イベントevent calender

6
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
1:00 PM 【店頭&オンライン開催】『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』刊行記念 平田昌広さん平田景さん 読み聞かせトークライブ&サイン会
【店頭&オンライン開催】『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』刊行記念 平田昌広さん平田景さん 読み聞かせトークライブ&サイン会
9月 6 @ 1:00 PM – 3:30 PM
【店頭&オンライン開催】『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』刊行記念 平田昌広さん平田景さん 読み聞かせトークライブ&サイン会
『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』刊行記念 平田昌広さん 平田景さん  読み聞かせトークライブ&サイン会 『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』(新日本出版社)の刊行を記念して、読み聞かせトークライブ&サイン会を開催いたします。 「こくごまち」で起こった事件を、みんなで一緒に解決しよう! ことばあそびに挑戦できるコーナーもありますよ♪   □日時: 2020年9月6日(日)【第1回】13:00~ 【第2回】15:00~ (各回20分程度) □出演: 平田昌広さん 平田景さん(絵本作家) □定員: 各回限定10組(先着順)※1組2名様までとさせていただきます。 □参加費: 2,000円(絵本代1,650円+ドリンク付) □参加方法: 参加ご希望の方は、下記URLまたはQRコードから当店のオンラインショップにログインいただき、参加費をお支払いください。 https://bookhousecafe.stores.jp/items/5f073cf9ec8fd305c2b01585 □場所: ブックハウスカフェ2Fひふみ座 ※1F書店正面左脇の通路を直進し、階段かエレベーターで2Fへお越しください。 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F  TEL 03-6261-6177  www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口を出て右に30秒!) 【店舗でのご参加の皆様へのお願い】 ●発熱または咳などの自覚症状のある方は、ご遠慮ください。 検温のお願いをする場合がございますが、その際はご協力をお願いいたします。 ●会場内では、マスクをご持参の上、着用をお願いします。 ●イベント中に、ご気分の悪くなった方は必ずお申し出下さい。    ★ ★ ★オンライン配信(zoom)もあります★ ★ ★ イベント当日、平田昌広さん・平田景さんの「だらだらいぶ」をオンラインで配信します! □配信時間: 2020年9月6日(日)12:00~16:00(上記イベント中は、その模様を配信します) □参加費: 無料 □参加方法: 下記URLまたはQRコードへのアクセスでご参加いただけます。配信時間内にいつでもお好きなタイミングでご参加ください。 https://zoom.us/j/91880497961?pwd=WGVTZ0ZoWDkrRkFnWkhvNWlnREJYQT09 ミーティングID: 918 8049 7961 パスコード: 821157 配信をご覧いただき、当日15:00までに当店オンラインショップで『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』を購入いただいた方には、著者がその場(オンライン)でサインをいたします! 絵本の購入はこちら→ https://bookhousecafe.stores.jp/items/5f073d83ea3c9d49ec7eb948 『ことばたんていテンテン・マールをおえ』平田昌広/作 平田景/絵 新日本出版社 2020年8月発刊  ※予定は変更になる可能性がございます。 ※イベントご参加費の払い戻しはいたしません。予めご了承ください。 ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。 <著者プロフィール> 平田昌広(ひらた・まさひろ)さん 1969年神奈川県生まれ。作家。絵本画家の平田景と夫婦絵本作家として作品多数。ふたりで「メオトよみ」と称して、全国各地で絵本ライブを行っている。他の画家との共作や児童文学も数多く手がけている。 平田景(ひらた・けい)さん 1970年北海道生まれ。絵本画家。作家の平田昌広と夫婦絵本作家として、『ことばたんてい テンテン・マールをおえ』(2020年、新日本出版社)、『ぼくたちハダカデバネズミ』(2019年、汐文社)など作品多数。