イベントevent calender

9
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
7:00 PM 【店頭&オンライン開催】第7回鵜会「コロナ時代のシェイクスピア」 
【店頭&オンライン開催】第7回鵜会「コロナ時代のシェイクスピア」 
9月 9 @ 7:00 PM – 8:30 PM
【店頭&オンライン開催】第7回鵜会「コロナ時代のシェイクスピア」 
    第7回鵜会「コロナ時代のシェイクスピア」  ゲスト 河合祥一郎(東京大学教授)  ご案内 鵜飼哲夫(読売新聞編集委員)  鵜飼さんの読書講座「鵜会」の7回目は、ゲストに英文学者で東大教授の河合祥一郎さんをお招きし「コロナ時代のシェイクスピア」をテーマにお届けします。  今、なぜシェイクスピアなのかーー。 実は、劇聖とされる文豪は、ペストが流行した疫病の時代に「ハムレット」をはじめ名作を上演、「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」などの名言を残したからです。「明けない夜はない」との台詞で知られる1606年初演の「マクベス」は、疫病で劇場が何か月も封鎖される中で、生み出された名作です。 コロナ禍の収束の見えない不安な時代。日本のシェイクスピア研究第一人者である河合さんから、今こそ学ぶべき劇聖の精神を伺います。   【登壇者略歴】  かわい・しょういちろう ケンブリッジ大学と東京大学より博士号取得。著書に『ハムレットは太っていた!』(白水社、サントリー学芸賞受賞)ほか。シェイクスペア新訳を角川文庫より、児童文学新訳を角川つばさ文庫より刊行中。戯曲に『国盗人』ほか。Kawai Projectを主宰し、演出も手掛ける。 うかい・てつお 読売新聞夕刊に対談企画「ああ言えばこう聞く」を連載中。著書に『三つの空白 太宰治の誕生』(白水社)など。編著に 『芥川賞候補傑作選 戦前・戦中編』(春陽堂書店)。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【日時】  2020年9月9日(水)19時~20時半   【会費】   オンライン参加:1500円 (ZOOM使用) 店頭参加:1800円(ドリンク付き) ※風通しのよい会場で人数制限の上   【予約】  当店のオンラインショップへログインし、以下のURLから参加費をお支払いお願います。  (開催日の4日前まで受け付けいたします)  店舗・オンライン、どちらでのご参加の方にも、ご入金確認後、受付完了メールを4日以内にお送りいたします。  ★イベントご参加費の払い戻しはいたしません。予めご了承ください。    4日経ってもメールが届かない場合はお手数ですがお電話にてお問い合わせくださいませ。他にもご不明な点などございましたらブックハウスカフェへメールでお問合せください。  メール:yoyaku@bookhousecafe.jp  TEL:03-6261-6177    ●オンラインでのご参加の方(1500円)  https://bookhousecafe.stores.jp/items/5eef3d0cd26fa55b744b74e6 ご入金後、招待URLを4日以内にお送りいたします。  ※その際に、ZOOMの使用方法などもお伝えいたしますのでご安心ください。    ●店舗でのご参加の方(1800円)   https://bookhousecafe.stores.jp/items/5eef3cb90d5e3808cc52c39d 会場:ブックハウスカフェ   2F ※1F書店正面左脇の通路を直進し、階段かエレベーターで2Fへお越しください。 (アクセス:https://www.bookhousecafe.jp/shop/#access)     【店舗でのご参加の皆様へのお願い】  ●発熱または咳などの自覚症状のある方は、ご遠慮ください。  ※当日、検温のお願いをする場合がございますが、その際はご協力をお願いいたします。  ●会場内では、マスクをご持参の上、着用をお願いします。  ●イベント中に、ご気分の悪くなった方は必ずお申し出下さい。    ブックハウスカフェ  千代田区神田神保町2-5 北沢ビルI階