イベントevent calender

7
全日
牛窪良太さん「ペンギンホテル(アリス館)」 小さな小さな原画展
牛窪良太さん「ペンギンホテル(アリス館)」 小さな小さな原画展
12月 7 全日
牛窪良太さん「ペンギンホテル(アリス館)」 小さな小さな原画展
  牛窪良太さん 「ペンギンホテル」(アリス館) 小さな小さな原画展 牛窪さんの素敵な原画の展示と、サイン本販売のフェアを開催いたします。 この季節にぴったりの美しい原画を、ぜひ直接ご覧ください。 牛窪良太さんフェア☆ □会期: 2018年11月27日(火)~12月12日(水)(会期中無休) □営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) □場所:ディスプレイウィンドウ(入り口すぐ左手の棚) ☆入場無料 サイン本販売いたします! ++++++++++++++++ □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ 牛窪良太(うしくぼ・りょうた)さんプロフィール 大阪で生まれ東京で育つ。 桑沢デザイン研究所卒業。 第21回講談社絵本新人賞受賞。 著書に「ガボンバのバット」(講談社)、「ポッチのかんがえてること」「おすしのうた」(教育画劇)、「おさるのれっしゃ」(アリス館)、「まちあわせは木のところ」(白泉社)がある。 色鉛筆はカッターでコリコリと削る派。 ++++++++++++++++ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
1:00 PM 世界KAMISHIBAIの日を楽しもう!
世界KAMISHIBAIの日を楽しもう!
12月 7 @ 1:00 PM – 6:00 PM
世界KAMISHIBAIの日を楽しもう!
12月7日は世界KAMISHIBAIの日です! 世界中で紙芝居を演じる世界KAMISHIBAIの日に、 一緒に紙芝居の世界を楽しみませんか? 紙芝居の実演や、紙芝居に挑戦できる様々なプログラムもご用意しております! 他にも、展示物や紙芝居の販売など、一日を通してお楽しみいただける内容です! ご予約不要なので、お好きなタイミングにお気軽にお越しください♪ 【プログラム】 13:00- 紙芝居を世界の言葉で楽しもう!     …英語、中国語、オランダ語、モンゴル語、アラビア語など  14:00- 紙芝居で世界をめぐる (世界の民話を紙芝居で)     …日本、中国、韓国、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカなど 15:00- 紙芝居にチャレンジ!     …飛び入り歓迎の時間もあります  17:00- 紙芝居で世界に平和を 【展示】 さまざまな言語になった紙芝居をご覧ください     …英語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語など ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 日 時:2018年12月7日(金)13:00〜18:00 会 場:ブックハウスカフェ(地下鉄 神保町駅A1出口右1分)     東京都千代田区 神田神保町2丁目5 北沢ビル1F      TEL:03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp 参加方法:予約不要 (直接会場にお越しください。出入り自由です。) 参加費:無料 (カフェスペースでの開催になりますので、必ずワンドリンク以上ご注文ください) 主催 紙芝居文化の会 〒181-0001 東京都三鷹市井の頭3-32-15-1F 寺小屋内 TEL/FAX: 0422-49-8990、E-mail: kamishibai@ybb.ne.jp
7:00 PM 連続トーク『難民になったねこ クンクーシュ』出版記念「難民問題と私たち」
連続トーク『難民になったねこ クンクーシュ』出版記念「難民問題と私たち」
12月 7 @ 7:00 PM – 8:30 PM
連続トーク『難民になったねこ クンクーシュ』出版記念「難民問題と私たち」
    『難民になったねこ クンクーシュ』出版記念 連続トーク 難民問題と私たち 『難民になったねこ クンクーシュ』(かもがわ出版)の刊行を記念し、 今、世界が解決を迫られる喫緊の課題、難民問題をテーマに、連続トークを企画いたしました。 本書の翻訳を担当した中井はるのさんをインタビュアーに、 多彩な顔ぶれのゲスト4人をお招きいたします。 ひとりの市民として、子どもたちとともに学ぶ教師や司書さんのお立場から、 本づくりの現場からなど、難民問題への多様なご関心にお応えしたいと思います。   『難民になったねこ クンクーシュ』 文:マイン・ヴェンチューラ/絵:ベディ・グオ/監修:ヤズミン・サイキア  訳:中井はるの/出版:かもがわ出版 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪連続トーク 共通事項≫ ■時 間: 19:00~20:30(開場18:30・その後サイン会) ■参加費: ¥1,500 ■予 約: 要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 『クンクーシュ』トークイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 ■場 所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ■協 力: かもがわ出版 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ≪プログラム(予定)≫ 第1回 10月17日(水) 「つくり手が語る――出会いとつながりを本に込める」 ゲスト: 桂川 潤さん(装丁家・イラストレーター) インタビュアー: 中井はるのさん(翻訳家) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第2回 11月1日(木) 「難民問題――私たちにできること」 ゲスト: 守屋由紀さん(国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 広報官) インタビュアー: 中井はるのさん(翻訳家) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第3回 11月20日(火) 「2018 世界子ども救援キャンペーン イラク取材報告」 ゲスト: 千脇康平さん(毎日新聞大阪本社社会部 記者・連載「暴虐の傷痕 イラク・IS後」執筆) インタビュアー: 中井はるのさん(翻訳家) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第4回 12月7日(金) 「猫と難民家族 絆と支援を考える」 ゲスト: 大塚敦子さん(フォトジャーナリスト・写真絵本作家) インタビュアー: 中井はるのさん(翻訳家) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ プロフィール 【インタビュアー】 中井はるのさん 翻訳家。東京都在住。子どもの誕生をきかっけに、児童書の世界に入る。『木の葉のホームワーク』(講談社)で第60回産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞。『ちっちゃなサリーはみていたよ』(岩崎書店)、『ワンダー 』『もうひとつのワンダー』『365日のワンダー』(ほるぷ出版)など、児童書・絵本の翻訳多数。       【ゲスト】 第1回 桂川 潤さん 装丁家、イラストレーター。1958年東京生まれ。 佐藤正午『月の満ち欠け』『吉村昭歴史小説集成』(岩波書店)等、人文書・文芸書の装丁を主に手がける。著書に『装丁、あれこれ』(彩流社)、『本は物である――装丁という仕事』(新曜社)、共著書に『本は、これから』(池澤夏樹編/岩波新書)など。       第2回 守屋由紀さん 国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 広報官。2007年より現職。世界の難民・避難民などへの理解を促し、UNHCRの活動を日本に紹介することに従事。東京を拠点に、アフリカやアジアなど16か国の現場を訪問、直近の訪問地はバングラデシュ。Webマガジン「Agenda note(アジェンダノート)」に「国連難民高等弁務官事務所の広報日記」を連載中。     第3回 千脇康平さん 毎日新聞大阪本社社会部 記者。連載「暴虐の傷痕 イラク・IS後」執筆。 2008年入社。地方支局勤務を経て2013 年から現職。管理不全マンションの調査報道などを担当し、2018年8月にイラクへ。モスル旧市街や大勢のヤジディー教徒が避難するドホーク県などを1か月かけてまわり、現地の声を伝えている。3歳になる息子がいる。       第4回 大塚敦子さん フォトジャーナリスト・写真絵本作家。パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争の取材を経て、死と向きあう人びとの生き方や人と動物との絆について執筆。『さよなら エルマおばあさん』(小学館)で2001年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞受賞。『平和の種をまく』(岩崎書店)、『地雷のない世界へ』(講談社)、『いつか帰りたい ぼくのふるさと 福島第一原発20キロ圏内から来たねこ』(小学館)など著書多数。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。