年末のご挨拶

<年末のご挨拶>

いつもブックハウスカフェをお引き立て下さり誠にありがとうございます。
今年も残すところ、僅かになってまいりました。
コロナ禍で大変な1年でしたが、ブックハウスカフェを愛して下さるお客様に励まされ、頑張れた1年でもありました。
何とか年が越せそうなのも、皆さまから頂いた温かい応援のお陰です。
特にサポーター制度でご支援くださった皆さまには改めて心より御礼申し上げます。

1か月の臨時休業、また殆ど売り上げが立たなかった数か月、皆さまからのサポートのお陰で急場をしのぐことができました。
本当にありがとうございました。

しかしながら、昨今においても経営環境は依然として厳しい状況が続いております。今後も営業を継続していくためにはランニングコストの削減が避けられないという判断に至り、いくつかの決断をしました。

ブックハウスカフェは、5名の正社員に支えられてきたのですが、来年からは、店長の茅野を除く正社員にアルバイトとして働いてもらうことにしました。
力を合わせて頑張ってきた仲間に早期退職を提案することは、非常に心苦しいことであり、店主としては力が至らず忸怩たる思いを禁じ得ません。しかし皆、「大好きなブックハウスカフェが続いてほしいから」と受け入れてくれました。
コロナ禍がいつまで続くのか、見通しの立つ状況ではありませんが、店を守ることで、涙を呑んでくれた皆の思いに少しでも報いたいと思っています。
お客様方、サポーター様方におかれましては、どうか今後とも温かく見守って頂きたくお願い申し上げます。

また、今回新たに「協賛企業」を募集させて頂くことにしました。
ブックハウスカフェは、もちろん、いち私企業に過ぎないのですが、ひとつの文化事業とも捉えて頂けるような絵本専門店を目指すと共に、社会貢献にもエネルギーを注ぐ店でありたいと強く思っています。
たくさんの絵本をお客様に届ける書店業務だけでなく、例えば、「赤ちゃんフラット」としての機能の充実や、「こども食堂」等の地域貢献についても現在検討を進めております。
私たちの目標に賛同し、協賛を頂けたら大変ありがたく存じます。

月額 一口 1万円でご協賛頂き、企業のイメージアップに繋がるサービスを提供したいと考えています。
詳しくは、「協賛企業を募集します」をご覧いただければ幸いです。

また既に多くの方に応援をいただいておりますサポーター制度につきましては、今まで3種類のプランをご用意していましたが(A)特典あり、(B)特典なしの2種類に絞り、コロナ禍がある程度の収束をみるまで、今しばらく続けさせて頂く予定です。

ご存じのとおり、新刊書店の経営は決して簡単なものではありませんが、ブックハウスカフェを文化的で魅力ある街のオアシスとし続けようと努力する限り、必ず道はあると信じています。
これからも更に楽しい、訪れる価値のある絵本屋を目指して一生懸命、取り組んでいく所存です。
至らない点、多々ございますが、どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

2020年12月


ブックハウスカフェ
店主 今本義子

■ ■ ■
\NEW はじめました① /
サポーター制を導入させていただきました!
なにとぞ応援いただけるととてもうれしいです。ご賛同いただける方はこちらから→NEW はじめました②  /
WEBSHOPがOPENしました!→
サイン本はじめ、入手困難本・一点モノ・特典付きを中心にご紹介予定です
(これまで通りお問合せの商品のご自宅お届け(通販)も承ります。お気軽にメールにてお問合せください。)
■ ■ ■


            外観                 天井が高く開放的な店内です。               本は1万冊!