舘野鴻さん(テナーサックス)× 佐々木哲太郎さん(ギター)
4月 6 @ 4:20 PM – 5:00 PM

舘野鴻さん絵本原画展
『はっぱのうえに』(福音館書店)

 『はっぱのうえに』

(作・舘野鴻/福音館書店)

ちいさなかがくのとも 2019年4月号

虫たちでにぎわう春の草むら。おや、葉っぱの上にふしぎなものが……。ちいさくて、黄色と黒のまだら模様。アリがふれると、ぴくん! と動く。何だろう? やがて、その先っぽが割れて、丸くて黄色い虫が出てきました。はねがだんだん赤くなり、黒い模様も浮かんできます。葉っぱの上にいたきみは、てんとうむしだったんだ!

(福音館書店WEBより)

++++++++++++++++++

細密画で美しく描かれる作家・舘野鴻さんの新作絵本のテーマはなんと「てんとうむし」!

「ぎふちょう」「つちはんみょう」など、虫博士や玄人向けの虫(舘野さんの言葉を借りれば「辺境に生きる虫」)を描いてこられた舘野さんが、超ド級のメジャーな虫を手がけるのは今回初めて。

そうはいっても、舘野鴻さんのことですから、どうやら、普通のてんとうむしの絵本ではなさそうです。

 

果てしなく美しく崇高な原画が、ブックハウスギャラリーに並ぶさまは圧巻です。見惚れてください!どうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

舘野鴻さん絵本原画展

『はっぱのうえに』(福音館書店)

 

会期: 4/1(月)~4/15(月)期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー 右奥の個室

営業時間:平日 11002300 (土日祝は~1900)※最終日は18時まで

※右奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪原画展開催を記念して、スペシャルイベントを開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・ 

【スペシャルイベント第一部】

『はっぱのうえに』トークショー

舘野鴻さん×石倉知直さん(『はっぱのうえに』編集者)

 

絵本『はっぱのうえに』がどのように作られていったのか。

辺境に生きる虫たちを描くことで有名な舘野鴻さんが、今回どのようにこの1冊を作り上げていったのか。

制作についてを中心に、いろいろなお話を伺います。

また、石倉さんには、児童書専門出版社としてたくさんの歴史を作ってきた福音館書店、そして月刊誌を作られてきた編集者としてのお話も伺います。

誰も責任を取らないスペシャル危険な生トーク。この場だけで聴かれる「公にできないあんな話」も飛び出します(予定、またはスタッフの願望)。

ふるってご参加ください!

 

□日時: 46日(土)140015301345開場)

※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます)

□出演: 舘野鴻さん(作家)・石倉知直さん(福音館書店ちいさなかがくのとも編集部)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 

 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

□参加費: ¥1,500

□予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177

※メールでご予約の際は「件名」に「4/6 舘野さんトーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

【スペシャルイベント第二部】

即興デュオライブ

舘野鴻さん(テナーサックス)× 佐々木哲太郎さん(ギター)

 

作家としての舘野鴻さんの指は、美しい細密画を描くことで知られていますが、また同時にピアノを奏でたりサックスを吹いたりする指でもあります。

「はっぱのうえに」スペシャルイベント第二部は、舘野鴻さんの別の顔をご披露いただこうという贅沢企画。

飲み物を片手に、ジャジーな雰囲気の舘野鴻さんの音楽に酔いしれるひとときを。

ブックハウスカフェ自慢の品ぞろえのお酒類もぜひ。 

 

□日時: 46日(土)

1st.stage 162017001610開場)

2nd.stage 172018001710開場) 

□出演: 舘野鴻さん(サックス奏者)・佐々木哲太郎さん(ギタリスト)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 

 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

□参加費: ¥1,500+ワンドリンクオーダー ※投げ銭大歓迎!!

□予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177

※メールでご予約の際は「件名」に「4/6 (16時or17時)はっぱのうえにライブ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

※終了後は、当店でご購入の舘野鴻さんの著作にサインをしていただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

著者プロフィール

舘野鴻(たての・ひろし)さん

 

1968年、神奈川県横浜市に生まれる。札幌学院大学中退。幼少時より熊田千佳慕氏に師事。1986年北海道へ渡り、昆虫を中心に生物の観察を続けるが、大学在学中に演劇、舞踏、音楽と出会い舞台に上がる。その後、舞台美術等の仕事をしながら音楽活動と昆虫採集を続ける。1996年神奈川県秦野に居を移してからは、生物調査の傍ら本格的に生物画の仕事を始め、図鑑や児童書の生物画、解剖図プレートなどを手がける。絵本に『しでむし』『ぎふちょう』『つちはんみょう』(小学館児童出版文化賞受賞)、『こまゆばち』(澤口たまみ・文)『なつのはやしのいいにおい』、生物画の仕事に『ニューワイド学研の図鑑生き物のくらし』『ジュニア学研の図鑑魚』、『世界の美しき鳥の羽根鳥たちが成し遂げてきた進化が見える』などがある。

 

++++++++++++++++++++++++
ライブ出演者プロフィール

tenor/soprano sax:舘野 鴻(たての・ひろし)さん(写真左)
guitar:佐々木 哲太郎(ささき・てつたろう)さん(写真右)
≪このお二人と、ドラムの蓑宮俊介(みのみや・しゅんすけ)さん(今回のライブでは出演されません)とでトリオを組む表丹沢音楽講のご紹介≫
表丹沢音楽講(おもてたんざわおんがくこう)
理解しにくいオリジナルモードの楽曲を中心に即興演奏を行うジャズ寄りのユニット。通常のジャズ理論では対応しかねる内容のためジャズミュージシャンから敬遠される。セロニアス・モンクの曲も好んでカバーする。
舘野はその昔「渋さ知らズ」に在籍。
ギターの佐々木は英国で音楽を学んだオールラウンドプレイヤー、このバンド唯一の和声楽器パートという重責を嫌々担う。
この3人のバイオリズムがたまたま重なったときだけライブを行うバンドである。
結成以来気分次第のまま今年13周年を迎える。
・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
7
フジイカクホさん ☆ミニチュア作りワークショップ☆
4月 7 @ 2:00 PM – 5:00 PM

毎月月替わりの原画販売コーナー「ミニマンスリーギャラリー」なんと、4月は粘土作家のフジイカクホさんが満を持して登場です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジイカクホさん@ミニマンスリーギャラリー

今注目の粘土作家・フジイカクホさんが、ミニマンスリーギャラリーにいよいよご登場!

粘土作家、立体イラストレーターとして活躍中のフジイカクホさん。

インスタなどで大評判の5㎜シリーズの販売、昔話シリーズ、グッズ、サイン本などを販売いたします。

お楽しみに。


ぜひご購入いただいて、ご自分だけの宝物にしてください!
とても貴重な機会です。お見逃しなく。


□会期: 4/1(月)~4/30(火・祝)※期間中無休
□場所: ブックハウスカフェ
□営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)

 

☆フジイカクホさんの作品ご紹介☆

(期間中販売されるものもあります!)

↑↑5㎜シリーズ

展示の時に、虫眼鏡をご用意しております!

↑↑5㎜シリーズ

小さな可愛いねこがいます!!

↑↑昔話(かえるの王子様)の立体作品。

ぜひぜひ、実物をご覧ください。

↑↑昔話(白雪姫)の立体作品。

プレゼントにもオススメです!

フジイさんの絵本

『えさがしずかん なないろマカロンと探そう!』(教育画劇)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジイカクホさんが

ブックハウスカフェにいらっしゃいます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジイカクホさん
☆ミニチュア作りワークショップ☆
小さなものたち、細かな部分までを手づくりで一つ一つ丁寧に、とても素敵に仕上げられるフジイさん。
どうやって作っているのか、興味津々です!みなさんも、見てみたくありませんか?
そんなフジイさんのアトリエを、一日、ブックハウスカフェで再現します!!
普段は滅多に見られない制作現場を、惜しげなく(?)赤裸々に(?)見せてくださるワークショップ。
お店の一角がアトリエになります。時間中、いつでもお好きなタイミングでフジイカクホさんに会いにいらしてください。
□日時: 4月 7日 (日) 14:00~17:00 ※途中休憩時間を含みます。
□無料・ご予約不要
□詳細: フジイカクホさんが上記時間を使って、実際にミニチュア作りをします。もしかして、その時の作品も販売棚に並ぶかもしれません!どうやってあの小ささの作品を、精巧に作られているのか、その秘訣が明らかに!ぜひ、お見逃しなく。

※イベントは予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジイ カクホさんプロフィール / Kakuho  Fujii

粘土作家 立体イラストレーター / Clay Artist , Illustrator​​​

 

1984年千葉県生まれ 東京都在住

2009年 東京工芸大学大学院修了

【賞歴】

第1回ノート展キャラクター部門 準大賞

第2回ノート展キャラクター部門 準大賞

第1回東京装画賞 入選

ユニセフ「子どもにやさしい空間」ガイドブック表紙コンペ 最優秀賞

【著作】

絵本「えさがしずかん なないろマカロンと探そう!」(教育画劇)

紙芝居「2・3歳から楽しめる日本むかしばなし はじめてのももたろう」(教育画劇)

紙芝居「かえるのやだもんやだもん だだっこだあれ?」(教育画劇)

【出演】

NHK Eテレ「ノージーのひらめき工房」

日本テレビ「nextクリエイターズ」

【展示】

個展3回

グループ展、展示イベントへの参加多数

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
12
アリスン・マギーさんご来店★ ミニ朗読&サイン会のご案内
4月 12 @ 5:00 PM – 5:30 PM

『ちいさなあなたへ』『きみがいま』『たくさんのドア』(主婦の友社)など、絵本をたくさん書かれているアリスン・マギーさん。

『ちいさなあなたへ』はなんと日本では10年で60万部を超えるベストセラーになっています。この本がたくさんの方に支持されている理由は様々でしょうが、アリスン・マギーさんのインタビューを読むと、その理由がまた一つ、分かるような気がします。 

↓絵本ナビさんでの2018年のインタビュー記事です。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=414&pg=1

 

いかがでしょうか? 

これを読んだスタッフ(ひ)は、「あら?PC画面いっぱいに靄がかかったようで、文字が読めない・・」と思ったら、自分の目から涙があふれているだけでした。

「国が違ってもわたしたちみんな似たもの同士ということなのだと思いませんか?」という彼女の言葉には深く頷きました。子どもを産み育てるということ、慈しみ見守るということは、きっと言葉や国境を超えてきっと共通し分かり合えることなのではないかと思います。

アリスン・マギーさんの本の魅力は、彼女自身の人としての魅力も少なからず影響しているのだと思わずにいられない、とてもよいインタビュー記事でした。

 

さて、そんなアリスン・マギーさんが、なんと初来日されるという大・大ニュースが届きました!!

 

『ちいさなあなたへ』などの本の出版社・主婦の友社さんのサイトから、アリスン・マギーさんの来日記念のイベント(413日)詳細をご覧いただけますので、ぜひのぞいてみてください。

http://shufunotomo.hondana.jp/news/n29054.html

★来日記念イベントへのお問い合わせは、主婦の友社さんサイトから、お願いします!!

楽しみなイベントですね♪

 ++++++++++++++++++++++++++

さて。そして。かなり本題です。

アリスン・マギーさんが来日の期間中に、なんとなんとなんと、

ブックハウスカフェにも、お立ち寄りいただけることとなりました。

とても嬉しいことです!

 

当店にご来店の日時は、上記の来日記念イベント前日4月12日の、17時ころを予定しております。

アリスン・マギーさん、どんな方なのでしょうか?きっととてつもない魅力的な方なんだろうなあ・・・。

もしご来店いただけましたら、ご著書にサインを入れていただく予定です!

サイン本ができましたら、当店のWEBやツイッター・Instagramなどでご報告いたしますので、お楽しみに!

※当日のスケジュール等により変更の可能性もございます。予めご了承下さい。

 ++++++++++++++++++++++++++ 

≪スペシャルニュース!≫

アリスン・マギーさんのブックハウスカフェご滞在中(4121700~)に、「ミニ朗読&サイン会」を開催いたします。

※こちらのイベントはアリスン・マギーさんの当日のご予定により、時間が変更になる可能性がございますので、予めご了承下さいませ。

※ご予約の方には、当日の詳細はメールに返信する形でお知らせいたします。必ず当店からのメールを受け取れる設定にお願いいたします。

-----------------------------------------------------

アリスン・マギーさん

ミニ朗読&サイン会

□日時: 2019年4月12日(金)17:00〜約30分

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
予約優先: 店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177のいずれかで、お申込みください。

※メールでご予約の際は「件名」に「アリスン・マギーさん」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

□当日参加あり(ご予約の方を優先とさせていただきます)

□参加費無料(サイン本は当日当店でご購入いただいた本とさせていただきます)

+++++++++++++++

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

絵本屋さんで夜のボードゲーム大会
4月 12 @ 7:00 PM – 10:30 PM

すごろくや×ブックハウスカフェ

絵本屋さんで夜のボードゲーム大会

 

当店近くのボードゲーム専門店すごろくや神保町店とのコラボイベントを開催します!

童話モチーフのゲーム、ねことねずみのすごろく、かわいらしいペンギンのカードゲームなど、

いろいろなゲームを金曜夜に遊びませんか?

はじめての方も大歓迎!

テーブルごとに分かれて遊びますが、どのテーブルも同じボードゲームを遊ぶ形式です。

今回ご用意するのは、ボードゲームをまったく遊んだことがない方でもわかりやすいものばかりです。

スタッフがていねいに遊び方をご説明しますので、はじめての方もぜひご参加ください!

 

当日の体験予定のゲームなどの詳細はこちらをご覧ください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イベント:絵本屋さんで夜のボードゲーム会

日時:2019年4月12日(金) 19:00〜22:30(開場:18:30 )

対象:18歳以上定員:30名

参加費: ¥3,000 (お食事・飲み物代込み)

申し込み方法店頭・メール・お電話にて

TEL: 03-6261-6177

E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp

※メールでご予約の際は「件名」に「4/12 ボードゲーム大会」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

会場ブックハウスカフェ
東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F(神保町駅A1出口を右にすぐ!地図はこちら

主催:株式会社すごろくや

4月
14
おはなかしかこう 4月のカコポン!
4月 14 @ 10:00 AM – 11:00 AM

 

2019年4月14日

おはなしかこう 

おはなしを書くことをたのしむ、おはなしワークショップを開催します。

字が書けて、おはなしをつくりたい方ならどなたでも!

じっくりとりくんで、これだ!と思うものが書けたら

絵も描いて、絵本をつくります。

ブックハウスカフェは、絵本屋さん。

完成した絵本はお店の棚に置いてもらって、

絵本のすきな方たちに読んでもらえるかも!?

たのしみ!

 

 

*基本的に毎月第2日曜日におこないます

*つづけて参加して・・・おうちで書いても・・・

と、じっくり書いていきます。書いたものを持ってきていただいても大丈夫です。

*個人のペースに合わせて、イベントを進めていきます。

*おはなしができたら、絵本にしあげます。

*「おはなしたんていじむしょ」を開設します。こまったら、いっしょに解決!(これまでの解決率100%!)

*プロになる講座ではありませんので、おはなしを書いてみたい方はお気軽にご参加ください。

 

ファシリテーター/おおたにみねこ

「おはなしかこう ぶんぶんの時間」(2011年~。www.bunbunnojikan.com)主宰。『でんしゃがおうち レイルちゃん』(理論社)、『ねぐせうらない』(岩崎書店)、『方言どこどこ?』(福音館書店)など。「おてがみタイムズ」社主。

 

-------------------------------------------------------------

 

【日時】2019414日(日)1011時(開場 945

開店前の絵本屋さんで行いますので、開場時間の頃にお越しください。

 

【対象】ひとりで参加できる方(お付き添いはご遠慮いただいております)

 

【参加費】こども(小学生以下)800円 / おとな1000

 

【定員】10

 

【場所】神保町ブックハウスカフェ

東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1

神保町駅A1出口を出て、右にすぐ!アクセスはこちら

 

【申込】店頭・電話・メールにて

TEL : 03-6261-6177

メール : yoyaku@bookhousecafe.jp

※メールでのご予約の際は、件名に「4/14 おはなしカコポン」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・参加人数(大人・子ども(学年))」をお知らせください。

4月
16
赤ちゃん絵本の おはなし会 &育児相談会
4月 16 @ 11:45 AM – 1:30 PM

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

赤ちゃん絵本のおはなし会&育児相談会

【赤ちゃん絵本のおはなし会】

あかちゃんえほん うたえほん ママにも絵本♪

□日時: 2019/4/16(火) 11:40~12:00(11:30開場)

□無料・予約不要

+++++++++++++++++++

【育児相談会】

おはなし会の後は、乳幼児教育の専門家による有料育児相談会を予定しています。
育児のこと、心配や不安なこと、絵本のこと、お悩みなど、お気軽にご相談くださいね。

□日 時: 2019/4/16(火) 

 ①12:10~12:25 
 ②12:30~12:45
 ③13:00~13:15
 ④13:20~13:35(各15分)

□参加費: 500円+Cafe代

□予 約: 要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「4/16 育児相談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。

※ 空きがある場合は当日お申し込みも可能です。

+++++++++++++++++++

□場所: ブックハウスカフェ

〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
17
神保町けん玉サークル(15分セミナー付き)
4月 17 @ 7:00 PM – 9:00 PM

神保町けん玉サークル

 

15分間のセミナー付きのけん玉サークルを開催します!

15名様限定ですので、お早めにお申し込みください。

 

【こんな方におすすめ】

・簡単な趣味が欲しい方

・簡単な資格が欲しい方(級位認定会実施)

・健康増進したい方

・集中力を向上したい方

・職場で活用したい方

・けん玉を楽しみたい方

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【日時】

4月17日(水)19:00~21:00 ※途中参加退出可能です。

 

【参加費】

¥1,000+1ドリンク制

 

【持ち物】

特になし。貸出用のけん玉もご用意しています。

 

【申し込み・問い合わせ】

ご参加ご希望の方は、事前にお申込みください。

予約:jun.hananoi@axa.co.jp

TEL:080-4906-0712

 

【講師】

公益社団法人 日本けん玉協会 認定指導員

アクサ生命保険株式会社 首都圏第六FA支社

マネージャー 花野井 潤

フィナンシャルプランアドバイザー 塩野入 知子

 

【会場】

ブックハウスカフェ

アクセスはこちら

 

4月
19
うーちゃんの文学講座「鵜会」
4月 19 @ 7:00 PM – 8:30 PM

うーちゃんの文学講座「鵜会」

四半世紀にわたり書評面にかかわってきた読売新聞東京本社編集委員、鵜飼哲夫さんの読書講座を4月から随時開催します。


第1回のテーマは「大人の絵本」です。

1845年にハインリッヒ・ホフマンが発表したドイツの絵本「もじゃもじゃペーター」や、今江祥智の関西弁による翻訳が卓抜な「ぼちぼちいこか」、湯本香樹実さんの文章と酒井駒子さんの絵のハーモニーが美しくも哀しい「くまとやまねこ」、地球の生命の歴史を鮮やかな色と絵で見せるバートンの「せいめいのれきし」・・。
大人が読んでもためになる、ためにはならないけれどとのかく大人が読んでも面白い、これはというお薦めの絵本を紹介します。
ヨシタケシンスケさん、角田光代さんをはじめ、長年、多くの作家らにインタビューしてきた鵜飼さんの取材こぼれ話も披露、現代作家に影響を与えた絵本、子供むけの本が育む読書の力などについても語ります。


☆ 聞き手 前田一聖(小学館)


著者略歴
 うかい・てつお 1959年名古屋市生まれ。中央大学法学部卒。1983年読売新聞東京本社入社。91年から文化部。文芸と書評面を長年担当し、現在は編集委員。著書に「芥川賞の謎を解く 全選評完全読破」(文春新書)、「三つの空白 太宰治の誕生」(白水社)。現在、夕刊で、解剖学者・養老孟司、漫画家ヤマザキマリ、作家・村田沙耶香さんらにインタビューする企画「ああ言えばこう聞く」を連載中(毎月第2、第4火曜日掲載)


☆ 協力 神保町 しゃれこうべ
☆ 後援 テレコムスタッフ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:4月19日(金)午後7時〜8時半

会費:1000円
(終了後、簡単な懇親会あり。別途1500円)

予約:店頭・お電話・メールにて

TEL 03-6261-6177
E-mail yoyaku@bookhousecafe.jp
※メールでご予約の際は必ず、件名に「4月19日 鵜会の予約」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数・懇親会参加の有無」をお知らせください

会場:ブックハウスカフェ 2階 ひふみ座
〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F 
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から右に徒歩30秒!アクセスはこちら

4月
20
満員御礼☆『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200』刊行記念鼎談 「赤ちゃん絵本の面白さとむずかしさ」
4月 20 @ 4:00 PM – 6:00 PM

 

『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200』刊行記念鼎談

赤ちゃん絵本の面白さとむずかしさ

出演

土井章史

磯崎園子(絵本ナビ編集長)

茅野由紀(ブックハウスカフェ店長)

 

 本当にウケている「赤ちゃん絵本」ってなんだろう? どうしてその本は赤ちゃんにウケるんだろう? そんな疑問をリアルに赤ちゃんと接している父母と保育園の先生に聞いてみました。その声を集め、一冊にまとめたブックガイドが玄光社さんから刊行されます。

4月30日発売の『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200』、この本の刊行を記念して、監修の絵本ナビ編集長/磯崎園子さんと、フリー絵本編集者/土井章史さんのトークイベントを行います。ブックハウスカフェの茅野由紀も“売る立場と視点”で参戦。当日は本の先行発売もいたします。

トークでは「赤ちゃん絵本ってなんだろう?」をテーマに、育児にかかわる3名の視点を披露します。また、本書の中で選ばれた「絵本」で気になったものをピックアップして掘り下げます。

トーク後は、参加者による懇親会も考えています。みなさんふるってご参加ください。

+++++++++++

『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200』刊行記念鼎談

赤ちゃん絵本の面白さとむずかしさ

□日時: 420日(土)16:00〜18:00(15:30開場)

※終了後サイン会

□内容: 第1部 「赤ちゃん絵本ってなんだろう」

     第2部 「『赤ちゃん絵本200』から気になる本をピックアップ」

※内容は変更の可能性があります。ご了承ください。

□出演: 土井章史さん(編集者)、磯崎園子さん(絵本ナビ編集長)、茅野由紀(ブックハウスカフェ店長)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

□参加費: 本付きセット 3,000円(先行発売「赤ちゃん絵本200」(税込1,944円)がセットになったお得価格です)

☆トークショーの後、懇親会も開催します。懇親会参加の方はプラス1,000円(計4,000円)となります。申し込みの際、必ず「懇親会参加希望」とお伝えください。

予約:満席のため受付は終了いたしました
要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「4/20 赤ちゃん絵本イベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。(このイベントは大人向けです)

□定員:50名。お早目にご予約ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

登壇者プロフィール

磯崎園子(いそざき・そのこ)さん(絵本ナビ編集長)

絵本の情報サイト「絵本ナビ」編集長として、おすすめ絵本の紹介、絵本ナビコンテンツページの企画制作、絵本作家さんへのインタビューなどを行っている。大手書店の絵本担当という前職の経験と、自身の子育て経験を活かし、絵本ナビのサイト内だけではなく新聞・雑誌・テレビ・インターネット等の各種メディアで「絵本」「子育て」をキーワードとした情報を発信。著書に『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)がある。

土井章史(どい・あきふみ)さん(フリー絵本編集者)

1957年生まれ。現在までに約300冊の絵本の編集企画に携わる。絵本作家の育成を目的としたワークショップ「あとさき塾」を小野明さんとともに主宰。絵本作家の新人発掘に力を入れている。ナンセンス絵本をこよなく愛する編集者。 

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
21
SPレコードで聴く「宮沢賢治と音楽」第3回 ~宮沢賢治、追想に基づくクラシック Samadhiサマディ~
4月 21 @ 3:00 PM – 5:00 PM

 

SPレコードで聴く 『宮沢賢治と音楽』 第3回

宮沢賢治と音楽。クラシック音楽だけでなく、当時の流行の音楽すべてに精通していたモダンボーイだったという宮沢賢治とその作品を、音楽の観点から紐解き、彼の(人間としての)多様性にまで迫ってみようというイベントです。

出演、ファシリテーターは、おなじみ、宮城県仙台市で活動されているささきたかおさん。
宮沢賢治を調べその魅力に惹き込まれ、深みにはまっていったという ささきさんがリリースした「ジャズ 夏のはなしです~宮沢賢治が出会った洋楽はやり歌 ジャズ~」他第3弾まで、ブックハウスカフェでも好評販売中です。

こちらに続き今年4月に第4弾「宮沢賢治、追想に基づくクラシック Samadhi サマディ」がリリースされます。
これを記念して、ブックハウスカフェにささきさんをお迎えして「宮沢賢治と音楽」イベント第3回目を開催いたします。

ささきさん所持の蓄音機でSPレコードを聴けることは――これはおそらく、賢治が聴いた音楽と同じ聴き方――大変貴重な機会です。
蓄音機から流れ出る音楽に耳をあずけ酔いながら賢治の作品に思いを馳せる、そんな春の宵をご一緒に楽しんでみませんか。


-----------------------------------------------------

イベントの内容

1、SPレコードの復刻録音で聴くCD第4弾

 「宮沢賢治、追想に基づくクラシック Samadhi サマディ」

  ~SP盤による試聴とお話し~

 ①ベートーヴェンの幻想 (ベートーヴェン) ・・・・・『銀河鉄道の夜』初期形 原稿メモ から

 ②前奏曲 「牧神の午後」 (ドビュッシー)    ・・・・・宮沢賢治遺品レコードと同じ品番

 ③交響曲第3番 第3楽章 (ブラームス)    ・・・・・宮沢清六談による

 ④「火の鳥」組曲 (ストラヴィンスキー)     ・・・・・「玉置邁に贈呈」と同じ品番 

2、賢治と東京(神田) - 東京日和

宮沢賢治の作品にこんな詩があります。

「神田の夜 」(1928年6月19日)  

   ・・・シャッツはみんな袖のせまいのだけなんだよう

     日活館で田中がタクトをふってゐる

 詩の最後に出て来る日活館は、当時の神田にあった映画館で、専属の日活管弦楽団の指揮者としてタクトをふっていたのが田中豊明でした。

 賢治は1928年の6月に九度目の上京。丸善に行ったり浮世絵を見たり、明治座や歌舞伎座で演劇を観賞しました。さらに神田にも足を運んだことがこの詩からわかります。

 ジャズという言葉が日本で一般的になったのはこの詩が詠まれた1928年と云われていますが、翌1929年には二村定一が歌うジャズソング「神田小唄」がヒット、日本で初めての学生ソングといわれています。

このように、「神田の夜」と「神田小唄」から当時の神田の情景を垣間見ることができます。

 また、遡ること1916年(大正5年)7月31日、賢治二度目の東京行きは、神田神楽坂にあった東京独逸学院での夏期講習会に参加するたためでしたが、短歌の同人誌『アザリア』の仲間だった保坂嘉内宛の手紙(8月17日付)でこんな歌を詠んでいます。

    するが台 雨に銹びたるブロンズの 円屋根に立つ 朝のよろこび

    霧雨の ニコライ堂の屋根ばかり なつかしきものは またとあらざり

ニコライ堂はJR御茶ノ水駅の近く、神田駿河台に今も残っています。当時は東京を代表する建築物としてラウンドマーク的存在で、高台からは東京の様子が一望できました。毎日響く鐘の音にひかれる人も多かったようです。「神田小唄」の最後には賢治も好きだったそのニコライ堂(関東大震災後再建された)の鐘の音を聴くことができます。 

※事情により曲目を変更する場合があります

-----------------------------------------------------

宮沢賢治と音楽
SPレコード音源で聴く「賢治が出合った音楽」

□日時: 2019年4月21日(日))15:00〜17:00(14:45開場)

□ファシリテーター: ささきたかおさん(音楽プロデューサー)

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥2,000(ワンドリンク+ごく簡単なおつまみつき)
予約: 要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「4/21 宮沢賢治と音楽イベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

□対象: 大人

+++++++++++++++

ささき たかお (本名 佐々木孝夫)さんプロフィール

音楽プロデューサー。

音楽レーベル「Paradise Valley Private Records」主宰。米国のルーツミュージックをテーマにしたアルバムを6枚リリース。
SP盤音源によるアメリカの貴重なルーツミュージックを集めた「いづみや宝物館・蔵出し」シリーズ 全10枚を制作・順次発売中。
同レーベルから2017年8月「ジャズ 夏のはなしです~宮沢賢治が出会った洋楽はやり歌 ジャズ~」、2018年3月「心象スケッチ 春と修羅 ~宮沢賢治が聴いたクラシック~」をリリース。

 

 

Destupargo 又はJAZZ ME BLUES  
981-0905 宮城県仙台市青葉区小松島4-20-12 jmb@kih.biglobe.ne.jp
https://Destupargo.Hatenablog.com

CDのお問い合わせは Destupargo デストゥパーゴ 022‐398‐6088

☆ブックハウスカフェでは、ささきたかおさんプロデュースのCD(全タイトル)好評販売中です☆

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
24
【満員御礼】ミロコマチコさん(絵本作家)×松田素子さん(編集者) トークイベント
4月 24 @ 6:30 PM – 8:00 PM

かの今江祥智氏から「白眉である」と称され、多くの画家の絵筆を動かし、

子どもから大人まで、賢治作品との新たな出会いを創り出す、

話題の「宮沢賢治絵本シリーズ」(ミキハウス)。

そんなシリーズの記念すべき30タイトル目は、

現在多方面で活躍中のミロコマチコ氏による『鹿踊りのはじまり』

賢治作品との初コラボで見せた、風や光までをも描き切るその絵筆をご覧ください。

 

「白い炎のように輝くすすきの原で、嘉十は自分の耳を疑った。

それは、聞こえるはずのない鹿のことばが聞こえてきたからだ!」

 

岩手に伝わる伝統舞踊「鹿踊り(ししおどり)」を愛した賢治が、

特別の思いを込めて描いた傑作。

自然と人との交信が、東北の言葉とともにユーモラスに神々しく語られる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『鹿踊りのはじまり』刊行を記念して、原画展(全点展示)と、スペシャルイベントを開催します。お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇ミロコマチコさん絵本原画展

『鹿踊りのはじまり』(ミキハウス)

会期: 4/10(水)~4/30(火)※期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー (左奥の個室)

営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※初日は12時から、最終日は12時まで

※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪期間中のスペシャルイベント♪

ミロコマチコさん×松田素子さん(編集者)対談

・・・・・・・・・・・・・・・・

★原画展開催記念★

ミロコマチコさん(絵本作家)×松田素子さん(編集者)

トークイベント

ミロコマチコさんとこの本の編集を手掛けられた松田素子さんお二人に、対談形式で様々なお話を伺うトークイベントです。『鹿踊りのはじまり』について、絵本製作について、裏話など、多様で貴重な「ここだけのお話」のトーク。どうぞお楽しみに。

 

++++++++++++++++

満席のため、受付を終了しました。

 

ミロコマチコさん(絵本作家)×松田素子さん(編集者)

トークイベント

 

□日時: 4月24日(水)1830〜(18:15開場)終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました登壇者の著作に限らせていただきます。)

□出演: ミロコマチコさん(絵本作家)、松田素子さん(編集者)

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥1,500
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「4/24 ミロコマチコさんトーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ミロコマチコさんプロフィール


1981年、大阪府生まれ。画家・絵本作家。

その圧倒的で伸びやかな画風が注目を集め、国内外で個展を開催。

2012年の絵本デビュー作『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で第18回日本絵本賞大賞を受賞。『てつぞうはね』(ブロンズ新社)で第45回講談社出版文化賞絵本賞を受賞。『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房)で第63回小学館児童出版文化賞を受賞。

2015年に、絵本『オレときいろ』(WAVE出版)で、ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)金のりんご賞を、2017年に、絵本『けもののにおいがしてきたぞ』(岩崎書店)で、同賞の金牌を受賞。

そのほかの絵本に『つちたち』(学研プラス)、『まっくらやみのまっくろ』(小学館)など。

絵本以外の著書に画文集『ホロホロチョウのよる』(港の人)、画集『けだらけ』(筑摩書房)、『ねこまみれ帳』(ブロンズ新社)などがある。

松田素子(まつだ・もとこ)さんプロフィール

1955年、山口県生まれ。編集者、作家。

児童図書出版の偕成社にて雑誌「月刊MOE」の創刊メンバーとなり、同誌の編集長を務めた後1989年に退社。その後はフリーランスとして絵本を中心に活動。これまでに約300冊以上の本の誕生にかかわってきた。

各地でのワークショップを通して、新人作家の育成にもつとめており、長谷川義史、はたこうしろう、ひがしちから、なかやみわなど、多くの絵本作家の誕生にも編集者として立ち会い、詩人まど・みちおの画集なども手掛けた。

また自然やサイエンスの分野においても、企画編集、および執筆者として活動している。近年、編者として刊行した長新太、五味太郎、佐野洋子、林明子ほか18名の表現者たちの対談集『絵本のこと話そうか』(アノニマ・スタジオ)が、話題を呼んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
26
内田麟太郎さん×西村繁男さんスペシャルトークイベント☆『とろ とっと』が生まれるまで
4月 26 @ 6:30 PM – 8:00 PM

西村繁男さん絵本原画展
『とろ とっと』(くもん出版)

 『とろ とっと』(文・内田麟太郎/絵・西村繁男/くもん出版)

とろ とっと とろ とっと・・・

不思議な音で走る トロッコ電車。

さあ、みんな、乗ってみて。どなたもどうぞの電車です。

どなたもどうぞ・・・だから、あらららら?

あんな人もこんな人もそんな人も(人でもない?)いろんな乗客がやって来ますよ。

ページの隅から隅まで絵が楽しみであり、さすがの西村繁男さん。

言葉遊びの楽しみであり、さすがの内田麟太郎さん。

幼稚園や保育園の読み聞かせでも大人気☆

ご家庭でじっくり楽しんでいただきたい、一家に一台、必携の1冊です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『がたごとがたごと』『ようちえんがばけますよ』など、子どもたちに大人気の絵本を、いくつも生み出している内田麟太郎さんと西村繁男さんの鉄板コンビによる最新刊『とろ とっと』の原画展を開催します。 

西村繁男さんの温かくて独特な、とにかく素敵な原画を、どうぞお楽しみに! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

西村繁男さん絵本原画展

『とろ とっと』(くもん出版)

 

会期: 4/16(火)~4/29(月・祝)期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー 右奥の個室

営業時間:平日 11002300 (土日祝は~1900

※右奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪原画展開催を記念して、スペシャルイベントを開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・ 

☆スペシャルトークイベント☆

『とろ とっと』が生まれるまで

内田麟太郎さん × 西村繁男さん 

超ウルトラ贅をつくした夢の対談!

 

絵本『とろ とっと』の制作について、また、受賞歴なども華々しいお二人の作家人生について、そしてその中でのお互いの存在についてなど、いろいろなお話を伺います。

お二人がそろっての講演会はとても貴重な機会です。どうぞふるってご参加ください。

 

□日時: 426日(金)183020001815開場)

※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます)

□出演: 内田麟太郎さん・西村繁男さん

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費:  1,500円
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「4/26 とろとっとイベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

著者プロフィール

内田麟太郎(うちだ・りんたろう)さん

1941年福岡県生まれ。詩集に『たぬきのたまご』『まぜごはん』(いずれも銀の鈴社)、絵本に『うそつきのつき』〈小学館児童出版文化賞〉(文溪堂)「おれたち、ともだち!」シリーズ(偕成社)など多数。西村繁男との共著絵本に『がたごと がたごと』〈日本絵本賞〉『おばけでんしゃ』『むしむしでんしゃ』(いずれも童心社)『タコのたこきちくん』(小学館)「おでんさむらい」シリーズ『ようちえんがばけますよ』(いずれもくもん出版)など多数。

西村繁男(にしむら・しげおさん

1947年高知県生まれ。セツ・モードセミナー卒業。絵本に『絵で見る 日本の歴史』〈絵本にっぽん大賞〉『絵で読む 広島の原爆』〈産経児童出版文化賞〉『やこうれっしゃ』『おふろやさん』『ことばさがし絵本 あからん』(いずれも福音館書店)『にちよういち』〈児童福祉文化賞〉『なきむしようちえん』(いずれも童心社)『じごくのラーメンや』〈けんぶち絵本の里大賞びばからす賞〉(教育画劇)など多数。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
27
おはなしフェアリーズのおはなし会
4月 27 @ 11:30 AM – 12:15 PM
☆おはなしフェアリーズのおはなし会☆

【おはなしフェアリーズとは】
若手の声優を中心とした朗読研究会有志が、声優・小原乃梨子さんの指導の下、全国各地でよみきかせのボランティアをしています。
絵本を通して、子供も大人も楽しめる大切な時間を共有したいと願って活動しています。

3~6歳くらいのお子さんはもちろん、赤ちゃん、小学生、そして大人の方もご一緒に、
楽しいひとときを。

 

とっても楽しいおはなし会、お気軽にご参加ください。お待ちしております。

□日時: 4月27日(土)11:30〜(11:15開場)
□出演: おはなしフェアリーズ
□場所: ブックハウスカフェ
 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: 無料 ※カフェ席におかけいただくお客さまは、必ずカフェのご注文を人数分(乳児さん以外)お願いいたします。
予約: 不要

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

4月
28
詩の日「石井英行詩集『野原くん』を読む!」~歩人クラブで出会った青年たちをモデルにした詩集~
4月 28 @ 1:00 PM – 3:15 PM

 

☆詩の日☆

石井英行詩集『野原くん』を読む!

~歩人クラブで出会った青年たちをモデルにした詩集~

「歩人クラブ」とは、自閉症など発達障がいをもつ青年たちの集まりです。

 

ブックハウスカフェのらせん階段下で、詩の朗読をする「詩の日」イベントのお知らせです。

日曜日の昼下がり、詩の世界にふれる機会をみなさまにお届けしたいと、連続で企画しました。

ぜひ、書店内で絵本選びを、またカフェでご飲食をお楽しみいただきながら、同時に詩の朗読もお楽しみいただけると嬉しいです。

ご予約不要(もちろん無料)ですので、どうぞお気軽に。たくさんの方のご来店をお待ちしております。

 

□日時: 

 ☆4月28日(日)13:00〜/15:00~(各回約15分)

 ☆7月14日(日)13:00〜(約15分)

 ☆10月27日(日)13:00〜/15:00~(各回約15分)

 ☆2020年1月26日(日)13:00〜/15:00~(各回約15分)

□出演: 石井英行さん、歩人クラブの青年たち

□場所: ブックハウスカフェ(らせん階段下)

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
☆ご予約不要・無料のイベントです。お気軽にご参加ください。
+++++++++++++++
石井英行(いしい・ひでゆき)さんプロフィール
1949年に野外教育研究センターを設立後、1996年より「歩人クラブ」の活動を開始。
著書に『みんなであそぼう』(玉川大学出版部)。『おじいちゃんの友だち』(銀の鈴社)など。
日本児童文学者協会会員。同人「牛」所属。
+++++++++++++++

歩人クラブの青年たちと石井英行さん

+++++++++++++++

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
2
くすのきしげのりさんトークセッション『ぼくはなきました』『海の見える丘』刊行記念
5月 2 @ 5:00 PM – 7:00 PM

『ぼくはなきました』『海の見える丘』刊行記念 

くすのきしげのりさんトークセッション

 

3月に『ぼくはなきました』『海の見える丘』を刊行したくすのき しげのりさん。
最新刊の作品の朗読や作品解説はもちろん、子どもたちへの想い、教育、生き方についてフリートークスタイルで語ります。

当日に、くすのきしげのりさんにお聞きしたいこと、その場で朗読してほしい作品のリクエストなどぜひご遠慮無くお伝え下さい。全てにお答えいたします!

小規模のトークセッションならではの素敵な時間をお届けいたします。

ご来場者全員に最新版の相関関係図をプレゼント。

『ぼくはなきました』『海の見える丘』初版本サイン会も実施します。ふるってご参加ください。

+++++++++++++++++++


『ぼくはなきました』
ー学校がもっと好きになるシリーズ4ー

さく:くすのき しげのり  

え:石井 聖岳

定価 1,404円(税込)

ISBN:9784491034492

刊行日:3月下旬刊行予定!

 

 

 

さんかんびに じぶんの いいところを はっぴょうすることなった ぼく。
いくらかんがえても、おもいだすのは ともだちの いいところばかり。
やっぱり ぼくには いいところなんてないんだ。
なきそうになった ぼくに、せんせいが おしえてくれたのは、じぶんでは わからなかった
ぼくの とっても すてきな いいところ!
自分のいいところは、自分からは見えない。
石井聖岳さんによる絵も必見です。


『海の見える丘』
-あなたの未来へ贈る5つの物語-

くすのき しげのり 作

定価 1,404円(税込)

ISBN:9784892945892

刊行日:3月下旬刊行予定!

 

 

 

 

児童文学作家くすのきしげのり氏が、初めて大人に向けて贈る新しい文学短編集。

海の見える丘   ー「幸せ」は 自分が決める
少年の太鼓    ー「希望」は 伝えられる
星のなる木    ー「豊かさ」とは 何か
のら猫のかみさま ー「優しさ」は 受け継がれていく
あたたかい木   ー「生き方」が 人生になる

新しい時代を迎えようとする今。慌ただしく過ぎ去っていく日々。だからこそ、立ち止まり深呼吸をするような時間が必要なのではないだろうか。日本および海外の子どもたちに広く読み継がれる作品を書いてきた著者が、現代を生きるあなたの未来へ贈る5つの物語。
自らの人生を俯瞰するとき、あなたは、なにを思いますか。

【著者よりメッセージ】
これは、私自身への問いでもありました。自らの人生を俯瞰し、来し方を辿るとき、それは、これからの人生の行く先、未来について考えることを促します。
この「あなたの未来へ贈る5つの物語」には、風が吹いています。
どうか、物語を渡る風にふかれながら、5つの物語をお楽しみください。

+++++++++++++++++++

『ぼくはなきました』『海の見える丘』刊行記念 

くすのきしげのりさんトークセッション

□日時: 5月2日(木)17:00〜19:00(16:45開場)

終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました登壇者の著作に限らせていただきます。)

□出演: くすのきしげのりさん(児童文学作家)

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥2,000
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/2 くすのきしげのりさんトーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・

くすのきしげのりさんプロフィール


1961年、徳島県生まれ。小学校教諭、徳島県鳴門市立図書館副館長を経て、現在は児童文学作家として活躍中。2016年に第8回とくしま芸術文化賞受賞。
絵本『おこだでませんように』(絵・石井聖岳、小学館)はJBBY賞(バリアフリー部門賞)を受賞。『メガネをかけたら』(絵・たるいしまこ、小学館)とともに全国青少年読書感想文コンクール課題図書となり多くの子ども達に読まれている。絵本作品に、『ともだちやもんな、ぼくら』(絵・福田岩緒、えほんの杜)『みずいろのマフラー』(絵/松成真理子、童心社)『Life(ライフ)』(絵・松本春野、瑞雲舎)『えんまのはいしゃ』(絵・二見正直、偕成社)『ぼくのジィちゃん』(絵・吉田尚令、佼成出版社)『あなたの一日が世界を変える』(絵・古山拓/英訳・花丘ちぐさ、PHP研究所)『おさがり』(絵・北村裕花、東洋館出版社)ほか多数。童話作品に、『ライジング父さん』(絵・松成真理子、フレーベル館)『ニコニコ・ウイルス』(絵・佐竹美保、PHP研究所)『三年一組、春野先生』(絵・下平けーすけ、講談社)『はじけろ! パットライス』(絵・大庭賢哉、あかね書房)など日本および海外にて多数。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
4
おはなしグループ yomitano!おはなし会
5月 4 @ 11:30 AM – 12:15 PM


y o m i t a n o!お は な し 会

 

おはなしを読むことが大好きなyomitano!さんが、当店で再びおはなし会を開催します!
 
yomitano!さんは、声優さんなどの声のお仕事をされている方々で構成されたグループです。
絵本が大好きだ!と伝わってくるようなパワーいっぱいのおはなし会は、聞いている方も元気になっちゃう!
今回はどんな絵本を読んでくれるのでしょうか?
お楽しみにー!
 
前回お越し頂いたみなさまも、初めてのみなさまも、ゴールデンウィークの午前中、お出かけの前に楽しいおはなし会はいかがですか?
みなさまのお越しをお待ちしております!!
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:
5月4日(土)11:30~12:15
 
会場:
ブックハウスカフェ(アクセスはこちら
 
ご予約:
不要
 
参加費:
無料  ※カフェスペースでの開催になりますので、大人の方は1ドリンクオーダーをお願いします。
5月
5
(13時の回)まっさんとけいちゃんによる 絵本ライブ&ワークショップ 「みんなでぬりえたいかい!」
5月 5 @ 1:00 PM – 2:00 PM

 

平田 景さん絵本原画展
『ぼくたちハダカデバネズミ』文社

へんなどうぶつえほん『ぼくたちハダカデバネズミ』(平田昌広・ぶん/平田 景・え/文社)の刊行を記念して、ブックハウスカフェで原画展を開催いたします。
++++++++++++++
<ハダカデバネズミとは?>
東アフリカの乾燥帯にすむネズミのなかま。
アリやハチのように女王を中心とする集団で、
地下にはりめぐされたトンネルにすむ。
「あなほりデバ」や「たたかいデバ」など、
それぞれが役割をもってたすけあっている。
++++++++++++++
絵本ではハダカデバネズミを擬人化して集団生活を再現。
はりめぐされたトンネルを表現するために、全ページがつながるように描かれている。
原画展では原画とともに全ページがつながった縮小パネルも展示予定です。
お楽しみに☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平田 景さん絵本原画展

『ぼくたちハダカデバネズミ』文社

会期: 5/1(水)~5/7(火)期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー 右奥の個室

営業時間: 11001900 (最終日は17時まで

※右奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪原画展開催を記念して、スペシャルイベントを開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・ 

☆スペシャルイベント☆

作者のまっさんけいちゃんによる

絵本ライブワークショップ 

「みんなでぬりえたいかい!」

 

□日時: 5月5日(日)

 ①13:00〜14:00

 ②15:00〜16:00 

※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます)

□出演: まっさん(平田昌広さん)・けいちゃん(平田景さん)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費:  500円(ドリンクチケットつき)
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/5 平田夫妻イベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

□定員: 各20名

・・・・・・・・・・・・・・・・

作家プロフィール

平田昌広(まっさん) 平田景(けいちゃん)

おはなし担当のまっさんと、おえかき担当のけいちゃん。メオト絵本作家として、『おかん』(大日本図書)、『すいかのめいさんち』(すずき出版)、『ぱんつくったよ。』(国土社)、『いぶくろちゃん』(学研プラス)、『かいていとっきゅうしんかいせん』(交通新聞社)、『さかなちゃん』(少年写真新聞社)など作品多数。それぞれ単独でほかの作家・画家との共作も手がける。また、ふたりで「メオトよみ」と称して、全国で絵本ライブを行っている。神奈川県三浦市在住。http://office-make.com

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

聞かせ屋。けいたろう路上絵本読み聞かせ
5月 5 @ 1:00 PM – 7:00 PM
毎年恒例!!
《聞かせ屋。けいたろう 路上絵本読み聞かせ》
@【ブックハウスカフェ】前
1万冊の絵本を揃えた絵本屋さん、ブックハウスカフェの2周年祝いだ!
(↑聞かせ屋。けいたろうさんからのメッセージ)

 

-------------------------------------

 

聞かせ屋。けいたろう 路上読み聞かせ

@ブックハウスカフェ前

①13時〜②14時〜③15時〜④16時〜⑤17時〜⑥18時〜⑦19時〜

今年も怒涛の7ステージ開催(各回約15分くらい)

 

-------------------------------------

聞かせ屋。けいたろうさん
夜の路上で、大人に絵本を読み始めた、聞かせ屋。

延べ4か月の渡米講演を経て、読み聞かせ、絵本講座、保育者研修で日本全国を駆け抜けています。http://kikaseya.jp/

-------------------------------------

□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。
-------------------------------------
5月5日は、他のイベントも開催されます☆ぜひ、一日中ブックハウスカフェでお楽しみください!
★平田昌広さん・平田景さん絵本ライブ 13時~/15時~ →詳細はこちら
★BOOKBANDさんのライブ&絵本読み聞かせ 18時~ →詳細はこちら
(15時の回)まっさんとけいちゃんによる 絵本ライブ&ワークショップ 「みんなでぬりえたいかい!」
5月 5 @ 3:00 PM – 4:00 PM

 

平田 景さん絵本原画展
『ぼくたちハダカデバネズミ』文社

へんなどうぶつえほん『ぼくたちハダカデバネズミ』(平田昌広・ぶん/平田 景・え/文社)の刊行を記念して、ブックハウスカフェで原画展を開催いたします。
++++++++++++++
<ハダカデバネズミとは?>
東アフリカの乾燥帯にすむネズミのなかま。
アリやハチのように女王を中心とする集団で、
地下にはりめぐされたトンネルにすむ。
「あなほりデバ」や「たたかいデバ」など、
それぞれが役割をもってたすけあっている。
++++++++++++++
絵本ではハダカデバネズミを擬人化して集団生活を再現。
はりめぐされたトンネルを表現するために、全ページがつながるように描かれている。
原画展では原画とともに全ページがつながった縮小パネルも展示予定です。
お楽しみに☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平田 景さん絵本原画展

『ぼくたちハダカデバネズミ』文社

会期: 5/1(水)~5/7(火)期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー 右奥の個室

営業時間: 11001900 (最終日は17時まで

※右奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪原画展開催を記念して、スペシャルイベントを開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・ 

☆スペシャルイベント☆

作者のまっさんけいちゃんによる

絵本ライブワークショップ 

「みんなでぬりえたいかい!」

 

□日時: 5月5日(日)

 ①13:00〜14:00

 ②15:00〜16:00 

※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます)

□出演: まっさん(平田昌広さん)・けいちゃん(平田景さん)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費:  500円(ドリンクチケットつき)
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/5 平田夫妻イベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

□定員: 各20名

・・・・・・・・・・・・・・・・

作家プロフィール

平田昌広(まっさん) 平田景(けいちゃん)

おはなし担当のまっさんと、おえかき担当のけいちゃん。メオト絵本作家として、『おかん』(大日本図書)、『すいかのめいさんち』(すずき出版)、『ぱんつくったよ。』(国土社)、『いぶくろちゃん』(学研プラス)、『かいていとっきゅうしんかいせん』(交通新聞社)、『さかなちゃん』(少年写真新聞社)など作品多数。それぞれ単独でほかの作家・画家との共作も手がける。また、ふたりで「メオトよみ」と称して、全国で絵本ライブを行っている。神奈川県三浦市在住。http://office-make.com

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

BOOKBANDスペシャルライブ☆
5月 5 @ 6:00 PM – 7:00 PM

BOOKBAND(ブックバンド)

スペシャルライブ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

毎年恒例となりました、絵本作家さんや絵本に関わる人たちで結成されたバンド

BOOKBAND(ブックバンド)」さんの

5月5日のスペシャルライブ。今年も、スタンダードから新しい曲まで、楽しく演奏していただきます♪

ブックハウスカフェは5月5日で2周年を迎えます。

節目にいつもお祝いライブをしてくださるBOOKBANDさんに、

そして、ご来店下さるみなさまにも、たくさんの心よりの感謝を込めまして!

5月5日はLet's sing together!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

BOOKBAND(ブックバンド)スペシャルライブ

@ブックハウスカフェ

 

□日時: 2019/5/5(日) 18:00~約30分

□内容: ライブ&絵本読み聞かせ

□演奏: BOOKBANDのみなさま

いりやまさとしさん(G. 絵本作家)・真珠まりこさん(Vo.&G. 絵本作家)・タカタカヲリさん(B.&Vo. 絵本作家・イラストレーター)・久留島太郎さん(Per.&Vo. 保育学准教授)

□場所: ブックハウスカフェ 

〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□無料・ご予約不要ですので、ふらりとご来店ください。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
BOOKBAND(ブックバンド)とは・・・
絵本作家のいりやまさとしさん、真珠まりこさん、タカタカヲリさん、大学で保育学を教えている久留島太郎さんの4人で結成された、ブックハウスカフェのハウスバンド
ロックもバラードもポップスも古今東西の様々な音楽を届けてくれる、「すてきなよにんぐみ」です♪

「すてきなよにんぐみ」

アンゲラー描く「すてきなさんにんぐみ」は、ティファニーちゃんを連れ去りましたが、こちらの「すてきなよにんぐみ」は、みなさんの♡を盗みます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
8
ひさよの大人の絵本講座 第3回目「絵本は文学の入り口」
5月 8 @ 10:00 AM – 12:00 PM
ひさよの大人の絵本講座
 
 
渡辺尚代さんを講師にお迎えしてお届けする、大人のための絵本講座を開催いたします。
今回のテーマは「絵本は文学の入口」。
絵本の翻訳を手がけられたり、児童文学研家としても知られる渡辺さんの絵本の読み方を、ぜひお楽しみください。
 
毎月開催を予定しておりますので、初めての方、前回ご参加いただいた方、皆さまのお越しをお待ちしております!
 
 
 
【講師プロフィール】
 
渡辺尚代
 
絵本翻訳。児童文学研究家。
 
ブライアンワイルドスミス「お月さまのおさんぽ」
 
キーピング「たそがれえきの人びと」など。
 
子どもたちに40年以上お話の世界を伝えてきた。
 
品川、大田、目黒区などを中心に全国で講座、講演会を開催。
 
 
 
 
〈ひさよの大人の絵本講座 今後の予定〉
 
☆どの回も10:00~12:00、参加費¥2,000
 
※予定は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
① 3/6(水)「昔話って奥が深い」
 
② 4/3(水)「おかあさんだいすき」
 
③ 5/8(水)「絵本は文学の入り口」
 
④ 6/5(水) 「ちょっと怖いマザーグーズ」
 
⑤ 7/3(水)「世界の昔話にある普遍性」
 
⑥日程未定「星座から知るギリシア神話」
 
⑦ 9/4(水) 「乗り物、動物たち、大活躍!」
 
⑧ 10/2(水)  「絵本の黄金時代を築いた作家たち」
 
⑨ 11/6(水) 「子どもに一番近い大人、センダック」
 
⑩ 12/4(水) 「クリスマス特集」
 
⑪ 1/8(水) 「冬・雪にちなんで『詩』を味わう」
 
⑫ 2/5(水) 「絵本、そしてファンタジー物語へ」
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【日時】
 
5月8日(水)10:00~12:00(開場 9:45)
【参加費】
 
2000円(飲み物付)
イベント終了後のランチ会、別途¥1000
(サンドイッチとコーヒー・紅茶のセルフサービス)
 
【申込み】
 
ブックハウスカフェの店頭・電話・メールにて受付中
 
電話:03-6261-6177
 
メール:yoyaku@bookhousecafe.jp
 
※メールでご予約の際は「件名」に「5/8 ひさよの絵本講座」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数・ランチ会出席の有無をご記載ください。
【会場】
 
ブックハウスカフェ
 
千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F 
 
(アクセスはこちら
ベビーマッサージと絵本に出会う60分~絵本とおうたのベビーマッサージ~
5月 8 @ 11:00 AM – 12:00 PM

 

 

水曜日は、ブックハウスカフェでベビーマッサージを楽しもう♪
おなじみ、「絵本とおうたのベビーマッサージ」 ひめ風堂さんが講師です。
赤ちゃんと一緒に、楽しい時間を過ごしませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・
絵本おうたのベビーマッサージ★
~ベビーマッサージと絵本に出会う60分~
 
○ベビーマッサージで伝える親子のぬくもりと安心感。
○0歳児から始まる親子のこれからに笑顔を運んでくれる絵本の紹介。
○ママとパパの日常の中にある抱っこのこと。
絵本を使ったオリジナルベビーマッサージスタイルです。
テキストではなく、記憶にとどめるふれあいの時間を願って、
ひめ風堂≪絵本とおうたのベビーマッサージ≫のために制作した絵本でナビゲート☆
  
ほんわかのんびり、でもぎゅぎゅっと詰まった時間をいっしょに過ごしましょう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベビーマッサージと絵本に出会う60分~絵本とおうたのベビーマッサージ~
水曜日はブックハウスカフェでベビーマッサージを楽しもう♪
今回は、3回連続で講座を開催します。☆全部ご参加いただくとちょっぴり割引になります☆
3回の内容はそれぞれ異なるので、通しのご参加をお勧めします。(1回ごとのご参加ももちろん大丈夫ですよ)
□内容:
★1回目
・下半身+お腹+お顔のベビーマッサージ
・素手のだっこ~身体の負担を軽くしよう~
・0才にうれしい絵本のご紹介
★2回目
・下半身+背中+頭のベビーマッサージ
・マイ抱っこひもぴったり調整アドバイス
・リズム・音・からだ…ベビーマッサージとリンクな絵本のご紹介
★3回目
・全身フルベビーマッサージ
・一緒にあそべる!スキンシップ絵本
※内容は予告なく代わる場合がございます。
□日時: 
★1回目 2019/5/8(水)11:00~12:00(10:30開場)
★2回目 2019/6/12(水)11:00~12:00(10:30開場)
★3回目 2019/7/10(水)11:00~12:00(10:30開場)
☆終了時間が多少延びる場合がございます。予めご了承ください。
☆終了後、講師のこまつさんとご一緒に、ブックハウスカフェでランチ会(※ブックハウスカフェのランチメニューをご注文いただいています)はいかがでしょうか?イベントでお話できなかったことや、個人的なこと、ベビーマッサージと全然違ったお話、などなど、楽しい時間をいつも過ごしています。ぜひぜひ、お気軽にご参加ください。
□講師: こまつ あさこさん(「絵本とおうたのベビーマッサージ」ひめ風堂主宰)

□参加費: 1,200円/1回 ・ 3回分一括の場合 ¥3,000(¥600分お得です♪※初回にご一括でご入金ください)

□持ち物: バスタオル・授乳ケープ・赤ちゃんの飲み物やおむつなど普段のお出かけグッズ

□ご注意: 生後2か月からご参加いただけます。※予防接種後24時間以内や発熱や病後すぐなどの場合はご参加をご遠慮ください。

□予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は必ず、件名に「(日時)ベビーマッサージ」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください
□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
翻訳者のためのコミュニティサロン「洋書の森」 “おしゃべりサロン”のご案内
5月 8 @ 2:00 PM – 4:00 PM

 

翻訳者のためのコミュニティサロン「洋書の森」
“おしゃべりサロン”のご案内

翻訳者のためのコミュニティサロン「洋書の森」では、毎月第1水曜日(1、5月は第2)14:00-16:00にブックハウスカフェソファスペースで、“おしゃべりサロン”を開催しています。

現役翻訳者さんもタマゴさんも、編集者さんやエージェンシーさん、書店さんや読者さんなど、翻訳に関心をおもちの方ならどなたでもご参加いただけます。

テーマは特に設けず、お悩み相談に乗ったり、レジュメにそこそこベテラン(?)のスタッフがアドバイスしたり、翻訳談義をしたりしています。事前予約不要。

※カフェスペースですので、必ずカフェのご注文をお願いいたします。

お気軽にお立ち寄りください。


:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~ ,:


■開催予定日 3月6日、4月3日、5月8日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日
■会場 「ブックハウスカフェ」ソファスペース https://www.bookhousecafe.jp/
■お問い合わせ先/QRコード https://www.facebook.com/youshonomori/
■関連リンク先 blog https://blog.goo.ne.jp/youshonomori
Twitter https://twitter.com/youshonomori
■お問い合わせ先:youshonomori@gmail.com
※「おしゃべりサロン」スタッフ主催のため、お問い合わせは、ブックハウスカフェではなく、洋書の森さんへお願いいたします。

5月
11
デバけいちゃんとあそぼう!~オフィスまけ×汐文社×ブックハウスカフェ 緊急企画 ☆~
5月 11 @ 12:00 PM – 4:00 PM
緊急告知!!
☆オフィスまけ×汐文社×ブックハウスカフェ緊急企画☆
< デバけいちゃんとあそぼう!>

『ぼくたちハダカデバネズミ』(平田昌広(ぶん)平田景(え)/ 汐文社)絵本原画展
なんと、大好評につき(というか、ブックハウスカフェからの熱い要望に、オフィスまけ&汐文社さんが応えてくださり)
5月12日(日・母の日)まで、原画展の期間延長をすることとなりました!
もしまだご覧になっていない方いらしたら、チャンスですよ!!ぜひ、お待ちしております。
その期間延長にあわせて、急遽、平田景さん(けいちゃん)が、イベントをしてくださることになりました。
こちらは100%けいちゃんのご厚意です!!
ぜひ、盛り上げて参りたく、みなさまふるってご参加ください!!
+++++++++++++
5月11日(土)12:00〜16:00
ブックハウスカフェのギャラリースペース(こまどり)にて。
ハダカデバネズミに変身したけいちゃんのところにみんなでおしかけよう。
時間内ならいつでもOK! 参加無料!
「どんなことをするの?」
・絵本をよむよ  
・ぬりえやえかきうたをするよ
・いっしょに写真をとるよ
・絵本を買ってくれたらサインやみんなの似顔絵をかくよ
・なやみごとやグチをきくよ(きくだけで解決はしないよ)
・まっさんの裏話や絵本制作の秘密をばくろするよ
ほかにもリクエストにはできるだけこたえるよ!
(注)まっさんデバはおうちでるすばんです。

+++++++++++++

みなさまのご来場を、お待ちしております!!

+++++++++++++

以下、原画展のもともとのご案内です。DMはもともとのままです。

原画展終了日が変更となっておりますので、ご注意ください。

最終日は、5月12日(日)19時まで。

+++++++++++++

 

平田 景さん絵本原画展
『ぼくたちハダカデバネズミ』文社

へんなどうぶつえほん『ぼくたちハダカデバネズミ』(平田昌広・ぶん/平田 景・え/文社)の刊行を記念して、ブックハウスカフェで原画展を開催いたします。
++++++++++++++
<ハダカデバネズミとは?>
東アフリカの乾燥帯にすむネズミのなかま。
アリやハチのように女王を中心とする集団で、
地下にはりめぐされたトンネルにすむ。
「あなほりデバ」や「たたかいデバ」など、
それぞれが役割をもってたすけあっている。
++++++++++++++
絵本ではハダカデバネズミを擬人化して集団生活を再現。
はりめぐされたトンネルを表現するために、全ページがつながるように描かれている。
原画展では原画とともに全ページがつながった縮小パネルも展示予定です。
お楽しみに☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平田 景さん絵本原画展

『ぼくたちハダカデバネズミ』文社

会期: 5/1(水)~5/12(日)期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー 右奥の個室

営業時間: 1100~21:00(土日祝日~1900) 

※右奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。

事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪原画展開催を記念して、スペシャルイベントを開催します♪

・・・・・・・・・・・・・・・・ 

☆スペシャルイベント☆

作者のまっさんけいちゃんによる

絵本ライブワークショップ 

「みんなでぬりえたいかい!」

 

□日時: 5月5日(日)

 ①13:00〜14:00

 ②15:00〜16:00 

※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます)

□出演: まっさん(平田昌広さん)・けいちゃん(平田景さん)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費:  500円(ドリンクチケットつき)
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/5 平田夫妻イベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

□定員: 各20名

・・・・・・・・・・・・・・・・

作家プロフィール

平田昌広(まっさん) 平田景(けいちゃん)

おはなし担当のまっさんと、おえかき担当のけいちゃん。メオト絵本作家として、『おかん』(大日本図書)、『すいかのめいさんち』(すずき出版)、『ぱんつくったよ。』(国土社)、『いぶくろちゃん』(学研プラス)、『かいていとっきゅうしんかいせん』(交通新聞社)、『さかなちゃん』(少年写真新聞社)など作品多数。それぞれ単独でほかの作家・画家との共作も手がける。また、ふたりで「メオトよみ」と称して、全国で絵本ライブを行っている。神奈川県三浦市在住。http://office-make.com

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
12
おはなしかこう! 絵本をつくろう! 5月のカコポン!
5月 12 @ 10:00 AM – 11:00 AM

 

 

おはなしかこう! 絵本をつくろう! 5月のカコポン!

こどもたちが、オリジナルのおはなしを作り、それを絵本に仕上げるワークショップです。

じっくりとりくんで、これだ!と思うものが書けたら、絵も描いて、絵本をつくります。

毎月第2日曜日、ブックハウスカフェの開店前の時間においでください。
静かな店内で、それぞれに作っていきます。

完成したら、カフェの棚に並べて、みんなに読んでもらいます!
おはなしを作ってみたい大人の方も、どうぞ。


*個人的に質問のある方、じっくり取り組みたい方は、早めにお越しください。9時半から開場しています。

*基本的に毎月第2日曜日におこないます

*つづけて参加して・・・おうちで書いても・・・と、じっくり書いていきます。書いたものを持ってきていただいても大丈夫です。

*個人のペースに合わせて、イベントを進めていきます。

*おはなしができたら、絵本にしあげます。

*「おはなしたんていじむしょ」を開設します。こまったら、いっしょに解決!(これまでの解決率100%!)

*プロになる講座ではありませんので、おはなしを書いてみたい方はお気軽にご参加ください。



ファシリテーター/おおたにみねこ

「おはなしかこう ぶんぶんの時間」(2011年~。www.bunbunnojikan.com)主宰。『でんしゃがおうち レイルちゃん』(理論社)、『ねぐせうらない』(岩崎書店)、『方言どこどこ?』(福音館書店)など。「おてがみタイムズ」社主。


-------------------------------------------------------------


【日時】2019年5月12日(日)10~11時(開場 9:30)

開店前の絵本屋さんで行いますので、開場時間の頃にお越しください。



【対象】ひとりで参加できる方(お付き添いはご遠慮いただいております)



【参加費】こども(小学生以下)800円 / おとな1000円



【定員】10人



【場所】神保町ブックハウスカフェ

東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1階

神保町駅A1出口を出て、右にすぐ!アクセスはこちら



【申込】店頭・電話・メールにて

TEL : 03-6261-6177

メール : yoyaku@bookhousecafe.jp

※メールでのご予約の際は、件名に「5/12 おはなしカコポン」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・参加人数(大人・子ども(学年))」をお知らせください。

 

絵本屋さんで手話講座・2019年 ~手話で絵本をよんでみよう!~
5月 12 @ 2:00 PM – 3:30 PM
★絵本屋さんで手話講座・2019年★
手話で絵本をよんでみよう!~

大好評の「絵本屋さんで手話講座」

毎回楽しくご好評をいただいている手話講座です。

手話に興味があるけど習ったことのないという方、

初心者の方におススメの講座です!

さあ、ご一緒に、手でお話しをしてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・

 

絵本屋さんで手話講座2019
~手話で絵本をよんでみよう!~

絵本を手話で表現してみませんか?
「絵本を手話で表現」&「いろいろな手話表現」を習います。 

 

日程 参考絵本 内容
5月12日(日) 『どんなきもち?』 挨拶&絵本の感想を伝えよう
7月14日(日) 『ともだちになろう』 自己紹介&絵本を読む前と後のお話の手話表現
9月8日(日) 『北風と太陽』 劇・季節や天気の手話表現
11月10日(日) (未定) 詩を手話で表現しよう
12月8日(日) (未定) これまでの復習&リクエスト

※連続講座ではありません。

□時間(共通): 14:00~15:30(13:45開場)※手話講座の前(13:40から10分ほど)に店内にて手話で絵本を読みます。こちらは無料・ご予約不要です。
□講師: まついみえこさん(手話通訳士)

□ゲスト: ほんまちひろさん(絵本作家・詩人)

□参加費: 1,000円(小学生¥700)

対象: 手話が初めての方から

□予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は必ず、件名に「〇月〇日 手話講座」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください
□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
★スペシャル企画 
【絵本で手話発表会】
今回の講座を含めて、ブックハウスカフェでの手話講座に3回以上出席をした方、最終日に、みんなで手話を発表しませんか?
5回目の手話講座にご参加いただいた後、ブックハウスカフェ店内らせん階段にて、「絵本で手話発表会」をいたします。(12月8日(日)16時~17時ごろ)※予約制です。

・・・・・・・・・・・・・・

講師プロフィール

まついみえこさん

歌って踊れる手話通訳士・手話奏者。手話でフラダンスも教えているオモシロスゴイ方。参加者のリクエストも伺いながら上手にご希望に添いつつ教えてくださいます。

ほんまちひろさん

絵本作家・イラストレーター

1978年、神奈川に生まれる。東京学芸大学大学院修了。

2004年、『詩画集いいねこだった』(書肆楽々)で第37回日本児童文学者協会新人賞。

作品には絵本『ねこくん こんやはなにたべる?』『おむすびにんじゃの おいしいごはん』、『おむすびにんじゃの おむすびぽん』(リーブル)、挿絵に『注文の多い料理店』、『どんぐりと山猫』、『セロ弾きのゴーシュ』(にっけん教育出版社)、『ふたりのたからもの』(西村書店)、お手紙文集『ピッピちゃん、こんにちは!』(企画・挿絵で参加 西村書店)、訳書に『ともだちになろう』、『どんなきもち?』(西村書店)などがある。

児童文学や絵本で培ったやわらかな表現方法を活かし、心を絵や詩で表現したり、互いの作品を鑑賞したりすることが、平和にもつながるのではないかとの思いから、大人も子どももいっしょに楽しめる表現ワークショップを行うなど多分野で活動中。

http://www.honmachihiro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
5月
16
絵本『きんたろう』原画展記念トークショー 金太郎とは誰か?その秘密に迫る!
5月 16 @ 6:30 PM – 8:30 PM

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇いしいつとむさん

絵本『きんたろう』(子どもの未来社)原画展 

会期: 5/16(木)~5/30(日)※期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー (左奥の個室)

営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00)※最終日は17時まで

※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料

いしいつとむさん在廊日:5月16日(木)・5月26日(日)両日とも、午後の時間

ぜひ、いしいつとむさんに会いにいらしてください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪オープニングイベント

・・・・・・・・・・・・・・・・

トークショー

金太とは誰かその秘密に迫る!

出演:いしいつとむさん/野上暁さん/堀切リエさん

 

♪まさかりかついだ金太郎~♪

この歌を、(うっすらとでも)ご存知の方、非常に多いと思いますが、さて、金太郎の物語の方は、みなさま、はっきりと覚えていらっしゃるでしょうか?桃太郎や浦島太郎に比して、金太郎の伝説はちょっぴり曖昧ではありませんか?

「気はやさしくて力持ち。みんなが知っている金太郎のお話」は、どのようにして生まれたのかを、野上暁さん、堀切リエさんの膨大な知識の中から、分かりやすく、そして深く、お話いただきます。

『きんたろう』画家のいしいつとむさんのおはなしも合わせてお楽しみください。

非常に貴重な機会です。ふるってご参加ください。

 ++++++++++

【内容】

オープニング きんたろう電子紙芝居

第1部:金太郎絵本の変遷   *野上 暁(子どもの本研究家)

江戸時代の赤本から現代まで、様々に描かれた金太郎絵本の歴史を画像で紹介します。

第2部:金太郎誕生の秘密   *堀切リエ(作家)

金太郎の物語誕生の秘密をさかのぼり、伝説とは何か、ヤマンバ、鬼、金太郎とは誰かを探る旅へ招待します。

第3部:絵本「きんたろう」を描いて  *いしいつとむ(画家)

日本の伝説シリーズ「はやたろう」「きつねの童子」「きんたろう」の3冊を描いた画家のスペシャルトークです。

 ++++++++++

□日時: 5月16日(木)1830203018:15開場)終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました登壇者の著作に限らせていただきます。)

□出演: いしいつとむさん(画家)、野上暁さん(子どもの本研究家)、堀切リエさん(作家)

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥1,000
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/16 きんたろうトーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

  ++++++++++

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪おはなし会もあります

・・・・・・・・・・・・・・・・

おはなし会

絵本『きんたろう』の作者・いしいつとむさんたちの読み語り

日本の伝説『はやたろう』『きつねの童子 安倍晴明伝』『きんたろう』3冊の読み語りを行います。

なかなか聞く機会は珍しいお話ばかり。ぜひ、ふるってご参加ください。

□日時: 5月26日(日)14:00〜 

□読み語り: いしいつとむさん(画家)ほか

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□内容: 日本の伝説『はやたろう』『きつねの童子 安倍晴明伝』『きんたろう』3冊の読み語り

□無料・ご予約不要です。お気軽にどうぞ! 

516日(木)午後と519日(日)の午後は、著者のサイン会もあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
18
モンドリアンが聞いたブギウギが、今、よみがえる! ―朗読と音楽による『ミスターオレンジ』―
5月 18 @ 3:00 PM – 4:00 PM

 

―朗読と音楽による『ミスターオレンジ』―
モンドリアンが聞いたブギウギが、今、よみがえる!

 

『ミスターオレンジ』(トゥルース・マティ作、野坂悦子訳、朔北社)は、新しい抽象美術を唱えた芸術家モンドリアンと、ニューヨークに住む八百屋の少年ライナスの友情を描いた作品です。オランダ、アメリカ、日本をはじめ多くの国で愛されるこの本の中で、大事な要素になっているのが「ブギウギ」。モンドリアンの芸術の源になったブギウギは、どんな音楽だったのでしょう? 

この企画では、貴重な音源からモンドリアンが楽しんだ音楽をよみがえらせ、朗読とともにお聞かせします!

またこの本がハーグ市立美術館でのモンドリアン展をきっかけに生まれたように、オランダでは子どもの本と美術館とのコラボレーションが、近年さかんになっています。あわせて、そんなオランダ絵本の数々もご紹介する予定です。

++++++++++++++++

モンドリアンが聞いたブギウギが、今、よみがえる!

―朗読と音楽による『ミスターオレンジ』―

□日時: 5月18日(土)15:00〜16:00(14:30開場)終了後サイン会あり

□出演&企画構成: グループ・オレンジ(野坂悦子さん、鈴木晨平さん、鈴木富美子さん、関口正男さん)

□場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥1,500
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/18 ミスターオレンジイベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

グループ・オレンジのみなさんのプロフィール

野坂悦子(のざか・えつこ)さん -進行・朗読

翻訳家・作家。オランダ語を中心に海外の児童文学の紹介に力を注ぐ。『第八森の子どもたち』『リスのたんじょうび』『クレーンをおろしなさい!!』をはじめ訳書は百点以上。『ようこそロイドホテルへ』など創作絵本も手掛けるいっぽう、紙芝居を世界に広める活動も行う。2016年には自作絵本『ロロとレレのほしのはな』の舞台をプロデュース。好きな色は緑。

鈴木晨平(すずき・しんぺい)さん -朗読

ミュージシャン(作詞・作曲・歌・アコースティックギター)。学習院大学文学部哲学科を卒業。ライブハウス等で、一人でステージに立って自作の歌を歌ったり、バンドのサポートギタリストとして演奏したり。去年から中國武術も学んでいる。今回は朗読にチャレンジ。

鈴木富美子(すずき・ふみこ)さん ―朗読

豊島区立中央図書館読み聞かせボランティア、「千早おはなしの会」メンバー、「紙芝居文化の会」会員。絵本や紙芝居が大好きで、子育て広場や保育園に赴き、子どもたちと一緒に、その世界を楽しんでいる。本業は農産物の産直販売。好きな野菜はトマト。好きな色はえんじ色。

関口正男(せきぐち・まさお)さん ―音響・映像

作曲家。空間リノベーションを提唱し、その場所で生きる音楽を追及。オリコンランクイン作品の他、日本に止まらず世界でも多数の作品が紹介される。大学などの教育機関、地方自治体のゆるキャラのテーマソングなど、表現の形式にとらわれない活動を繰り広げる。最近ではYoutuberやFMラジオのパーソナリティ、教育指導にも力を注ぐ。温泉ソムリエの資格を持つ。


ふるってご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

『多元化するゲーム文化と社会』出版記念トークイベント
5月 18 @ 6:00 PM – 8:30 PM
5月18日に『多元化するゲーム文化と社会』の刊行を記念したトークイベントを行います。
本書は、複雑なゲーム文化を、総勢28人の気鋭の研究者たちが丹念に読み解いた一冊になっています。
 
今回のトークイベントでは、ゲームを取り巻く文化を社会的背景にまで迫って解き明かした『ゲームセンター文化論』の著者加藤裕康氏、マンガやゲームを対象にした堅実な論考を国内外で発表し高い評価を得てきた秦美香子氏、ゲームを芸術と捉えた話題の書『ビデオゲームの美学』の著者松永伸司氏、関西で「多元化するゲーム文化研究会」を立ち上げ、本書出版の立役者である松井広志氏の4名の執筆者にお話を伺います。
 
ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【日時】5月18日(土)18:00~20:30
 
【登壇者】
加藤裕康さん
秦美香子さん
松永伸司さん
松井広志さん
 
【定員】55名
 
【参加費】¥1,000
 
【申込み】TEL・メール・店頭にて
TEL:03-6261-6177
メール:yoyaku@bookhousecafe.jp
(件名を「5/18 多元化するゲーム文化と社会」とし、本文に「お名前(フルネーム)・ふりがな・お電話番号・参加人数」を明記の上、お申し込みください)
 
【会場】ブックハウスカフェ
アクセスはこちら
神保町駅A1出口を出て、右にすぐ!
 
5月
19
赤ちゃんと英語えほん Let’sリードアラウド!2019年5月
5月 19 @ 11:00 AM – 11:45 AM

月に一度、英語絵本を読むイベント「リードアラウド」&「赤ちゃんリードアラウド!」を開催しております。(ご参加対象年令が異なる二つのイベントを毎月交互に開催しています)

今までもお楽しみいただいていた常連の方々も、リードアラウドってなに?という初めての方まで、ぜひふるってご参加ください。

初めての方。百聞は一見に如かず。このイベントへはぜひ、実際に体験していただくことをお勧めします。楽しいですよ♪お気軽にどうぞ。

内容や、英語絵本イベント全体についてはこちらのブログもぜひご覧ください。ブログ

-----------------------------------------------------------

英語の絵本、ただ読んでもらうだけじゃつまらない。リードアラウドでは、みんなで表現を工夫しながら声に出して読みます。

英語の本を読むのは初めてという人からネイティブまで楽しめるような素敵な英語絵本を、読んで読んで読みまくって来られたプロによる、選書も魅力です!

ご参加の方には、音読のポイントや解説が満載のガイドを差し上げます。質問タイムもあるので、講師との交流もお楽しみに。

講師はリードアラウド発案者の大島英美さんほか、絵本リードアラウド認定講師のみなさん。

++++++++++++++++

大島 英美 (おおしま えみ) さん プロフィール

 カリフォルニア大学(UCLA)卒、東京農工大学大学院修士課程修了、クレアモント大学院博士課程中退。著書に『声に出して読む英語絵本―初めてのリードアラウド』(中央公論新社)。翻訳書に『おじいさんの旅』 (ほるぷ出版)、『ダルシマーを弾く少年』(ポプラ社)、『父親たちの星条旗』(イースト・プレス)など。小中学校、キッズブックス英語スクール(二子玉川)での授業、書店などのイベント出演、朝日カルチャーセンターなどの講座や指導員向けワークショップを行う。リードアラウド研究会主宰。経験豊富な日本人講師が、英語力や個性に応じたきめ細やかな指導をいたします。 大島先生ブログ

++++++++++++++++

【リードアラウドってなに?】

英語の絵本を楽しんでいただくために大島先生が編み出した方法です。絵本を読み聞かせるのではなく、参加者(子どもも大人も)も一緒に内容を考えながら、内容にそった表現で元気に声を出して読んでいきます。初めは講師をまねて表現するだけでも楽しめます。慣れてきたら表現を工夫しましょう。どう表現するか考えるうちに、だんだん意味も分かってきて、どんどん楽しくなり、絵本大好き、英語絵本大好き、英語大好き、に!!

++++++++++++++++

赤ちゃんと英語えほん  Let’sリードアラウド!

赤ちゃんだって英語絵本を楽しみたい!英語絵本をご家族でご一緒に楽しみませんか?

保育関係の方々にもオススメのイベントです。

□日時: 2019/5/19(日)11:00~11:45(10:45受付・開場)
□講師: 大島英美さんほか、絵本リードアラウド認定講師のみなさん

□テキスト: Hello Baby!

□参加費(テキスト代): 1,200円(税別)※テキストを既にお持ちの場合は、当店にて同額以上の書籍のご購入をお願いいたします。

□内容: RAに適した英語絵本の紹介/家族で楽しむ英語絵本/家庭での楽しみ方提案など

□人数: 先着10組

□対象: 4歳未満の幼児とその家族保育者など 

□予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は必ず、件名に「5/19 赤ちゃんRA」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください
□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら

 

≪2019年度の日程≫ ※カッコ内は、使用するテキストのタイトルです。

5/19(Hello Baby!)/ 7/14(Dear Zoo)/ 9/15(Hop on Pop)/ 11/17(テキスト未定)/ 2020/1/19(テキスト未定) / 3/8(テキスト未定) 

 

※イベントは予告なく変更になる場合があります。予めご了承くださいませ。

※英語絵本リードアラウド!はキャンセル不可となっております。イベント当日のご来店の有無に関わらず、テキストをご購入いただきます。

※連続講座ではありません。

++++++++++++++++

その他の英語絵本のイベントは、こちらからご覧いただけます→「英語絵本イベントへのお誘い」ブログ

ぜひ、ふるってご参加ください!

++++++++++++++++
※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
間宮芳生の歌をうたう会~絵本屋さんで、うたう会Vol.1~
5月 19 @ 1:30 PM – 3:00 PM

絵本屋さんで、うたう会Vol.1

間宮芳生の歌をうたう会

 

作曲の巨匠・間宮芳生と、詩人たちの言葉が出会い

生まれた素晴らしい歌の数々。

一緒に歌ってみませんか?

間宮氏の夢から生まれた「空の向こうがわ」も歌います!

+++++++++++++

ブックハウスカフェいちご音楽会でおなじみの

カメアリ・デュオ亀田正俊さん&飯田有抄さんのお2人が

ピアノとナビゲーターを担当。

お二人ととっても仲良しの絵本作家の

ほんまちひろさんが当日は司会をご担当。

息ぴったりの3人がお届けする、すてきな「うたう会」。

楽譜が読めなくても大丈夫です。 

お風呂や散歩の、はな歌の新しいレパートリーに!

ブックトークや絵本の時間に!

 

暮らしに、うたう、よろこびを。

 +++++++++++++++++++

絵本屋さんで、うたう会Vol.1

間宮芳生の歌をうたう会

 

□日時: 5月19日(日)13:30〜15:00(13:15開場)

□出演: 

 ピアノ・・・亀田正俊さん(道楽音楽家)

 ナビゲーター・・・飯田有抄さん(クラシック音楽ファシリテーター)

 司会・・・ほんまちひろさん(絵本作家・コーディネーター)

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥1,000(小学生¥500)
 ※スペシャル割引:『間宮芳生歌曲集』を会場でご購入の方は参加費¥500!)
予約: 要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/19 うたう会」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

□対象: 小学生~大人  

□持ちもの: 歌う心

うたう歌:

『間宮芳生歌曲集』(作曲・間宮芳生/音楽之友社)より

「棒が一本あったとさ」(東京のわらべうた)

「こころとあし」(詞:工藤直子)

「やまのこもりうた」(詞:工藤直子)

「空の向こうがわ」(詞:友竹辰)  他

※メニュー・イベントは予告なく変更になる可能性があります。

+++++++++++++++++++

間宮芳生 (まみや・みちお)さんプロフィール

1929年北海道旭川市生まれ。1948年旧制東京音楽学校(現東京藝術大学音楽学部)作曲科入学。52年卒業。作曲を池内友次郎、ピアノを田村宏に師事。「合唱のためのコンポジション」のシリーズ、独唱とピアノのための〈日本民謡集〉、スタジオジブリ「火垂るの墓」、大河ドラマ「坂本龍馬」、オペラ「昔噺人買太郎兵衛」「ニホンザル・スキトオリメ」「鳴神」「夜長姫と耳男」「ポポイ」等。幅広いジャンルの作品は200を超える。

 

 

カメアリ・デュオのお二人

ほんまちひろさん

♡チラシの可愛いイラストは、全部ほんまちひろさんが描いてくださいました♡

+++++++++++++++++++

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
24
講演会「海外から見た日本児童文学と少女像」 ヘレン・キルパトリックさん(オーストラリア・ウーロンゴン大学 )来日記念講演
5月 24 @ 7:00 PM – 8:30 PM

★オーストラリア・ウーロンゴン大学

ヘレン・キルパトリックさん来日記念講演

「海外から見た日本児童文学と少女像」

英語圏では、日本の絵本は海外ではどのように読まれているのか? 

 オーストラリアの児童文学者にして日本語教師のヘレン・キルパトリックさんが、博士学位論文のテーマである宮沢賢治を筆頭に、安房直子、味戸ケイコ、岩崎ちひろ、酒井駒子らの作品を例に、日本の絵本や児童文学の挿絵などから少女像を読みときます。

トークは英語で、通訳は竹内美紀さん(東洋大学准教授)です。

□日時: 2019/5/24(金)  19:00~20:30(18:45開場)
□出演: ヘレン・キルパトリックさん(オーストラリア・ウーロンゴン大学准教授・児童文学者・日本語教師)
□通訳: 竹内美紀さん(東洋大学准教授)

□参加費: 1,000円

□予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は必ず、件名に「5/24 ヘレンさんトーク」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください
□場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
(東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヘレン・キルパトリック博士 (オーストラリア・ウーロンゴン大学准教授)

 Dr. Helen Kilpatrick, University of Wollongong. 

専門は日本文学、特に宮沢賢治や安房直子や絵本や挿絵。 単著に『宮沢賢治とその挿絵』(未訳、2013、右図は表紙)。論文 “Envisioning the shôjo [girl] Aesthetic in Miyazawa Kenji's "The Twin Stars" and "Night of the Milky Way Railway’ (2012)で、オーストラリアにおける優れた日本研究に与え られる井上靖賞を受賞(2013)。日本語論文も含め、その他論文多数。オースト ラリア内の複数の大学で、日本語、日本文化、日本文学、英文学を教える。来日して、岡山県のノートルダム清心女子大学でも教鞭をとった経験もある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
5月
26
絵本『きんたろう』原画展記念おはなし会☆ 絵本『きんたろう』の作者・いしいつとむさんたちの読み語り
5月 26 @ 2:00 PM – 3:30 PM

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇いしいつとむさん

絵本『きんたろう』(子どもの未来社)原画展 

会期: 5/16(木)~5/30(日)※期間中無休

場所: ブックハウスカフェギャラリー (左奥の個室)

営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00)※最終日は17時まで

※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。

☆入場無料

いしいつとむさん在廊日:5月16日(木)・5月26日(日)両日とも、午後の時間

ぜひ、いしいつとむさんに会いにいらしてください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪オープニングイベント

・・・・・・・・・・・・・・・・

トークショー

金太とは誰かその秘密に迫る!

出演:いしいつとむさん/野上暁さん/堀切リエさん

 

♪まさかりかついだ金太郎~♪

この歌を、(うっすらとでも)ご存知の方、非常に多いと思いますが、さて、金太郎の物語の方は、みなさま、はっきりと覚えていらっしゃるでしょうか?桃太郎や浦島太郎に比して、金太郎の伝説はちょっぴり曖昧ではありませんか?

「気はやさしくて力持ち。みんなが知っている金太郎のお話」は、どのようにして生まれたのかを、野上暁さん、堀切リエさんの膨大な知識の中から、分かりやすく、そして深く、お話いただきます。

『きんたろう』画家のいしいつとむさんのおはなしも合わせてお楽しみください。

非常に貴重な機会です。ふるってご参加ください。

 ++++++++++

【内容】

オープニング きんたろう電子紙芝居

第1部:金太郎絵本の変遷   *野上 暁(子どもの本研究家)

江戸時代の赤本から現代まで、様々に描かれた金太郎絵本の歴史を画像で紹介します。

第2部:金太郎誕生の秘密   *堀切リエ(作家)

金太郎の物語誕生の秘密をさかのぼり、伝説とは何か、ヤマンバ、鬼、金太郎とは誰かを探る旅へ招待します。

第3部:絵本「きんたろう」を描いて  *いしいつとむ(画家)

日本の伝説シリーズ「はやたろう」「きつねの童子」「きんたろう」の3冊を描いた画家のスペシャルトークです。

 ++++++++++

□日時: 5月16日(木)1830203018:15開場)終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました登壇者の著作に限らせていただきます。)

□出演: いしいつとむさん(画家)、野上暁さん(子どもの本研究家)、堀切リエさん(作家)

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□参加費: ¥1,000
予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)

※メールでご予約の際は「件名」に「5/16 きんたろうトーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。

  ++++++++++

・・・・・・・・・・・・・・・・

♪おはなし会もあります

・・・・・・・・・・・・・・・・

おはなし会

絵本『きんたろう』の作者・いしいつとむさんたちの読み語り

日本の伝説『はやたろう』『きつねの童子 安倍晴明伝』『きんたろう』3冊の読み語りを行います。

なかなか聞く機会は珍しいお話ばかり。ぜひ、ふるってご参加ください。

□日時: 5月26日(日)14:00〜 

□読み語り: いしいつとむさん(画家)ほか

□場所: ブックハウスカフェ

 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
□内容: 日本の伝説『はやたろう』『きつねの童子 安倍晴明伝』『きんたろう』3冊の読み語り

□無料・ご予約不要です。お気軽にどうぞ! 

516日(木)午後と519日(日)の午後は、著者のサイン会もあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

5月
30
鵜会 第2回「万葉集」
5月 30 @ 7:00 PM – 8:30 PM

 

 

鵜会 第2回「万葉集」

「令和」がいよいよ始まりました。この新元号の典拠になったのが「万葉集」です。

四半世紀にわたって読売新聞の書評面にかかわってきた鵜飼哲夫さんによる読書講座。第2回は、この話題の古典の面白さ、歴史的意義を縦横に語って頂きます。

古典だからといっておそれることはありません。万(よろず)の人の言の葉である詩華を集めた万葉集は、リズムもよく親しみやすい歌も多いからです。

鵜飼さんは、新元号の考案者と有力視されている中西進さんに単独インタビューされています。第ニ回鵜会では、新聞で報じた内容をもとに、新元号と万葉集のかかわりについてもお話し頂きます。

「新元号が、より親しみやすくなる文学講座にします!(鵜飼さん談)」

楽しみですね、皆さまのご参加をお待ちしています〜♪



≪著者略歴≫

 うかい・てつお 1959年名古屋市生まれ。中央大学法学部卒。1983年読売新聞東京本社入社。91年から文化部。文芸と書評面を長年担当し、現在は編集委員。著書に「芥川賞の謎を解く 全選評完全読破」(文春新書)、「三つの空白 太宰治の誕生」(白水社)。現在、夕刊で、解剖学者・養老孟司、漫画家ヤマザキマリ、作家・村田沙耶香さんらにインタビューする企画「ああ言えばこう聞く」を連載中(毎月第2、第4火曜日掲載)。


―――――――――――――――――――――――
【日時 】
5月30日(木)7時〜8時半

【会費】
1000円

【出演者】

講師 :鵜飼哲夫(読売新聞編集委員)
聞き手 :前田一聖(小学館)


☆鵜会はトーク終了後に、懇親会の席を設けています。鵜飼さんを囲み、話し足りない雑感など自由に話せる時間です。お気軽にご参加下さいませ!


【懇親会】
時間:8時半〜10時
会費:1500円(サンドイッチ、お菓子、お飲み物つき)


【予約】
店頭・TEL・メールにて
TEL : 03-6261-6177
メール : yoyaku@bookhousecafe.jp
※メールでのご予約の際は、件名に「5/30 鵜会」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・参加人数・懇親会の参加の可否」をお知らせください。

 

【会場】
ブックハウスカフェ
千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F (アクセスはこちら

5月
31
澤口たまみさん 宮澤賢治 朗誦伴奏「蛙のゴム靴」
5月 31 @ 7:00 PM – 8:15 PM

『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ著・夕書房刊)

 

 

エッセイスト・絵本作家 澤口たまみさんイベント

宮澤賢治 朗誦伴奏

「蛙のゴム靴」

 

賢治さんの後輩として、岩手の自然を見 てきたエッセイスト、絵本作家の澤口たまみさんが、

賢治作品を音楽にのせて朗読したのち、ご来場の皆さんとトーク、

賢治作品の解説や、作中に描かれる岩手の自然、生きものについて、おはなしします 。

朗誦伴奏とは、朗読に即興で音楽を添えてゆくことで、賢治自身が望んでいた朗読方法でした。

ふるってご参加ください。

 

☆朗誦伴奏 今後のスケジュール☆

 7月18日  8月30日  10月15日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

エッセイスト・絵本作家 澤口たまみさんイベント

宮澤賢治おはなし会 朗誦伴奏「蛙のゴム靴

□日時: 2019/5/31(金) 19:00~20:15(18:45開場)※終了後サイン会あります。

□おはなし: 澤口たまみさん(エッセイスト・絵本作家)

□演奏: 石澤由男さん(ベーシスト)

□ゲスト: 永井麻子さん(フリーアクター) ※「どんぐりと山猫」を読まれる予定です。

□参加費:2,000円

□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「5/31 澤口たまみさんイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。

□場所: ブックハウスカフェ

〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら
☆今後のスケジュールもお知らせいたします。ふるってご参加ください!(実施時間、参加費、予約などはすべて同じです)
7月19日 
8月30日 
10月15日

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出演者プロフィール

 

おはなし: 澤口たまみ(さわぐち・たまみ)さん(エッセイスト・絵本作家)

 

1960年、岩手県盛岡市生まれ。高校、大学と宮澤賢治の後輩としてすごす。

虫や自然についてのテキストを書くとともに、宮澤賢治の自然の言葉を読み解くことを続けている。主に福音館書店の「ちいさなかがくのとも」「かがくのとも」で、絵本のテキストを数多く手がける。

1990年、初めてのエッセイ集『虫のつぶやき聞こえたよ』(白水社)で、第38回日本エッセイストクラブ賞、2017年、『わたしのこねこ』(絵・あずみ虫、福音館書店)で第64回産経児童出版文化賞美術賞を受ける。

『新版 宮澤賢治 愛のうた』(夕書房)で宮澤賢治の相思相愛の恋を開封している。

演奏: 石澤由男(いしざわ・よしお)さん(ベーシスト)

1949年、岩手県北上市生まれ。

大学在学中の1970年代よりプロとして演奏活動を開始。

テレビは「徹子の部屋」「三時のあなた」「八時だよ!全員集合」「11PM」などの番組でベースを弾く。ステージではジョージ川口、菅野邦彦との共演をはじめ、海外ミュージシャンとの共演、米国での演奏経験も豊富。サントリーホールなどでシンフォニーオーケストラと共演するなど、その演奏ジャンルは多彩である。

現在はハーモニカの第一人者・八木のぶお、元RCサクセションのドラム・新井田耕造、パーカッションのコスマス・カピッツァと組むバンド「四輪車」のリーダーとして活動するほか、宮澤賢治の恋を開封する「百年の謎解きコンサート」で、ウッドベースによる即興演奏を担当している。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

6月
2
奏でる絵本~都会の隅の愛の魔法~
6月 2 @ 2:00 PM – 3:00 PM


奏でる絵本~都会の隅の愛の魔法~
 
 
絵本の朗読とオリジナル音楽による
大人のための「朗読演奏会」、
おかげ様で第4回目の開催となりました。
 
今回のテーマは「愛」。
4つの絵本に描かれる、さまざまな愛の形。
「愛って一体なんなんだろう?」
その答えは絵本が教えてくれるかも…
全ての愛へ感謝を込めて、
そして誰かの心が温まることを願って、
お送りいたします!

 

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【日程】
2019年6月2日(日)13:30開場/14:00開演
 
【参加費】
¥2,500
 
【会場】
神保町 ブックハウスカフェ 2階「ひふみ座」
(アクセスはこちら
 
【演者】
朗読:渡辺みみこ 音楽:柳川侑那
 
【予約・お問い合わせ】
mahou.yoyaku@gmail.com
6月
4
畠山重篤さん『牡蠣の森と生きる 「森は海の恋人」の30年』出版記念トークイベント
6月 4 @ 7:00 PM – 8:30 PM

 

〈畠山重篤さんの出版記念トークイベント〉
 
 漁師が山に木を植え、海を豊かにする活動「森は海の恋人」を宮城県・気仙沼の牡蠣養殖家、畠山重篤さん(75歳)が始めてから今年でちょうど30周年を迎えます。この牡蠣じいさんの初の半生記『牡蠣の森と生きる 「森は海の恋人」の30年』(中央公論新社、1300円+税)の出版を記念して、6月4日(火)に出版記念のトーク会を開きます。
 
ウサギや野鳥が友だちだった幼少期。父の仕事を継いで養殖に励んだ若き日々、森に目を向けるきっかけとなったフランスへの旅。そして、すべてを津波が押し流した東日本大震災。そして、復興に向けた懸命な日々ーー。
本書は、読売新聞朝刊に昨年12月から36回連載され、大反響を呼んだ「時代の証言者 森は海の恋人」(聞き手・読売新聞編集委員 鵜飼哲夫)の書籍化で、第2部には畠山さんが教科書や雑誌などに執筆したこの30年の名エッセイも収録しています。
 
 
【畠山重篤さんの略歴】
1943年生まれ。牡蠣養殖家。京都大学フィールド科学教育センター社会連携教授。特定非営利法人「森は海の恋人」理事長。著書に『森は海の恋人』『漁師さんの森づくり』(産経児童出版文化賞)、『日本〈汽水〉紀行』(日本エッセイストクラブ賞)、『牡蠣礼賛』『鉄は魔法つかい』『人の心に木を植える』など。
 
 
進行・聞き手:鵜飼哲夫(読売新聞編集委員)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【トークイベント】
 
日時:6月4日(火)19:00~20:30
 
会費:2,000円(本代を含む)
 
場所:神保町ブックハウスカフェ
千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F 
(アクセス https://www.bookhousecafe.jp/shop/#access)
*地下鉄半蔵門線、都営新宿線 A1出口を出て右に30秒
神保町交差点から靖国通り左側を専大交差点方面に150m
 
予約:店頭・電話・メールにて
電話 03-6261-6177
メール yoyaku@bookhousecafe.jp
※メールでのご予約の際は、件名に「6/4 畠山重篤さんトーク」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・参加人数」をお知らせください。
6月
5
ひさよの大人の絵本講座 第3回「ちょっと怖いマザーグース」
6月 5 @ 10:00 AM – 12:00 PM

ひさよの大人の絵本講座


渡辺尚代さんを講師にお迎えしてお届けする、大人のための絵本講座を開催いたします。
今回のテーマは「ちょっと怖いマザーグース」。
楽しいメロディーにひそんでいるちょっと恐ろしい話についてお話していただきます。
絵本の翻訳を手がけられたり、児童文学研家としても知られる渡辺さんの絵本の読み方を、ぜひお楽しみください。

毎月開催を予定しておりますので、初めての方、前回ご参加いただいた方、皆さまのお越しをお待ちしております!
イベントの後にはランチ会もございます。渡辺さんや他の参加者の方とゆったりと交流していただけますので、ぜひそちらもご参加ください。



【講師プロフィール】

渡辺尚代

絵本翻訳。児童文学研究家。

ブライアンワイルドスミス「お月さまのおさんぽ」

キーピング「たそがれえきの人びと」など。

子どもたちに40年以上お話の世界を伝えてきた。

品川、大田、目黒区などを中心に全国で講座、講演会を開催。




〈ひさよの大人の絵本講座 年間の予定〉

☆どの回も10:00~12:00、参加費¥2,000

※予定は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
① 3/6(水)「昔話って奥が深い」

② 4/3(水)「おかあさんだいすき」

③ 5/8(水)「絵本は文学の入り口」

④ 6/5(水) 「ちょっと怖いマザーグーズ」

⑤ 7/3(水)「世界の昔話にある普遍性」

⑥日程未定「星座から知るギリシア神話」

⑦ 9/4(水) 「乗り物、動物たち、大活躍!」

⑧ 10/2(水)  「絵本の黄金時代を築いた作家たち」

⑨ 11/6(水) 「子どもに一番近い大人、センダック」

⑩ 12/4(水) 「クリスマス特集」

⑪ 1/8(水) 「冬・雪にちなんで『詩』を味わう」

⑫ 2/5(水) 「絵本、そしてファンタジー物語へ」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】

6月5日(水)10:00~12:00(開場 9:45)
イベント終了後にランチ会もあります。(12:00~13:30)

【参加費】

2000円(飲み物付)
イベント終了後のランチ会、別途¥1000
(サンドイッチとコーヒー・紅茶のセルフサービス)

【申込み】

ブックハウスカフェの店頭・電話・メールにて受付中

電話:03-6261-6177

メール:yoyaku@bookhousecafe.jp

※メールでご予約の際は「件名」に「6/5 ひさよの絵本講座」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数・ランチ会出席の有無をご記載ください。

【会場】

ブックハウスカフェ

千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F 

(アクセスはこちら

翻訳者のためのコミュニティサロン「洋書の森」 “おしゃべりサロン”のご案内
6月 5 @ 2:00 PM – 4:00 PM

 

翻訳者のためのコミュニティサロン「洋書の森」
“おしゃべりサロン”のご案内

翻訳者のためのコミュニティサロン「洋書の森」では、毎月第1水曜日(1、5月は第2)14:00-16:00にブックハウスカフェソファスペースで、“おしゃべりサロン”を開催しています。

現役翻訳者さんもタマゴさんも、編集者さんやエージェンシーさん、書店さんや読者さんなど、翻訳に関心をおもちの方ならどなたでもご参加いただけます。

テーマは特に設けず、お悩み相談に乗ったり、レジュメにそこそこベテラン(?)のスタッフがアドバイスしたり、翻訳談義をしたりしています。事前予約不要。

※カフェスペースですので、必ずカフェのご注文をお願いいたします。

お気軽にお立ち寄りください。


:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~*:,_,:*~ ,:


■開催予定日 3月6日、4月3日、5月8日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日
■会場 「ブックハウスカフェ」ソファスペース https://www.bookhousecafe.jp/
■お問い合わせ先/QRコード https://www.facebook.com/youshonomori/
■関連リンク先 blog https://blog.goo.ne.jp/youshonomori
Twitter https://twitter.com/youshonomori
■お問い合わせ先:youshonomori@gmail.com
※「おしゃべりサロン」スタッフ主催のため、お問い合わせは、ブックハウスカフェではなく、洋書の森さんへお願いいたします。