イベントevent calender

26
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
2:00 PM ロシア人芸術家レオニート・チシコフ氏によるワークショップ「世界的アーティストといっしょに「おつきさま」のお話を作って絵を描こう!」
ロシア人芸術家レオニート・チシコフ氏によるワークショップ「世界的アーティストといっしょに「おつきさま」のお話を作って絵を描こう!」
7月 26 @ 2:00 PM – 4:00 PM
ロシア人芸術家レオニート・チシコフ氏によるワークショップ「世界的アーティストといっしょに「おつきさま」のお話を作って絵を描こう!」
『かぜをひいたおつきさま』(レオニート・チシコフ:作絵/鴻野わか菜:訳/徳間書店) ++++++++++++++++ 世界的アーティストといっしょに 「おつきさま」のお話を作って絵を描こう! ~ロシア人芸術家レオニート・チシコフ氏によるワークショップ~   夏休みの宿題に最適! ロシアを代表する世界的アーティストが、気さくにトーク&創作アドバイス! ++++++++++++++++ 【ワークショップ概要】 『かぜをひいたおつきさま』(鴻野わか菜訳・徳間書店刊)の作者であり、ロシアを代表する世界的アーティストのレオニート・チシコフ氏の、小学生向けワークショップを開催します。 チシコフ氏は、身近な素材を使ったオブジェなどで知られる芸術家。この絵本が生まれるきっかけとなったアート・プロジェクト「僕の月」を紹介した後、参加者に、月をイメージした自分だけの物語を考えて、絵で表現してもらいます。 ↑チシコフ氏の美しいアートの数々は、世界でも評判です。月をモチーフにした作品の美しさは息をのむほど。(写真中央は絵本の一ページ)   ↑チシコフ氏の日本でのワークショップ風景。写真右がレオニート・チシコフ氏、左が通訳の鴻野わか菜さん。   非常に貴重な機会となります。どうぞふるってご参加ください。 ☆なお、『かぜをひいたおつきさま』の原画をはじめ、チシコフ氏の作品を、市原湖畔美術館で開催される現代ロシア美術の展覧会(8月4日(日)~10月27日(日))で展示予定です。こちらもどうぞお楽しみに。   ++++++++++++++++ 世界的アーティストといっしょに「おつきさま」のお話を作って絵を描こう! ~ロシア人芸術家レオニート・チシコフ氏によるワークショップ~   □日時: 7月26日(金) 14:00~16:00(13:45開場)※終了後、サイン会あります。対象の本は当日ブックハウスカフェでご購入いただいたレオニート・チシコフさんの本に限らせていただきます。 □講師: レオニート・チシコフさん(アーティスト・イラストレーター) □通訳: 鴻野わか菜さん(翻訳者) □対象: 小学生以上 □内容: 月をイメージした自分だけの物語を考えて、絵で表現してみるワークショップ。ロシア語・日本語での絵本の朗読もお楽しみに。 □参加費: 500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「7/26 チシコフさんWS」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆プロフィール レオニート・チシコフさん 現代ロシア美術を代表するアーティスト、イラストレーター。1953年、ウラル山脈の村で生まれ、本と自然に囲まれて幼少期を過ごす。医大在学中に、ユーゴスラヴィアの国際風刺画コンテストで金賞を受賞し、画家となることを決意。やがて活躍の場を広げ、パンやマカロニ、古着、角砂糖などの身近な素材を使ったオブジェで知られるアーティストとなる。2003年からは、月のオブジェを世界各地で撮影するアート・プロジェクト「僕の月」にとりくんでおり、『かぜをひいたおつきさま』(徳間書店)は、このプロジェクトをきっかけに生まれた絵本。また、多数の児童文学に挿し絵も描いている。「いちはらアート☓ミックス2014, 2017」「瀬戸内国際芸術祭2019」にも参加。モスクワ在住。   鴻野わか菜(こうの・わかな)さん 東京外国語大学、東京大学大学院を経て、国立ロシア人文大学大学院で学ぶ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。NHKラジオ「まいにちロシア語」入門編講師(2019年度前期)。ロシア文学や美術を中心に研究をおこなっている。訳書に『かぜをひいたおつきさま』、共著書に『コマール&メラミッドの傑作を探して』『幻のロシア絵本 1920-30年代』(淡交社)、共訳書に沼野充義編著『イリヤ・カバコフの芸術』(五柳書院)など。 ++++++++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。