イベントevent calender

24
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
3:00 PM 【オンライン開催】絵本よろず相談室
【オンライン開催】絵本よろず相談室
9月 24 @ 3:00 PM – 8:15 PM
【オンライン開催】絵本よろず相談室
絵本作家を目指す人、お手製の絵本を自分で売ってみたい人、おはなしの種の探し方やダミー(試作本)の作り方、出版社への持ち込みなどなど、絵本制作に関するご質問やお悩みに、絵本の編集者と書店員の2つの視点からお答えする「絵本よろず相談室」。 新型コロナウイルス感染症が落ち着くまでの期間、ビデオ通話サービスZOOMを使ったオンライン相談で開催することになりました。ふだんはお店に来られない遠方にお住まいの方も、この機会にぜひご参加ください。 相談役は絵本編集者として活躍中の西山雅子さん。たくさんの絵本の出版に携わったご経験を持ち、様々な企画に携わったり、大学で講義を受け持たれるなど、幅広い知識を持つ編集者さんです。 相談室は基本的にお顔を見ながらの公開相談で、他の参加者のダミーやラフを見たり、回答を聞くのは自由とします。 ぜひ、他の方の絵本制作についての西山さんとのお話も、積極的に聞かれることをオススメします。 *お顔を出さずに音声通話による参加をご希望の場合は、その旨お知らせください。   【開催日時】  9月24日(木)15時~ ご予約順に おひとり30分 (18:00~18:30ころ交流会予定 ※任意参加です) *ご予約時間以外の途中参加、退席は自由です ・相談役: 西山雅子さん(絵本編集者) ・絵本の案内人: 茅野由紀(ブックハウスカフェ) ・参加費: 3,000円 *キャンセル待ちの方に限り、見学も受け付けます(参加費:1,500円) ★イベントご参加費の払い戻しはいたしません。予めご了承ください。 ・予約: 件名を「絵本よろず相談」として、下記の①~⑤を明記の上、 mail:  info@moon-compass.com  (月とコンパス 西山)までお送りください。 追って、お時間をお知らせします。 ①お名前 ②メール ③お電話番号 ④時間(第3希望まで書いてください・先着順) お申し込みの方に招待URLとパスワードをご案内いたします 14:45ー15:00 簡単に自己紹介・操作の説明 1、15:00ー15:30   2、15:35ー16:05  3、16:10ー16:40  4、16:45ー17:15  5、17:20ー17:50  18:00ー18:30 希望者のみ交流会 6、18:35ー19:05  7、19:10ー19:40  8、19:45ー20:15  ⑤相談内容 【作品のダミーや企画書について】 ・PDFやJPGなどデータ化して、お手元で画面共有をお願いいたします。 ・操作にご不安の方は、こちらで画面共有することも可能です。前日までにメール添付、ファイル便などで  info@moon-compass.com  (月とコンパス 西山)までお送りください。 ・データ化が難しければ、ご自身でカメラに向かって読み聞かせしていただくのでもOKです。 【ZOOMについて】 ・インターネットに接続できる環境であれば、無料でビデオ通話ができるサービスです。skypeのような事前のアカウント登録なども不要です。 ・初めてZOOMに参加する場合は招待URLをクリックすると、自動的にZOOMアプリのインストールがはじまります。前日までにインストールをお願いいたします。 ・スマホでのご利用も可能ですが、動画でのやり取りとなるので、それなりのデータ量が必要です。 ・Wi-Fiなど接続環境が安定していることが大切です。 ・お子さまや猫の乱入など大歓迎! ++++++++++++++ 今後、毎月第3木曜日に定期開催いたします。 ++++++++++++++ ©Yuki Nishimura 相談役/西山雅子(にしやま・まさこ) 美術雑誌、児童書出版社の編集職を経てフリーランスに。絵本の出版企画、編集、書評、作家インタビュー等で活動。手がけた絵本に『パパのぼり』『パパおふろ』(きくちちき)、『やさい ぺたぺた かくれんぼ』(松田奈那子)、『おかしなハロウィン』(ザ・キャビンカンパニー)、『きりの なかのサーカス』『1945シリーズ』(ブルーノ・ムナーリ作 谷川俊太郎/訳)など。著書に『さがして みつけて なんじゃこりゃ! まつり』(絵/中垣ゆたか ひさかたチャイルド)、編著書に『ひとり出版社という働きかた』(河出書房新社)がある。ブックレーべル「月とコンパス」代表。 ©uwabami 絵本案内人/茅野由紀(ちの・ゆき) ブックハウスカフェ店長。子どもの頃から本の虫で、本の話をし始めると止まらない。この道に入って早15年。絵本や児童書の裾野を広げる楽しいなにかをいつも探している。9歳の女の子と7歳の男の子をもつ「働くママ」でもある。現在、手作り絵本のマルシェなど、楽しいことを計画中。
7:00 PM 絵本づくりワークショップ ~京都の絵本屋きんだあらんどの挑戦~
絵本づくりワークショップ ~京都の絵本屋きんだあらんどの挑戦~
9月 24 @ 7:00 PM – 9:00 PM
絵本づくりワークショップ ~京都の絵本屋きんだあらんどの挑戦~
++++++++++++++ 100年読み継がれる絵本をつくる! 本気の絵本づくりワークショップ ~京都の絵本屋きんだあらんどの挑戦~   「100年残る絵本を一緒に創ってみませんか」 一過性で楽しまれる絵本ではなく、作者がいなくなった後々まで愛される絵本を作ってください。 最も厳しい絵本屋の視点と、最前線で物をつくる編集者の知識を通して、あなたの「一生の絵本」を作るお手伝いをいたします。 □講座の進め方: あらかじめ作品(絵本のダミー)を郵送していただき、それを各講師が読み込み、プロの目から様々な解説をします。全6回を通して「100年読み継がれる絵本」をつくるために、必要な構造や物語性に関して、助言、改良をくりかえし、一冊の絵本をブラッシュアップさせていきます。その内容を受講者全員で共有します。 □日程:(6回連続)  第1回: 2020年6月25日 第2回: 2020年7月30日 第3回: 2020年8月27日 第4回: 2020年9月24日 第5回: 2020年10月22日 第6回: 2020年11月26日 各日木曜日・19:00~21:00  □定員: 20名 □講師: 蓮岡修さん(絵本屋きんだあらんど・全6回)、細江幸世さん(編集者・全6回)、小林豊さん(絵本作家・第2回目)、太田大輔さん(絵本作家・第4回目) □参加費: ¥38,000(6回連続) □オプション受講: 各回5,000円※席に余裕がある場合のみ先着順にて。作品提出なしで聴講のみとなります。 □講座内容:  第1回: 応募のあった絵本の合評と解説(蓮岡修・細江幸世) 第2回: 【前半】講義「絵本の創作の現場ー作るということはー」(小林豊)【後半】応募のあった絵本の合評と解説(蓮岡修・細江幸世) 第3回: 応募のあった絵本の合評と解説(蓮岡修・細江幸世) 第4回: 【前半】講義「絵本の創作の現場ー作るということはー」(太田大輔)【後半】応募のあった絵本の合評と解説(蓮岡修・細江幸世) 第5回: 再提出された作品の合評(蓮岡修・細江幸世) 第6回: 作品の発表(蓮岡修・細江幸世) □申込みまでの流れ:  ①メールまたはお電話にてお申込みください。メールの場合、件名を「絵本づくりワークショップ申込み」とし、参加希望の講座〈A.作品講評またはB.オプション受講〉とお名前・お電話番号をご記入の上、kinderland.event@gmail.comまでお申込みください。 ②申込みの後、作品を4月30日までにきんだあらんどに提出作品を郵送ください。 ※3営業日以内に返信がない場合は、お手数ですが、電話にてご確認ください。 □提出作品について: 原画のカラーコピー5点以上、もしくはダミー絵本(15見開き32ページか12見開き24ページ)を郵送してください。※応募作品のご返却はいたしませんので、必ずコピー化プリントアウトしたものをお送りください。 □送り先・お問い合わせ先: 絵本屋きんだあらんど 〒606-8354 京都府京都市左京区頭町351 075-752-9275 kinderland.event@gmail.com http://kinderland-jp.com   ++++++++++++++ ★原画展、イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。