イベントevent calender

13 14 15 16 17 18 19
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
今: 10月 19 02:52 pm
10:00 AM ※中止※おはなしかこう! 絵本をつくろう! 10月のカコポン!
※中止※おはなしかこう! 絵本をつくろう! 10月のカコポン!
10月 13 @ 10:00 AM – 11:00 AM
※中止※おはなしかこう! 絵本をつくろう! 10月のカコポン!
  おはなしかこう! 絵本をつくろう! 10月のカコポン! こどもたちが、オリジナルのおはなしを作り、それを絵本に仕上げるワークショップです。 じっくりとりくんで、これだ!と思うものが書けたら、絵も描いて、絵本をつくります。 毎月第2日曜日、ブックハウスカフェの開店前の時間においでください。 静かな店内で、それぞれに作っていきます。 完成したら、カフェの棚に並べて、みんなに読んでもらいます! おはなしを作ってみたい大人の方も、どうぞ。 *個人的に質問のある方、じっくり取り組みたい方は、早めにお越しください。9時半から開場しています。 *基本的に毎月第2日曜日におこないます *つづけて参加して・・・おうちで書いても・・・と、じっくり書いていきます。書いたものを持ってきていただいても大丈夫です。 *個人のペースに合わせて、イベントを進めていきます。 *おはなしができたら、絵本にしあげます。 *「おはなしたんていじむしょ」を開設します。こまったら、いっしょに解決!(これまでの解決率100%!) *プロになる講座ではありませんので、おはなしを書いてみたい方はお気軽にご参加ください。 *時間内に完成しない場合でも、材料をお持ち帰りいただけます。 ファシリテーター/おおたにみねこ 「おはなしかこう ぶんぶんの時間」(2011年~。www.bunbunnojikan.com)主宰。『でんしゃがおうち レイルちゃん』(理論社)、『ねぐせうらない』(岩崎書店)、『方言どこどこ?』(福音館書店)など。「おてがみタイムズ」社主。 ------------------------------------------------------------- 【日時】2019年10月13日(日)10~11時(開場 9:30) →台風のため、中止とさせて頂きます。次回は11月10日(日)です 開店前の絵本屋さんで行いますので、開場時間の前にお越し頂くとお待たせする場合がございます。 【対象】ひとりで参加できる方 ★お付き添いはご遠慮いただいております。もしご家族でご参加の場合は、大人の方にもおはなしや絵本にご参加いただきます! 【参加費】こども(小学生以下)800円 / おとな1000円 【定員】10人 【場所】神保町ブックハウスカフェ 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1階 神保町駅A1出口を出て、右にすぐ! アクセス https://www.bookhousecafe.jp/shop/#access 【申込】店頭・電話・メールにて TEL : 03-6261-6177 メール : yoyaku@bookhousecafe.jp ※メールでのご予約の際は、件名に「10/13 カコポン」、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・参加人数(大人・子ども(学年))」をお知らせください。
2:00 PM ※開催延期※ 馬頭琴とカンテレとおはなしの時間
※開催延期※ 馬頭琴とカンテレとおはなしの時間
10月 13 @ 2:00 PM – 3:00 PM
※開催延期※ 馬頭琴とカンテレとおはなしの時間
【開催延期のご案内/こちらの10/13イベントは延期となりました。開催日につきましてのご案内は追ってさせていただきますので、ご了承いただけますと幸いです】 「馬頭琴とカンテレとおはなしの時間」 ++++++++++++++ 「スーホの白い馬」で知られるモンゴルの馬頭琴やフィンランドの五弦カンテレの演奏を中心に、 おはなしや歌のワークショップなど楽しい演目がいっぱい。日曜の午後に、心あたたまるひとときを。 ++++++++++ 誰もが知っているモンゴルのおはなし『スーホの白い馬』(大塚勇三再話・赤羽末吉画/福音館書店)。 覚えていますか? スーホが白い馬で作ったあの楽器が、「馬頭琴」です。 そして「カンテレ」は、フィンランドの叙事詩『カレワラ』に出てくる民族楽器です。   いつもとちょっと違う音楽の世界を、一緒に体験してみませんか? +++++++++++ □日時:10月13日(日)、12月8日(日)各日とも 14:00~15:00 □参加費:3歳以下無料・4歳~中学生 1,000円、高校生以上2,000円 □出演:野花南(嵯峨治彦[馬頭琴・喉歌]、嵯峨孝子[5弦カンテレ、朗読]) □予約方法: ブックハウスカフェ店頭(03-6261-6177/yoyaku@bookhousecafe.jp)        メールには必ず、件名に「10/13 馬頭琴イベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。  □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆登壇者プロフィール 野花南(のかなん) モンゴルの馬頭琴やフィンランドの五弦カンテレなど民族楽器の生演奏を、 世界各地の民話や詩の生き生きとした語りと緻密に融合させる独自のスタイルで全国各地で公演活動。 ライブでは伝統曲からポップスまで多岐にわたる音楽作品や、喉歌(一人二重唱)やウコウク(アイヌ民謡輪唱)のミニワークショップを交えるなど、 バラエティ豊かなプログラムも人気。ユニット名は北海道中央部の自然豊かな地域「野花南」にちなむ。 +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
2:00 PM かとうようこさんおはなし会~『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会~
かとうようこさんおはなし会~『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会~
10月 13 @ 2:00 PM – 2:30 PM
かとうようこさんおはなし会~『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会~
かとうようこさんおはなし会 薫くみこさんとかとうようこさんの「あかい電車シリーズ」最新刊 『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会 ++++++++++ かとうようこさんの『ぞぞぞぞでんしゃ』原画展開催期間中におはなし会を開催します。 秋の午後、「赤い電車シリーズ」の絵を担当したかとうようこさんが、ゆるっと絵本を読みます。どうぞのんびりと、ゆるやかな時間をお過ごしください。 〇 □日時:10月6日㈰、13日㈰、20日㈰ 14:00~(約30分) □参加費:無料※カフェでワンドリンクをご注文下さい □予約:不要 □場所: ブックハウスカフェ +++++++++++++++   かとうようこさん原画展2019  「ぞぞぞぞでんしゃ」絵本原画展 (作・薫くみこ/ひさかたチャイルド) ++++++++++++++ こんどのでんしゃは どこいく でんしゃ? いつもたのしい「あかいでんしゃ」がゆうやけひろばえきにやってきますよ。 今回は「あかいでんしゃ」シリーズ5作の中から、お気に入りの絵を選んで展示してくださいます。 シリーズ最新刊『ぞぞぞぞでんしゃ』の原画に加え、 既刊のお気に入りシーンをかとうさん自身で選んでくださいました。 どうぞおたのしみに! 〇 「「みんなでんしゃ」などに続く、あかいでんしゃシリーズの5作目です!店内のミニマンスリーギャラリーでは、小さな透明水彩のイラストも展示いたします(こちらは31日まで展示)。秋の神保町をお散歩がてら、どうぞ遊びにいらしてください。皆様のお越しを心よりお待ちしております」。かとうようこ 〇 □かとうようこさん在廊日:10月1日㈫、2日㈬、3日㈭、9日㈬、11日㈮、14日㈪、22日㈫ 15:00~18:00頃 □会期: 2019年 10月 1日㈫ ~ 10月22日㈫期間中無休 □場所: ブックハウスカフェ内右奥個室「こまどり」 □営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00)※初日は15:00から、最終日は17:00まで ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 ご来場お待ちしております!! ++++++++++++++ ☆同時開催☆ 10月マンスリーミニギャラリー ++++++++++++++ 10月のマンスリーミニギャラリーにもかとうようこさんが登場します! かわいらしい小さな透明水彩の原画を展示販売いたします。 こちらもお見逃しなく! □会期: 10/1(火)~10/31(木)※期間中無休 □場所: ブックハウスカフェ  □営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00) お早めにご来店ください! 〇  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F  TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++ 著者プロフィール かとうようこさん 絵本作家 詩と絵で綴る大人向けの「心の絵本」から絵本の世界に入り、児童書の創作活動へ。 作絵ともに手がけた絵本から、絵を担当した絵本、文章を担当した絵本など、様々な作品を出版。 幼児雑誌のお話やイラスト、カレンダーや紙芝居の脚本など手がける。 主な作品に「にじのしま…ずっとずっといっしょにいよう」 「ぜったいまもってあげるから…」「会いたくて、ただ、それだけで」(青心社)、 「ひとしずくのお話」(くもん出版)、「みてみて!」(ポプラ社)。 「コブタくんもう、なかないで」(金の星)、 「でっかいたまごとちっちゃいたまご」「びゅーん」(WAVE出版)、 「みんなでんしゃ」「ないしょでんしゃ」等のあかいでんしゃシリーズ、 「パンのふわふわちゃん」(ひさかたチャイルド)、 「チェリーひめのかくれんぼ」「チェリーひめのめいろだいぼうけん」(教育画劇)。 紙芝居脚本に、「あついひのおともだち」「わし、たわし!」「ニコニコピカピカ、ハ、ブラッシー」(童心社)、 「まじょかもしれない?」(岩崎書店)の挿絵など。 HP:katoyoko.net ★原画展、イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
2:00 PM かとうようこさんおはなし会~『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会~
かとうようこさんおはなし会~『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会~
10月 13 @ 2:00 PM – 2:30 PM
かとうようこさんおはなし会~『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会~
かとうようこさんおはなし会 薫くみこさんとかとうようこさんの「あかい電車シリーズ」最新刊 『ぞぞぞぞでんしゃ』刊行記念のゆるやかなお話会 ++++++++++ かとうようこさんの『ぞぞぞぞでんしゃ』原画展開催期間中におはなし会を開催します。 秋の午後、「赤い電車シリーズ」の絵を担当したかとうようこさんが、ゆるっと絵本を読みます。どうぞのんびりと、ゆるやかな時間をお過ごしください。 〇 □日時:10月6日㈰、13日㈰、20日㈰ 14:00~(約30分) □参加費:無料※カフェでワンドリンクをご注文下さい □予約:不要 □場所: ブックハウスカフェ +++++++++++++++   かとうようこさん原画展2019  「ぞぞぞぞでんしゃ」絵本原画展 (作・薫くみこ/ひさかたチャイルド) ++++++++++++++ こんどのでんしゃは どこいく でんしゃ? いつもたのしい「あかいでんしゃ」がゆうやけひろばえきにやってきますよ。 今回は「あかいでんしゃ」シリーズ5作の中から、お気に入りの絵を選んで展示してくださいます。 シリーズ最新刊『ぞぞぞぞでんしゃ』の原画に加え、 既刊のお気に入りシーンをかとうさん自身で選んでくださいました。 どうぞおたのしみに! 〇 「「みんなでんしゃ」などに続く、あかいでんしゃシリーズの5作目です!店内のミニマンスリーギャラリーでは、小さな透明水彩のイラストも展示いたします(こちらは31日まで展示)。秋の神保町をお散歩がてら、どうぞ遊びにいらしてください。皆様のお越しを心よりお待ちしております」。かとうようこ 〇 □かとうようこさん在廊日:10月1日㈫、2日㈬、3日㈭、9日㈬、11日㈮、14日㈪、22日㈫ 15:00~18:00頃 □会期: 2019年 10月 1日㈫ ~ 10月22日㈫期間中無休 □場所: ブックハウスカフェ内右奥個室「こまどり」 □営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00)※初日は15:00から、最終日は17:00まで ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 ご来場お待ちしております!! ++++++++++++++ ☆同時開催☆ 10月マンスリーミニギャラリー ++++++++++++++ 10月のマンスリーミニギャラリーにもかとうようこさんが登場します! かわいらしい小さな透明水彩の原画を展示販売いたします。 こちらもお見逃しなく! □会期: 10/1(火)~10/31(木)※期間中無休 □場所: ブックハウスカフェ  □営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00) お早めにご来店ください! 〇  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F  TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++ 著者プロフィール かとうようこさん 絵本作家 詩と絵で綴る大人向けの「心の絵本」から絵本の世界に入り、児童書の創作活動へ。 作絵ともに手がけた絵本から、絵を担当した絵本、文章を担当した絵本など、様々な作品を出版。 幼児雑誌のお話やイラスト、カレンダーや紙芝居の脚本など手がける。 主な作品に「にじのしま…ずっとずっといっしょにいよう」 「ぜったいまもってあげるから…」「会いたくて、ただ、それだけで」(青心社)、 「ひとしずくのお話」(くもん出版)、「みてみて!」(ポプラ社)。 「コブタくんもう、なかないで」(金の星)、 「でっかいたまごとちっちゃいたまご」「びゅーん」(WAVE出版)、 「みんなでんしゃ」「ないしょでんしゃ」等のあかいでんしゃシリーズ、 「パンのふわふわちゃん」(ひさかたチャイルド)、 「チェリーひめのかくれんぼ」「チェリーひめのめいろだいぼうけん」(教育画劇)。 紙芝居脚本に、「あついひのおともだち」「わし、たわし!」「ニコニコピカピカ、ハ、ブラッシー」(童心社)、 「まじょかもしれない?」(岩崎書店)の挿絵など。 HP:katoyoko.net ★原画展、イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
2:00 PM くせさなえさんとゆる~いお茶会~くせさなえさん絵本原画展 「絵本とあそび絵展」開催記念
くせさなえさんとゆる~いお茶会~くせさなえさん絵本原画展 「絵本とあそび絵展」開催記念
10月 13 @ 2:00 PM – 3:00 PM
くせさなえさんとゆる~いお茶会~くせさなえさん絵本原画展  「絵本とあそび絵展」開催記念
くせさなえさん原画展 「絵本とあそび絵展」 これまでに出版された絵本の中から、作者のくせさなえさんお気に入りの原画を中心に、 あそび絵と題して描き溜めた下書きなしの空想画の展示販売も致します。 東京では初の個展となります。 この機会にぜひ、会場へ足をお運びください! ++++++++++++++ くせさなえさん原画展 「絵本とあそび絵展」 ★特別原画プレゼント企画も致します!ぜひ会場でご応募くださいませ♪   会期: 2019年 10月 12日㈯ ~ 10月 22日㈫期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー (左奥のギャラリー) 営業時間:平日 11:00~21:00 (土日祝は~19:00)※最終日は14時まで ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 ご来場お待ちしております!! ++++++++++++++ ★特別原画プレゼント企画★ ++++++++++++++ くせさなえさんの絵本のキャラクターたちを集合させた特別原画を会場に展示し、 抽選で1名さまだけにプレゼントいたします! 応募用紙は会期中に会場へ設置いたします。みなさま、ぜひご応募くださいませ! ++++++++++ 原画展開催を記念して、イベントをなんと2本立てで開催いたします! +++++++++++ ①原画展開催記念 オープニングイベント☆ 「しゅわしゅわ村であそぼうよ♪」 □日時:10月12日㈯ 13:00~14:30 □参加無料 □ご予約不要 作者による絵本読み聞かせと、しゅわしゅわ村のDVDを見ながら簡単な手話をやってみよう。 ライブペイントもあるよ!   ②くせさなえさんとゆる~いお茶会☆ □日時:10月13日㈰ 14:00~15:00頃 □参加無料:カフェでお好きなドリンクをご注文下さい。 □予約:当日会場にて13:45から受付致します。(先着6名さま) 先着6名さま分のお席とくせさなえさん直筆絵カードのお土産をご用意してお待ちしています。 質問やサインなどお気軽にどうぞ~♪   □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F  TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++ 著者プロフィール くせさなえさん 1977年滋賀県生まれ。京都精華大学美術学部卒業。 テキスタイルデザイン会社勤務を経て、絵本制作に励む。 2010年第11回ピンポイント絵本コンペ入選に続き 『ぼくとおおはしくん』で第32回講談社絵本新人賞受賞。 2011年講談社より出版される。 他の絵本作品に『あかいボールをさがしています』(小学館)青山誠・文) 『ゆびたこ』(ポプラ社)『手話ではなそう』シリーズ(偕成社) 『だじゃれかえりみち』(PHP研究所)、挿絵の作品に 『ぐるぐる猿と歌う鳥』 加納朋子著(講談社)などがある。 ブログ/くせさなえ ★いろのあそびば★ http://chiisanae.blog.fc2.com/ ★原画展、イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
4:30 PM 【好評につき、追加講演決定!】子どもの本のいまを考える-感動物語の罠-トークセッション
【好評につき、追加講演決定!】子どもの本のいまを考える-感動物語の罠-トークセッション
10月 13 @ 4:30 PM – 6:30 PM
【好評につき、追加講演決定!】子どもの本のいまを考える-感動物語の罠-トークセッション
【好評につき、追加講演決定!】 子どもの本のいまを考える -感動物語の罠- 物語が自我や主体の形成に大きな影響を及ぼすことはよく知られています。 『日本児童文学』では2019年7-8月号で特集「感動物語の罠」を組み、「物語の巧妙なしかけ」と「この時代を真に主体的に生きるための手掛かり」を提示して、大きな反響を呼びました。 この問題提起を受けて、絵本や児童文学の研究および教育の専門家によるトークセッションを開催いたします。  今回のトークでは、絵本における母子像、グリーフケアと絵本、感傷が隠蔽する暴力の徴候、「読み聞かせ」の功罪、SNS時代のベストセラー現象と受容の実態などについて、会場のみなさまとともに考えたいと思います。 ☆この講演は、10/3に開催の同タイトルイベントと、内容は基本的に同様です。10/3の講演が早々に満員御礼となりましたため、追加講演ご希望の声を多数いただき急遽追加講演を決定いたしました。 +++++++++++++++   □日時: 10月13日(日)16:30~18:30(開場16:00) □登壇者: 藤木直実さん・神保和子さん・宮下美砂子さん・野上暁さん(司会) □参加費: 1500円 □予約: 要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「イベント名・日時」、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ++++++++++++++ □場所: ブックハウスカフェ www.bookhousecafe.jp  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++ ☆この講演は、10/3に開催の同タイトルイベントと、内容は基本的に同様です。10/3の講演が早々に満員御礼となりましたため、追加講演ご希望の声を多数いただき急遽追加講演を決定いたしました。   登壇者プロフィール   藤木直実(ふじき・なおみ) 大学教員、日本近現代文学・ジェンダー論専攻。論文・著書に「「母」を葬るために のぶみ『ママがおばけになっちゃった!』を読む」(『日本児童文学』2019.7-8)、『〈妊婦〉アート論 孕む身体を奪取する』(共編著、青弓社)などがある。   神保和子(じんぼう・かずこ)  子どもの本の家ちゅうりっぷ主宰。幼児教育学専攻。絵本学会・JBBY会員。幼稚園教諭、図書館司書、保育専門学校専任講師を経て、現在図書館運営会社に勤務。ブログ「みどりの緑陰日記」では絵本をめぐる情報を広く発信、講演活動も行っている。   宮下美砂子(みやした・みさこ)  短大教員。ジェンダーの視点を導入したいわさきちひろの研究で博士号を取得。現在出版準備中。代表的な論文に「いわさきちひろの画業の変遷を考える 同時代の「主婦・母親観」との関わりにおいて」(『総合女性史研究』32号)がある。   野上暁(のがみ・あきら)  本名・上野明雄。『小学一年生』編集長、小学館取締役、小学館クリエイティブ代表取締役社長などを歴任。現在、日本ペンクラブ常務理事、JBBY副会長、東京純心大学こども学科客員教授。著書に『子ども文化の現代史』ほか多数。   *『日本児童文学』2019年7-8月号特集の詳細についてはこちらをご覧ください。 http://jibunkyo.main.jp/index.php/organ/index https://www.komineshoten.co.jp/oshirase/info.php?id=722 *関連催事としてシンポジウムを企画しています(2019年12月1日開催予定)。詳細は下記HPにて告知いたします。詳細はこちら。  https://imgandgen.org ご参加お待ちしております。 ++++++++++++++               ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
11:30 AM 絵本読み語り&ワークショップ「風の神とこども・ハロウィンってなんのおまつり?の話&へんしんマスクをつくろう♪」
絵本読み語り&ワークショップ「風の神とこども・ハロウィンってなんのおまつり?の話&へんしんマスクをつくろう♪」
10月 14 @ 11:30 AM – 1:00 PM
絵本読み語り&ワークショップ「風の神とこども・ハロウィンってなんのおまつり?の話&へんしんマスクをつくろう♪」
『おはなしぎょうじのえほん』シリーズ(子どもの未来社)は、季節に添ったおはなしと、行事について由来から親しみ方まで未就学児さんにも分かりやすくご紹介したシリーズです。 こちらのシリーズから、(ほぼ)毎月、おはなしとワークショップをお楽しみいただく楽しい会を開催しております。ご予約不要・無料のイベントですので、ぜひお気軽にご参加ください。 『おはなし ぎょうじのえほん 秋 』 (文:堀切 リエ/イラスト:村田 エミコ・石井 勉・松田 シヅコ・河野 あさ子/子どもの未来社) 日本の伝統行事、季節の行事などをお子さま向けにご紹介している『おはなしぎょうじのえほん』シリーズから、季節にぴったりのお話の読み語りとワークショップを開催しています!   +++++++++++++++ 10月はこちら! +++++++++++++++ 10月の絵本の読み語り&ワークショップ 「風の神とこども・ハロウィンってなんのおまつり?の話&へんしんマスクをつくろう」 10月は実りの時期。 栗や柿がいろづく山へ行った子どもたちのお話と、ハロウィンってどんなおまつりかをお話しします。 ワークショップでは、ハロウィンにへんしんできる半仮面をつくります。   +++++++++++++++ 10月の絵本の読み語り&ワークショップ 「風の神とこども・ハロウィンってなんのおまつり?の話&へんしんマスクをつくろう」 □日時: 10月14日(月)①11:30〜/②12:30~(各回約30分) □出演: 堀切リエさん(『おはなしぎょうじのえほん』文)・松田志津子さん(『おはなしぎょうじのえほん』絵) □内容: 『おはなしぎょうじのえほん』から、10月のおはなし読み語り、へんしんマスク作りワークショップ (読み語り) ★10月のおはなしげきじょう「風の神とこども」/6分 ★10月のゆらいばなし「ハロウィンってなんのおまつり?」/4分 (へんしんマスクをつくろう) ★ハロウィンのへんしんマスクを作ります。 ★カボチャ、おばけ、ネコなどの中から好きなものを選んで、色をぬりましょう。 ★シールをはって、ゴムを通せばできあがり。ハロウィンにへんしんしてね。/10分くらい   □場所: ブックハウスカフェ(入り口付近で行う予定です)  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ☆参加費無料・ご予約不要です!小さなお友だちから、大人の方まで、お気軽にご参加ください。 +++++++++++++++ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
1:00 PM フランス語の歌、英語の歌、日本語の歌のライブ~ギターとグランドピアノのピュアな音色と共に~
フランス語の歌、英語の歌、日本語の歌のライブ~ギターとグランドピアノのピュアな音色と共に~
10月 14 @ 1:00 PM – 5:30 PM
フランス語の歌、英語の歌、日本語の歌のライブ~ギターとグランドピアノのピュアな音色と共に~
フランス語の歌、英語の歌、日本語の歌のライブを開催します。 ギターとグランドピアノのピュアな音色と共に、心の歌をお聴きください。 また、プランツプロデューサーユニット、tamiser(タミゼ)による、草木を入れたアーティスティックな空間をお楽しみください。 Vocal:Mika Piano:小池 春美 Guitar(Special Guest):佐藤 洋平 日時:2019年10月14日(月・祝)     1st 13:00~14:30(open 12:30)     2nd 16:00~17:30(open 15:30) 場所:Book House Cafe 2Fギャラリー《ひふみ座》 https://www.bookhousecafe.jp/ 曲目:La Vie en Rose(バラ色の人生)    Dis, quand reviendras-tu?     Hymne a l'amour(愛の讃歌)    糸     Your Song     A Song For You     Desperado    他 料金:3,000円(ワインなどのドリンクをご用意しております) 予約制:tranquillollc.musica@gmail.com または090-2413-1338までご連絡ください。 佐藤 洋平 ギタリスト/リスニング絵本作家 https://www.gt-yohei-sato.com/ tamiser(タミゼ) プランツプロデューサーである、宮﨑 慎子氏(C'est la vie 主宰)と森田 幸次氏(日々木 主宰)のコラボレーションユニット https://www.n-cestlavie.info/top http://www.garden-hibiki.com/   【会場】 ブックハウスカフェ ひふみ座 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル2F  (アクセス https://www.bookhousecafe.jp/shop/#access) ☎03-6261-6177 ※イベントについてのお問い合わせ、ご予約は、 tranquillollc.musica@gmail.comまたは090-2413-1338までお願いいたします。(ブックハウスカフェではありませんので、ご注意ください)  
4:00 PM 絵本作家4人で たまにはまじめに えほんトーク
絵本作家4人で たまにはまじめに えほんトーク
10月 14 @ 4:00 PM – 6:00 PM
絵本作家4人で たまにはまじめに えほんトーク
大塚健太さん、くさかみなこさん、五味ヒロミさん、ひらぎみつえさん 絵本作家4人で たまにはまじめに えほんトーク ++++++++++++++ ゆうゆう絵本講座で出会った4人の絵本作家。   〝どうやって絵本作家になったのか〟〝どうやってえほんを作っているのか〟など、 絵本作家へのきっかけや転機、そしてこれからのことを4人が話します。 もちろん、絵本も読みます! ++++++++++ 育児や主婦(夫)業をしながら作家デビューを果たした4人ならではのお話をしていただきます。 “この日、この時間でしか聞けなさそうなお話”をぜひおたのしみください! +++++++++++ 絵本作家4人で たまにはまじめに えほんトーク □日時: 2019/10/14(月祝) 16:00~18:00(15:30開場)※終了後サイン会あります。 □出演: 大塚健太さん、くさかみなこさん、五味ヒロミさん、ひらぎみつえさん □内容: 〝どうやって絵本作家になったのか〟〝どうやってえほんを作っているのか〟など、絵本作家へのきっかけや転機、そしてこれからのことを4人が話します。 □対象: 絵本が好きな人! □予約方法: 要(03-6261-6177/yoyaku@bookhousecafe.jp) 当店へメールかお電話にてお申込みください。 メールには必ず、件名に「10/14 たまにはまじめにえほんトーク」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 □参加費:1,000円(ドリンク付き!) □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆登壇者プロフィール くさかみなこ 絵本作家 宮城県出身 上智大学英文科卒 「いちにちパンダ」(小学館)「ぴよぴよちゃん」(東京書店)など。 一型糖尿病チャリティーとしてブルーパンダプロジェクトも企画。 ときどき清澄白河にギャラリー「ちいさなつき」をオープン http://www.kusakaminako.com 大塚健太(おおつか・けんた) 埼玉県出身。絵本のぶんを書いている。 https://otsukakenta.com/ 五味ヒロミ(ごみ・ひろみ) 愛知県出身 元幼稚園教諭、現病棟保育士 多くの子どもたちを関わりながら、絵本の文を作っている。 https://peraichi.com/landing_pages/view/hiromigomi ひらぎみつえ 金沢市出身、横浜市在住。 東京大学文学部卒業後、広告制作会社勤務を経て絵本作家に。 しかけ絵本『お?かお!』『ころりん・ぱ!』(ほるぷ出版)などがある。   +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
7:00 PM 秋の神保町キューバナイト
秋の神保町キューバナイト
10月 14 @ 7:00 PM – 8:30 PM
秋の神保町キューバナイト
  秋の神保町キューバナイト 閉店後の絵本屋さんが一夜限りキューバに! 極上のアコースティック・ラテン・サウンドをお楽しみください! 【出演】 ドス・ソネス・デ・コラソネス (Dos Sones de Corazones) メンバー mUcho(ムーチョ) ギター&ボーカル Makoto(マコト) ボーカル&マイナーパーカッション ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【日時】 10/14(月・祝)19:00~20:30 【参加費】 3000円(ワンドリンクつき) 【予約】 ブックハウスカフェ店頭・電話・メールにて 電話:03-6261-6177 メール:yoyaku@bookhousecafe.jp メールでのご予約の際は、件名に「10/14 キューバナイト」、本文に「フルネーム(よみがな)・お電話番号・参加人数(大人・子ども)」をご記入の上、お送りください。
7:00 PM 澤口たまみさんによる宮澤賢治 朗誦伴奏「鹿踊りのはじまり」
澤口たまみさんによる宮澤賢治 朗誦伴奏「鹿踊りのはじまり」
10月 15 @ 7:00 PM – 8:15 PM
澤口たまみさんによる宮澤賢治 朗誦伴奏「鹿踊りのはじまり」
    エッセイスト・絵本作家 澤口たまみさんイベント 宮澤賢治 朗誦伴奏 「鹿踊りのはじまり」   賢治さんの後輩として、岩手の自然を見てきたエッセイスト、絵本作家の澤口たまみさんが、 賢治作品を音楽にのせて朗読したのち、ご来場の皆さんとトーク、 賢治作品の解説や、作中に描かれる岩手の自然、生きものについて、おはなしします 。 朗誦伴奏とは、朗読に即興で音楽を添えてゆくことで、賢治自身が望んでいた朗読方法でした。 ふるってご参加ください。 ********** 今回は、この本だいすきの会の吉田道代さんがゲストに登場してくださいます。 読んでくださるのは『いてふの実』です。だんだん風が冷たくなるこの季節にぴったりのお話ですね。 どうぞお楽しみに♪   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   エッセイスト・絵本作家 澤口たまみさんイベント 宮澤賢治おはなし会 朗誦伴奏「鹿踊りのはじまり」   □日時: 2019/10/15(火) 19:00~20:15(18:45開場)※終了後サイン会あります。 □おはなし: 澤口たまみさん(エッセイスト・絵本作家) □演奏: 石澤由男さん(ベーシスト) □ゲスト: 吉田道代さん □参加費:2,000円 □予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「10/15 澤口たまみさんイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ☆今後のスケジュールもお知らせいたします。ふるってご参加ください!(実施時間、参加費、予約などはすべて同じです)   ☆好評発売中★ 『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ著・夕書房刊) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 出演者プロフィール   おはなし: 澤口たまみ(さわぐち・たまみ)さん(エッセイスト・絵本作家)   1960年、岩手県盛岡市生まれ。高校、大学と宮澤賢治の後輩としてすごす。 虫や自然についてのテキストを書くとともに、宮澤賢治の自然の言葉を読み解くことを続けている。主に福音館書店の「ちいさなかがくのとも」「かがくのとも」で、絵本のテキストを数多く手がける。 1990年、初めてのエッセイ集『虫のつぶやき聞こえたよ』(白水社)で、第38回日本エッセイストクラブ賞、2017年、『わたしのこねこ』(絵・あずみ虫、福音館書店)で第64回産経児童出版文化賞美術賞を受ける。 『新版 宮澤賢治 愛のうた』(夕書房)で宮澤賢治の相思相愛の恋を開封している。 演奏: 石澤由男(いしざわ・よしお)さん(ベーシスト) 1949年、岩手県北上市生まれ。 大学在学中の1970年代よりプロとして演奏活動を開始。 テレビは「徹子の部屋」「三時のあなた」「八時だよ!全員集合」「11PM」などの番組でベースを弾く。ステージではジョージ川口、菅野邦彦との共演をはじめ、海外ミュージシャンとの共演、米国での演奏経験も豊富。サントリーホールなどでシンフォニーオーケストラと共演するなど、その演奏ジャンルは多彩である。 現在はハーモニカの第一人者・八木のぶお、元RCサクセションのドラム・新井田耕造、パーカッションのコスマス・カピッツァと組むバンド「四輪車」のリーダーとして活動するほか、宮澤賢治の恋を開封する「百年の謎解きコンサート」で、ウッドベースによる即興演奏を担当している。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
6:30 PM 馬頭琴とカンテレとおはなしの時間
馬頭琴とカンテレとおはなしの時間
10月 16 @ 6:30 PM – 7:30 PM
馬頭琴とカンテレとおはなしの時間
【再度のご案内/10/13のイベントが延期となり、10/16が振替日と決定いたしました。】 「馬頭琴とカンテレとおはなしの時間」 ++++++++++++++ 「スーホの白い馬」で知られるモンゴルの馬頭琴やフィンランドの五弦カンテレの演奏を中心に、 おはなしや歌のワークショップなど楽しい演目がいっぱい。日曜の午後に、心あたたまるひとときを。 ++++++++++ 誰もが知っているモンゴルのおはなし『スーホの白い馬』(大塚勇三再話・赤羽末吉画/福音館書店)。 覚えていますか? スーホが白い馬で作ったあの楽器が、「馬頭琴」です。 そして「カンテレ」は、フィンランドの叙事詩『カレワラ』に出てくる民族楽器です。   いつもとちょっと違う音楽の世界を、一緒に体験してみませんか? +++++++++++ □日時:(各日とも、受付開始は開演15分前から) ①10月16日(水)18:30~19:30 ②12月8日(日) 14:00~15:00 □参加費:3歳以下無料・4歳~中学生 1,000円、高校生以上2,000円 □出演:野花南(嵯峨治彦[馬頭琴・喉歌]、嵯峨孝子[5弦カンテレ、朗読]) □予約方法: ブックハウスカフェ店頭(03-6261-6177/yoyaku@bookhousecafe.jp) ※メールには必ず、件名に「(ご希望の日付け) 馬頭琴イベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。  □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆登壇者プロフィール 野花南(のかなん) モンゴルの馬頭琴やフィンランドの五弦カンテレなど民族楽器の生演奏を、 世界各地の民話や詩の生き生きとした語りと緻密に融合させる独自のスタイルで全国各地で公演活動。 ライブでは伝統曲からポップスまで多岐にわたる音楽作品や、喉歌(一人二重唱)やウコウク(アイヌ民謡輪唱)のミニワークショップを交えるなど、 バラエティ豊かなプログラムも人気。ユニット名は北海道中央部の自然豊かな地域「野花南」にちなむ。 +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
6:30 PM 「あしたのための本」シリーズ刊行記念イベント 宇野重規さん・金野美奈子さん・宇野和美さんと考える 民主主義とは何か? 女と男はどこへいく?
「あしたのための本」シリーズ刊行記念イベント 宇野重規さん・金野美奈子さん・宇野和美さんと考える 民主主義とは何か? 女と男はどこへいく?
10月 17 @ 6:30 PM – 8:00 PM
「あしたのための本」シリーズ刊行記念イベント 宇野重規さん・金野美奈子さん・宇野和美さんと考える 民主主義とは何か? 女と男はどこへいく?
「あしたのための本」シリーズ刊行記念イベント 宇野重規さん・金野美奈子さん・宇野和美さんと考える 民主主義とは何か? 女と男はどこへいく? 時代を超え、国を超え、社会について子どもたちに問いかける絵本ができました。 7月にあかね書房より刊行された「あしたのための本」シリーズ(全4巻)は、4つのテーマから社会のしくみをわかりやすく解説し、いまの日本にも通用するたいせつなことを子どもたちが自ら考えるよう誘いかけます。 日本語版コラム執筆者の宇野重規さんと金野美奈子さん、本シリーズ翻訳者の宇野和美さんをむかえ、40年経ってなお斬新なこのシリーズの魅力と、わたしたちはどんな「あした」を生きたいのかをいっしょに考えたいと思います。 +++++++++++ 「あしたのための本」シリーズ刊行記念イベント 宇野重規さん・金野美奈子さん・宇野和美さんと考える 民主主義とは何か? 女と男はどこへいく? □日時  2019年10月17日(木)18:30~20:00(18:00 開場) □会場  ブックハウスカフェ2F ひふみ座(神保町駅A1出口徒歩1分) □登壇者 宇野重規さん、金野美奈子さん、宇野和美さん □参加費 1,500円 □予約  ブックハウスカフェ店頭、電話:03-6261-6177、メール:yoyaku@bookhousecafe.jpにて     *メールの場合は必ず、件名に「10/17 あしたのための本イベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 ++++++++++++++ 登壇者プロフィール 宇野重規 うの・しげき 政治学者。東京大学社会科学研究所教授。主な著書に『トクヴィル 平等と不平等の理論家』(講談社)、『民主主義のつくり方』(筑摩書房)など。『民主主義は誰のもの?』コラム執筆。 金野美奈子 こんの・みなこ 社会学者。東京女子大学教授。主な著書に『OLの創造 意味世界としてのジェンダー』、『ロールズと自由な社会のジェンダー 共生への対話』(いずれも勁草書房)など。『女と男のちがいって?』コラム執筆。 宇野和美 うの・かずみ 翻訳家。訳書は『ピトゥスの動物園』(あすなろ書房)、『ベラスケスの十字の謎』(徳間書店)、『マルコとパパ ダウン症のあるむすことぼくのスケッチブック』(偕成社)など40点以上。 ++++++++++++++ あしたのための本【全4巻】あかね書房刊 『民主主義は誰のもの?』 『独裁政治とは?』 『社会格差はどこから?』 『女と男のちがいって?』 プランテルグループ 作 宇野和美 訳 21×18㎝/上製 各48頁 小学校高学年から 各定価1,800円+税 +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
11:00 AM 「おねえさん おにいさんといっしょ」
「おねえさん おにいさんといっしょ」
10月 19 @ 11:00 AM – 11:45 AM
「おねえさん おにいさんといっしょ」
  「おねえさん おにいさんといっしょ」 未就学児を主対象に「おかあさんといっしょ」のような歌あり、踊りあり、読み聞かせあり、子供向け落語ありの楽しいイベントです。いっしょに歌って踊りましょう。 日時:10月19日 11時~11時45分(開場10時半) 参加費:500円(大人も子供も) 会場:ブックハウスカフェ (アクセス https://www.bookhousecafe.jp/shop/#access) 申込先:mameuda@gmail.com
1:00 PM 村中李衣さん×石川えりこさんスペシャルトーク&サイン会「絵本『こくん』ができるまで」
村中李衣さん×石川えりこさんスペシャルトーク&サイン会「絵本『こくん』ができるまで」
10月 19 @ 1:00 PM – 2:30 PM
村中李衣さん×石川えりこさんスペシャルトーク&サイン会「絵本『こくん』ができるまで」
『こくん』(作:村中李衣/絵:石川えりこ/童心社) 主人公は歩行器を使っている少女、ちさと。 ちさとはときどき「こくん」と、大きくうなずきます。 それは自分でやりたい、やるんだ、の「こくん」なのです。(童心社HP) +++++++++++ 作者の村中李衣さんは、長年、小児病棟、老人保健施設などさまざまな場で、子どもから大人まで多くの人たちと絵本の読みあいの活動を続けてきました。 本作は、村中さんがある幼稚園で目のあたりにした光景をもとに創作したものです。 +++++++++++ 村中李衣さんの言葉、なんていいんだろう。 石川えりこさんの絵、なんて心にぐっとくるんだろう。 ぜひ、お手に取ってご覧ください。 +++++++++++ この絵本の作者のお二人のトークイベントを開催します。 +++++++++++ 村中李衣さん×石川えりこさんスペシャルトーク&サイン会 絵本『こくん』ができるまで お二人の作品について制作秘話をどんどんお話ししていただきます! お二人のたくみな話術に、すてきな魔法をかけられること間違いないひとときです。 +++++++++++ 村中李衣さん×石川えりこさんスペシャルトーク&サイン会 絵本『こくん』ができるまで □日時: 2019/10/19(土) 13:00~14:30(12:45開場)※終了後サイン会あります。 □出演: 村中李衣さん × 石川えりこさん □内容: 『こくん』ができるまで、ほか、お二人の作品の制作秘話などの対談 □予約方法: 要(03-6261-6177/yoyaku@bookhousecafe.jp) 当店へメールかお電話にてお申込みください。 メールには必ず、件名に「10/19 こくんイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 □参加費:1,500円 □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆登壇者プロフィール 村中李衣(むらなか・りえ)さん 1958年山口県生まれ。児童文学者、ノートルダム清心女子大学教授。小児病棟、老人保健施設などさまざまな場で絵本の読みあいを続け、その活動は海外にまでおよぶ。児童文学作品に、『おねいちゃん』(理論社、野間児童文芸賞)『チャーシューの月』(小峰書店、日本児童文学者協会賞)、エッセイに『絵本の読みあいからみえてくるもの』(ぶどう社)など多数。石川えりこさんとの作品に『あららのはたけ』(偕成社)がある。  石川えりこ(いしかわ・えりこ)さん 1955年福岡県嘉麻市生まれ。九州造形短大デザイン科卒業後、デザイナーを経てイラストレーターとなる。絵本に『あひる』(くもん出版)『かんけり』(アリス館)『流木のいえ』(小学館)『また おこられてん』(作・小西貴士、童心社)、童話に『天気のいい日はつくしとり』(福音館書店)など多数ある。『ボタ山であそんだころ』(福音館書店)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。 +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
2:00 PM みんなで光るお面をつくろう!~松田奈那子さん『おばけきょうだい はじめてのハロウィーン』発売記念
みんなで光るお面をつくろう!~松田奈那子さん『おばけきょうだい はじめてのハロウィーン』発売記念
10月 19 @ 2:00 PM – 5:00 PM
みんなで光るお面をつくろう!~松田奈那子さん『おばけきょうだい はじめてのハロウィーン』発売記念
松田奈那子さん『おばけきょうだい はじめてのハロウィーン』発売記念 ++++++++++++++ 今年の ハロウィーンは この絵本で 決まり! 8月30日発売!最新刊『おばけきょうだい はじめてのハロウィーン』松田奈那子さく(小学館) 「みんな おきて おきて! そとに だれか いるよ!」 おひるねちゅうの おばけきょうだいの  いえに  おばけの かっこうをした こどもたちが おかしを もらいに やってきました。トリック オア トリート! さあ、いっしょに はじめての ハロウィーンを たのしもう!   4きょうだいの長女でもある松田奈那子さんが実体験をもとに描く、カラフルで個性豊かなおばけきょうだいが、人間の子ども達と初めて過ごす、楽しいハロウィーンのお話! 絵本の中に出てきたかいぶつのお面やカボチャのお菓子入れなどを作って遊べるペーパークラフト付き! 巻末に工作を多数掲載! えかきうたやおうちにあるもので作れるハロウィーンの仮装やパーティーのかざりで楽しく遊べます! ++++++++++ 最新刊の発売を記念して、ワークショップを開催いたします! 絵本読み聞かせ&ワークショップ 「 みんなで光るお面をつくろう!」 作家の松田奈那子さんによる絵本の読み聞かせと、お話にちなんだハロウィーン工作のワークショップを開催! いっしょに、つくって あそぼう! +++++++++++ □日時:10月19日(土) 第1回:14:00~15:00 第 2回:16:00~17:00 □参加費:書籍と参加費(ドリンク付き)が一緒になったお得なセット2,000円(税込)でお申込みください。 ※お付き添いの方は参加費お一人500円(税込) □予約方法: 要(03-6261-6177/yoyaku@bookhousecafe.jp) 当店へメールかお電話にてお申込みください。 メールには必ず、件名に「10/19 おばけきょうだいワークショップ」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども[年齢])、かぼちゃとガイコツどちらを作りたいか」をお知らせください。 □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆登壇者プロフィール 松田奈那子さん(まつだ・ななこ) 1985年北海道生まれ。画家。絵本作家。2012年第1回白泉社MOE絵本グランプリ受賞をきっかけに『ちょうちょ』(文:江國香織 白泉社)でデビュー。2015年〜2017年の2年間北アフリカのモロッコで生活。広告、書籍の装丁画や挿絵、絵本制作のほか、個展、子ども向けの造形教室やワークショップなどを開催。絵と構成を担当した「うたのすきなねこ ララとルル」シリーズ(風濤社)、作絵の絵本に『でこぼこ ぬりぬり なにがでる?』(アリス館)などの造形遊びのシリーズや、『みつけてくれる?』『どたんばたん おるすばん』 (あかね書房)『わたしは ねこ』(リトルモア)『こびん』(風濤社)、『おべんとうばこ あけたらね』(ほるぷ出版)『まる』(鈴木出版))。絵を担当した『くらべっこしましょ!』(文・石津ちひろ/白泉社)『あいさつってたのしい』(文・石津ちひろ/小学館)などがある。また挿絵に、『どこどこ山はどこにある』(作:おおぎやなぎちか フレーベル館)がある。 +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
5:00 PM 【満員御礼】五味太郎さん『絵本むかし話ですよ弐』発売記念トークイベント~「むかし話はいま話」~
【満員御礼】五味太郎さん『絵本むかし話ですよ弐』発売記念トークイベント~「むかし話はいま話」~
10月 19 @ 5:00 PM – 6:30 PM
【満員御礼】五味太郎さん『絵本むかし話ですよ弐』発売記念トークイベント~「むかし話はいま話」~
【満員御礼】 ※こちらのイベントは、ご予約多数のため受付を終了いたしました。   『絵本むかし話ですよ弐』発売記念五味太郎さんトークイベント 「むかし話はいま話」 むかし話は、謎に満ちている! ++++++++++++++ 『絵本むかし話ですよ』の第2弾が遂に登場! 誰もが知っているあのむかし話もこのむかし話も、五味太郎さんが描くと驚きの結末へ。 ピリッとスパイスのきいた大人も楽しいむかし話ですよ。 〇 最新刊の発売を記念して、五味太郎さんのトークイベントを開催いたします。 その名も「むかし話はいま話~むかし話は、謎に満ちている!」 五味太郎さんならではの目線で、むかし話をたっぷり語っていただきます。 トーク終了後にはサイン会も開催いたします。 みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加くださいませ! ++++++++++ ※こちらのイベントは、ご予約多数のため受付を終了いたしました。 □日時:10月19日(土) 17:00~18:00 ☆終了後サイン会(サインはお一人につき3冊までとさせていただきます。2冊目以降は既刊本にもサインをしていただけます。) □参加費:無料 ☆ただし『絵本むかし話ですよ弐』(1,760円[税込み] )のご購入が必須です。  □出演:五味太郎さん □予約方法: ブックハウスカフェ店頭(03-6261-6177/yoyaku@bookhousecafe.jp) メールには必ず、件名に「10/19 五味太郎さんイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。  □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ++++++++++++++++ ☆登壇者プロフィール 五味太郎(ごみ・たろう)さん 1945年、東京都生まれ。絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。 絵本を中心とした創作活動を続け、380冊を超える作品を発表。 海外でも50数種類 の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。 『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞などを受賞。 『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ロングセラー多数。 +++++++++++ ※詳細、お問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。