イベントevent calender

19
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
7:00 PM ハリエット・ヴァン・レークさん、野坂悦子さんを囲んで ~『レナレナ』復刊記念!みんなで「レナレナ」しませんか?~
ハリエット・ヴァン・レークさん、野坂悦子さんを囲んで ~『レナレナ』復刊記念!みんなで「レナレナ」しませんか?~
7月 19 @ 7:00 PM – 9:00 PM
ハリエット・ヴァン・レークさん、野坂悦子さんを囲んで ~『レナレナ』復刊記念!みんなで「レナレナ」しませんか?~
『レナレナ』 (ハリエット・ヴァン・レーク:作/野坂悦子:訳/朔北社) 主人公のレナレナは、好奇心のつよい女の子。身のまわりで起こるできごとに、つい夢中になってしまいます。 ぐうぜんに出会ったものも、みんなレナレナの友達。 ミミズ、チョコレート、草、古いサングラス…。自分のかみの毛だって遊び相手にしてしまうのです。 私は突拍子もない、好奇心旺盛なレナレナが大好きです♪ みなさんも、レナレナの日常をぜひ、垣間見て、楽しんでみませんか? もしレナレナと共感できるところがあったアナタ、ぜひ友だちになりましょう!   +++++++++++++++++++++ 30年前に出版された野坂悦子さんの初翻訳本、ハリエット・ヴァン・レーク作、幻のオランダ絵本『レナレナ』が、装いを新たに7月中旬に朔北社から復刊します! 著者のハリエット・ヴァン・レークさんが来日され、なんとブックハウスカフェでイベントを開催いたします! 非常に貴重な機会です!ぜひお見逃しなく!ふるってご参加ください。 +++++++++++++++++++++   ハリエット・ヴァン・レークさん、野坂悦子さんを囲んで 『レナレナ』復刊記念! みんなで「レナレナ」しませんか? 30年前に出版されユニークな輝きを放った幻のオランダ絵本『レナレナ』の復刊を記念して、参加型の楽しいおはなし会を開催します!   +++++++++++++++++++++ ハリエット・ヴァン・レークさん、野坂悦子さんを囲んで 『レナレナ』復刊記念! みんなで「レナレナ」しませんか?   □日時: 7月19日(金)19:00~約90分(本編終了後に、質問タイム) (開場18:45) ※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました登壇者の著作に限らせていただきます) □出演: ハリエット・ヴァン・レークさん(オランダの絵本作家)/野坂悦子さん(翻訳家・作家・通訳) □内容: ハリエットさんと野坂さんのトーク(30年前のレナレナの制作秘話など)/絵本朗読/みんなのレナレナ体験を書いてみよう/質問タイムなど □参加費: ¥1,800(ちいさなお土産つき) ☆なんと!『レナレナ』(¥1,620)と参加費がセットになったお得な¥3,000もご用意しております!こちらが断然オススメ! □予約: 要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「7/19 レナレナイベント」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++ <著者プロフィール> 作 ハリエット・ヴァン・レークさん 1957年、オランダのライデン郊外に生まれる。 金の石筆賞を受賞したデビュー作『レナレナ』は、新しい感覚の絵本として日本でも注目を浴びた。 人形劇団をつくって各地を回っていたこともある。 長年、ズウォレ市の美術大学でイラストレーションを教えている。 数年に一度のペースで絵本を発表し、『アルファベット・スープ』(仮題、未邦訳)で、2016年金の絵筆賞を受賞。 2019年にはボローニャ・ブックフェアのイラストレーター展で国際審査員をつとめた。邦訳に『ボッケ』(朔北社)がある。 訳 野坂悦子(のざか・えつこ)さん 1959年、東京に生まれる。 1989年にオランダ語翻訳者として『レナレナ』でデビュー。30年ぶりの本書の復刊を心から喜んでいる。 主な訳書に『フランダースの犬』(岩波書店)、『第八森の子どもたち』(福音館書店)、『100時間の夜』(フレーベル館)、『ペピーノ』『10ぴきのいたずらねこ』『ちいさなへいたい』『ミスターオレンジ』「ケープドリ」シリーズ(以上、朔北社)など。 『ようこそロイドホテルへ』(玉川大学出版部)や紙芝居『やさしいまものバッパー』(童心社)の創作もある。 ☆今回の来日は、オランダ文学財団の助成を受けて実現しました。 ++++++++++++++ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
7:00 PM バレエカレッジ第9回 「大好評のスペシャル指揮者対談Part4」
バレエカレッジ第9回 「大好評のスペシャル指揮者対談Part4」
7月 19 @ 7:00 PM – 9:00 PM
バレエカレッジ第9回 「大好評のスペシャル指揮者対談Part4」
  バレエ指揮者として数々の名舞台を支えているマエストロ・井田勝大先生に、ピアノの生演奏や音源を聞きながら、バレエ音楽の聴きどころを教えていただく大人気講座。 第9回目は大好評のスペシャル指揮者対談Part4! 今回もバレエ指揮の第一人者、福田一雄先生を特別ゲストにお招きいたします。 そして福田先生を師と仰ぎ、かつ福田先生からの信頼も厚い我らがマエストロ・井田先生が、聞き手&解説をしながらわかりやすく講座を進めてくださいます。 テーマは前回に引き続き〈バレエとオペラ〉。 今回は「ドン・キホーテ」「海賊」といった”謎の多いバレエ作品”を、オペラとの比較から紐解いていただきます。 どちらも”舞台音楽”であるバレエとオペラ。 指揮者の立場から見ると、 ・オペラは歌い手(音楽家)に合わせる ・バレエの場合はダンサー(音楽家ではない)に合わせる 決定的な違いがあるといいます。 そこにはどんな”音楽的な違い”があるのかというポイントについて、指揮者の視点からお話しいただきます。 「海外の劇場には、オペラとバレエが同時に存在しているため、オペラの観客もバレエを観るし、バレエの観客もオペラを観る。 ところ日本では両者が非常に別々に捉えられがちで、ともするとバレエは”格下”に見られがちだし、バレエの観客もオペラとなると見ようとしないところがある。 しかし、両者は同じ総合芸術なのです」(福田先生) バレエをより深く楽しむには、オペラはぜひとも知っておきたい分野の一つ。 バレエも好きだしオペラも好きという方。 じつはオペラというものをまだ見たことがないという方。 もちろん、オペラは観るけどバレエは観たことがないという方も。 新鮮な驚きと学びに満ちた2時間に、ぜひご参加ください! *** ★日時★ 2019年7月19日(金)19:00~21:00 (開場 18:30) ★会場★ ブックハウスカフェ2階(「神保町駅」A1出口より徒歩1分) 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル ★講師★ 指揮者 井田勝大 (シアター オーケストラ トーキョー指揮者/エリザベト音楽大学講師) ★特別ゲスト★ 指揮者・作曲家 福田一雄 (シアター オーケストラ トーキョー音楽監督) ★定員★  60名(予定) ★受講料★  3,500円 ★お申し込み★  https://balletcollege-maestro9.peatix.com/ ★主催・お問合せ先★ 有限会社オン・ポワント ☎ 070-4035-1905(月~金 9:00~18:00) Email info@on-pointe.co.jp