新着情報news

イベントカレンダーcalender

EVENT CALENDER

『カテゴリー』プルダウンより、気になるカテゴリーのイベントを選んでご確認いただけます。

※カテゴリーを選択されると月表示が自動的に当月に戻ります。

1
たかおゆうこさん原画展 『くるみのなかには』 絵本刊行記念原画展
たかおゆうこさん原画展 『くるみのなかには』 絵本刊行記念原画展
1月 16 – 2月 1 全日
たかおゆうこさん原画展 『くるみのなかには』 絵本刊行記念原画展
たかおゆうこさん原画展 『くるみのなかには』 絵本刊行記念原画展 期間:2018年1月16日(火)~2月1日(木)  期間中無休 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ブックハウスカフェオープン時にはいつでもご覧いただけます。 ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。 場所:ブックハウスカフェ左奥のミニギャラリー ---------------------------------------------------------------------------------------- ☆関連イベント☆ たかおゆうこさんワークショップ 「想像力のワークショップ」 ひとつのくるみから広がる想像力で、描いたり、切り抜いたり、貼ったりして、自分だけのくるみの絵をつくりましょう! 日時:2018年1月27日(土)  ◆14:00~15:00 子ども(小学生以下)の部  参加費 ¥500(材料費込) ※カフェスペースで行うので、お付き添いなどの大人の方はワンドリンクご購入お願いいたします。 ◆17:00~19:00 おとな(中学生以上)の部 会場:ブックハウスカフェ  参加費 ¥1,500(材料費込・ワンドリンク付き) [共通事項] 受付:それぞれ15分前から 予約:要(店頭/E-mail book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)  ※ご予約の際は、14時or17時・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください 持ち物:クレヨンや色鉛筆、はさみ、のりなど、好きな画材のある方は、当日、お持ちください。 お問い合わせはブックハウスカフェ  TEL 03-6261-6177 E-mail book@bookhousecafe.jp
浜田桂子さん絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』
浜田桂子さん絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』
1月 30 – 2月 28 全日
浜田桂子さん絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』
西郷南海子さん・浜田桂子さんの絵本『だれのこどもも ころさせない』の原画展を開催いたします。 『だれのこどももころさせない』 西郷南海子/浜田桂子/協力:安保関連法に反対するママの会/かもがわ出版   「ママ、きょうのよる、せんそうにならない?」 「大丈夫、ママはね、戦争しないと決めたの」 絵本『だれのこどもも ころさせない』(かもがわ出版)は、西郷南海子さんと当時4歳だったお子さんとの、こんな会話から生まれました。それを聞いた絵本作家・浜田桂子さんは、夜、子どもが安心して眠りに就けるようにとの願いを込めたと、語ります。 ------------------------------------------------------------------------------------- 浜田桂子さん絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』 日時 2018年1月30日(火)~2月28日(水)終了 場所 ブックハウスカフェ 右奥ギャラリー 期間中無休 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ブックハウスカフェオープン時にはいつでもご覧いただけます。 ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。------------------------------------------------------------------------------------- 期間中関連イベント ■浜田桂子さん 絵本読み聞かせとトーク/おとな向け 聞き手 野上暁さん(評論家・児童文学者) 2月8日(木)19:00~20:30 終了後サイン会 参加費:¥1,300(1ドリンク付) 要予約 ■浜田桂子さん 絵本読み聞かせとトーク/お子さま・親子向け 2月17日(土)14:00~15:00 その後サイン会 参加費:無料(カフェスペースで行うため、大人の方(お付き添いの方含)はワンドリンクチケットご購入お願いいたします) ご予約ください。 ------------------------------------------------------------------------------------- 浜田桂子(はまだ けいこ) 1947 年埼玉県生まれ。絵本作家・画家。 田中一光デザイン室勤務後、1984 年『あやちゃんのうまれたひ』(福音館書店)でデビュー。絵本に『 てとてと てと て』 『わらう』(福音館書店)、『ぼくのかわいくないいもうと』『あげます。』(ポプラ社)、『さっちゃんとなっちゃん』『ぼくがあかちゃんだったとき』(教育画劇)ほか多数。日本・中国・韓国の12 名の絵本作家と連帯し平和絵本シリーズを企画。『へいわってどんなこと?』を3 国共同刊行(日本は童心社)。国内・海外の子どもたちと、絵本を通しての交流も多い。
2
2月ミニマンスリーギャラリーはザ・キャビンカンパニーさん!
2月ミニマンスリーギャラリーはザ・キャビンカンパニーさん!
2月 2 – 2月 28 全日
2月ミニマンスリーギャラリーはザ・キャビンカンパニーさん!
毎月月替わりの原画販売コーナー、2月はなななんと、ザ・キャビンカンパニーのご登場です!!! 「ザ・キャビンカンパニー 日本一周 えほんのたび」 絵本「ボンボとヤージュ」の出版を記念して、日本中の本屋さんを巡るザ・キャビンカンパニーの絵本フェアの一環で、ブックハウスカフェにも寄港してくださることになりました。 ザ・キャビンカンパニーの原画が購入できるなんて!とっても貴重な機会ですよみなさん!!描きおろし原画販売、お楽しみに~☆ そしてなんと、イベントを会期中に開催します。 2月11日(日)14時~15時「絵本読み聞かせ&サイン会」 ザ・キャビンカンパニー阿部健太朗さんによる、絵本の読み聞かせとサイン会を行います。無料・要予約。お気軽にご参加ください!※カフェスペースで行うため、大人の方(お付き添いの方含)は、ワンドリンクチケット(500円)ご購入をお願いいたします。   お見逃しなくです!!    
いしいつとむさん『きつねの童子 安倍晴明伝』刊行記念原画展
いしいつとむさん『きつねの童子 安倍晴明伝』刊行記念原画展
2月 2 – 2月 11 全日
いしいつとむ『きつねの童子 安倍晴明伝』原画展 期間:2018年2月2日(金)~2018年2月11日(日)期間中無休 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ブックハウスカフェオープン時にはいつでもご覧いただけます。 ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。 場所:ブックハウスカフェ左奥のミニギャラリー ----------------------------------------------------------------------------- 左奥のミニギャラリーで開催いたします、いしいつとむさん『きつねの童子 安倍晴明伝』原画展期間中に、素敵なイベントを開催いたします♪合わせてご参加ください。 ----------------------------------------------------------------------------- いしいつとむさん、堀切リエさん、松田志津子さん 『きつねの童子 安倍晴明伝』刊行記念イベント 「陰陽師の世界にようこそ!」  2月から始まるオリンピックで羽生結弦さんが滑るのは「SEIMEI」! 安倍晴明はもっとも有名な陰陽師です。この期に「陰陽師」の世界をのぞいてみませんか? 陰陽師クイズや、絵本を元にした電子紙芝居、作者のトークなど、楽しいプログラムをご用意しました。知られざる晴明の子ども時代を描いた、絵本の原画展とご一緒にお楽しみください。  出演:いしいつとむ(絵本作家)、堀切リエ(作家)、松田志津子(ブックデザイナー) 日時:2018年2月10日(土) 14時~約90分 ※終了後サイン会 参加費: 1,300円(ワンドリンク付) ※小学生以下無料 会場:ブックハウスカフェ  予約:要(店頭/E-mail book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※ご予約の際は、イベントタイトル・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください *企画協力 子どもの未来社 みなさまのご予約をお待ちしております! ----------------------------------------------------------------------------- いしい つとむ 千葉県香取市生まれ。絵本に『つきよのゆめ』(ポプラ社)、『ばあばは、だいじょうぶ』(童心社)、『妖怪の日本地図(全6巻)』(大月書店)、『カブトムシのなつ』(文研出版)、『おひさまえんのさくらのき』(あかね書房)など。 堀切リエ(ほりきり・りえ) 千葉県市川市生まれ。著書に『伝記を読もう 田中正造』(あかね書房)、『日本の伝説 はやたろう』『おはなしぎょうじのえほん(全4冊)』(子どもの未来社)、共著に『ほんとうにあったおはなし』(講談社)など。 松田志津子(まつだ・しづこ) 東京都日野市在住。「日本の伝説シリーズ」など絵本のブックデザインや『おはなしぎょうじのえほん』のイラストを手がける。 ------------------------------------------------------------------- お問い合わせはブックハウスカフェ TEL 03-6261-6177 E-mail book@bookhousecafe.jp
絵本ナビのえほん祭り2017
絵本ナビのえほん祭り2017
2月 2 – 2月 28 全日
絵本ナビさんのサイトで、行われている「えほん祭り」ご覧になりましたか? 2016年11月から2017年12月までに刊行された絵本・児童書の中から、セレクトされたイチオシの作品に、みなさんで好きな作品に投票したりレビュー投稿したりする企画です。 (投票は締め切っております) 絵本とともに、2017年を振り返ってみる素敵な企画、ブックハウスカフェでは投票結果に基づいたフェアを開催いたします。 どんな作品にたくさんの投票があったでしょう?どんなレビューがあったでしょうか。 お楽しみに♪   絵本ナビえほん祭り2017
写真家・大竹英洋スライドトーク ノースウッズの森で 〜オオカミと出会う旅〜 6:30 AM
写真家・大竹英洋スライドトーク ノースウッズの森で 〜オオカミと出会う旅〜
2月 2 @ 6:30 AM – 9:00 AM
写真家・大竹英洋スライドトーク ノースウッズの森で 〜オオカミと出会う旅〜
写真家・大竹英洋スライドトーク ノースウッズの森で 〜オオカミと出会う旅〜 北アメリカ大陸北部に広がる湖水地方「ノースウッズ」。そこには厳しくも美しい北国の自然が残され、いまも多くの野生動物たちが暮らしています。 この地に15年以上通い続け、福音館書店から6冊の写真絵本、そして昨年、あすなろ書房からノンフィクション・旅エッセイ『そして、ぼくは旅に出た。』を出版された写真家の大竹英洋さんに、これまでに出会ってきた野生動物たちとのエピソードを、迫力ある写真や動画を交えて語っていただきます。森に響く、オオカミの呼び声に耳をすましてみませんか? ---------------------------------------------- 写真家・大竹英洋スライドトーク ノースウッズの森で 〜オオカミと出会う旅〜 日時:2018年2月2日(金) 18:30~21:00  参加費:一般 2,000円  小学生1,000円 いずれもワンドリンク付き ※未就学児無料   場所:ブックハウスカフェ  (地下鉄「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!) 要予約:ブックハウスカフェ店頭/お電話(03-6261-6177)/メール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約。 ※ご予約の際は イベントタイトル(日時)・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人・お子さま(年齢))を必ずお知らせください! ---------------------------------------------- プロフィール:大竹英洋(おおたけ ひでひろ)   1975年生まれ。写真家。一橋大学社会学部卒業。 1999年より米国とカナダの国境付近から北極圏にかけて広がる北米の湖水地方「ノースウッズ」をフィールドに、野生動物や自然と人間との関わりを撮影。国内外の雑誌、新聞、写真絵本として作品を発表している。 主な写真絵本に『ノースウッズの森で』(たくさんのふしぎ傑作集)、『もりはみている』(月刊こどものとも年少版)、『カリブーの足音 ソリの旅』(月刊たくさんのふしぎ)などがある(すべて福音館書店)。 2011年3月、NHKBSの自然番組『ワイルドライフ』に案内人として出演。同年5月より約4年間「ナショナル ジオグラフィック日本版」ウェブサイトで旅エッセイを連載し、2017年3月に『そして、ぼくは旅に出た。 はじまりの森 ノースウッズ』としてあすなろ書房から書籍化された。   ご予約・お問い合せは ブックハウスカフェまでどうぞ。 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル1F TEL 03(6261)6177 / FAX 03(6261)6178 / http://www.bookhousecafe.jp/ ※イベントは予告なく変更になる場合がありますので予めご了承くださいませ。
3
絵本専門士の楽しいおはなし会 3:00 PM
絵本専門士の楽しいおはなし会
2月 3 @ 3:00 PM – 3:45 PM
恒例の楽しいおはなし会のお知らせです♪ 絵本をこよなく愛する絵本専門士※のみなさんによる楽しいおはなし会、ブックハウスカフェでは、毎月第一土曜日の15時から(約45分)開催しています。 絵本のことをたくさん知っているみなさんですから、様々な絵本がおはなし会で飛び出しますよ。 2月は3日。さて、どんな絵本を読んでくれるでしょうか?ワクワクです。 無料・ご予約不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。   ※絵本専門士ってどんな人? ----------------------------------------------------------------------- 絵本専門士のたのしいおはなし会 2月3日 15:00~15:45 場所:ブックハウスカフェ店内 ----------------------------------------------------------------------- ※イベントは予告なく変更になる場合があります。予めご了承くださいませ。 その他、ご不明な点などございましたらお問合せください。 ブックハウスカフェ TEL 03-6261-6177 E-mail:book@bookhousecafe.jp
岩崎書店「繕い屋の娘 カヤ」刊行記念 曄田依子先生トーク&サイン会 4:30 PM
岩崎書店「繕い屋の娘 カヤ」刊行記念 曄田依子先生トーク&サイン会
2月 3 @ 4:30 PM – 6:00 PM
岩崎書店「繕い屋の娘 カヤ」刊行記念 曄田依子先生トーク&サイン会
岩崎書店『繕い屋の娘 カヤ』刊行記念 曄田依子先生トーク&サイン会 『繕い屋の娘 カヤ』 作:曄田 依子 出版年月日:2017/12/31 ISBN:9784265812059 出版社:岩崎書店 定価:¥1,700(+税)   十歳の少女カヤは、両親が居らず「繕い屋」を生業とする。ある日、神社の台座から落ちた狛犬に、神様の危機を救う旅に誘われ…     昨年末に出版され話題となっているファンタジー『繕い屋の娘 カヤ』の出版記念イベントです。 出版元の、岩崎書店社長・岩崎夏海さんがホスト役となり、著者の曄田依子先生に作品の誕生秘話などをうかがいます。 トーク終了後、書籍をご購入いただいた方を対象に、曄田依子先生のサイン会を行います。 ふるってご参加ください。 ◆日時:2018年2月3日(土)16時30分~(終了後サイン会) ◆場所:ブックハウスカフェ ◆参加費:500円(ワンドリンクチケット代)※カフェスペースでの開催となる為、ワンドリンクチケットの購入をお願いします。 ◆要予約:店頭・お電話(03-6261-6177)またはメール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約ください。 ※ご予約の際は お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども) をお知らせくださいませ。 ◆場所:ブックハウスカフェ店内 ------------------------------------------------------------------------- ●著者プロフィール 曄田依子(ようだ・よりこ) 1980年、愛媛県生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒。画家。イラストレーター。現代アジアに混在する華やかな伝統を、現代の視線を取り混ぜて視覚化する。個展、グループ展やアートフェア出品等、国内外で活動中。住吉大社より御祓講獅子意匠預を委嘱、獅子舞頭意匠や祭事に関わる物のアートディレクションを行う。 ----------------------------------------------------------------------- ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております!
4
(キャンセル待ち受付中)大友剛さんイベント「絵本とマジックと音楽の親子LIVE」 2:00 AM
(キャンセル待ち受付中)大友剛さんイベント「絵本とマジックと音楽の親子LIVE」
2月 4 @ 2:00 AM – 2:45 AM
(キャンセル待ち受付中)大友剛さんイベント「絵本とマジックと音楽の親子LIVE」
※こちらのイベントはお申込み多数により、ただいまキャンセル待ち受付中となっております。   大友剛さんがブックハウスカフェにやってくる! ミュージシャン&マジシャン、そして翻訳家としてご活躍の大友剛さん。音楽とマジックと絵本のコンサートのお兄さんとして有名な大友さん、近年は「ねこのピート」シリーズ(ひさかたチャイルド)などの翻訳でもその魅力全開です。 昨年末に翻訳が刊行された『えがないえほん』(早川書房)では、発売と共に大反響。タイトル通り「絵が無い」のですよ。読み聞かせする時に非常にハードルが高そうなこの絵本(絵本・・・?)、大友剛さんはどうやって読んでいるのでしょうか。その秘訣が明らかになるイベントです。もちろんマジックと音楽と絵本とお楽しみたっぷりの45分、子どもも大人も、ブックハウスカフェに、集まれ~! 「絵本とマジックと音楽の親子LIVE」 出演:大友剛さん(マジック/ピアノ/鍵盤ハーモニカ/朗読) 日時:2018年2月4日 14時~約45分 ※終了後サイン会。受付13:30開始 会場:ブックハウスカフェ(神保町駅A1出口から徒歩30秒) 対象:親子(お子さま~大人の方までどうぞ) 参加費:大人¥1,300/3才~小学生¥800/お得な親子割り¥1,500(それぞれ1ドリンク付) ※3才未満無料 内容:マジックショー/音楽ショー/絵本の読み聞かせなど 要予約 ブックハウスカフェ店頭・お電話(03-6261-6177)・E-mail(book@bookhousecafe.jp)にて、以下の情報をお知らせください。 1.お名前フルネーム(よみがな)2.お電話番号 3.ご参加人数(大人/お子さま)   みなさまのご予約をお待ちしております!ふるってご参加ください! お問い合わせは ブックハウスカフェ  TEL 03-6261-6177 E-mail(book@bookhousecafe.jp)  
5
6
7
8
浜田桂子さんトークイベント~絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』関連企画~ 7:00 PM
浜田桂子さんトークイベント~絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』関連企画~
2月 8 @ 7:00 PM – 8:30 PM
浜田桂子さんトークイベント~絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』関連企画~
浜田桂子さんの絵本『だれのこどもも ころさせない』の原画展開催中の関連イベントです。 ------------------------------------------------------------------------------------- ■浜田桂子さん 絵本読み聞かせとトーク/おとな向け 聞き手 野上暁さん(評論家・JBBY副会長) 2月8日(木)19:00~20:30 終了後サイン会 参加費:¥1,300(1ドリンク付) 予約:要(店頭/E-mail book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)  ※ご予約の際は、お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください  ------------------------------------------------------------------------------------- 原画展期間中の他関連イベント   ■浜田桂子さん 絵本読み聞かせとトーク/お子さま・親子向け 2月17日(土)14:00~15:00 その後サイン会 参加費:無料(カフェスペースで行うため、大人の方(お付き添いの方含)はワンドリンクチケットご購入お願いいたします) ご予約ください。 ------------------------------------------------------------------------------------- 浜田桂子さん絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』 「ママ、きょうのよる、せんそうにならない?」 「大丈夫、ママはね、戦争しないと決めたの」 絵本『だれのこどもも ころさせない』(かもがわ出版)は、西郷南海子さんと当時4歳だったお子さんとの、こんな会話から生まれました。それを聞いた絵本作家・浜田桂子さんは、夜、子どもが安心して眠りに就けるようにとの願いを込めたと、語ります。 絵本で平和をつくり続ける浜田桂子さんの原画展、親子で、ご家族で―――子どもにかかわる方々にぜひ、見ていただきたい作品です。 日時 2018年1月30日(火)~2月28日(水)終了 場所 ブックハウスカフェ 右奥ギャラリー 期間中無休 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ブックハウスカフェオープン時にはいつでもご覧いただけます。 ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。  ------------------------------------------------------------------------------------- 浜田桂子(はまだ けいこ) 1947 年埼玉県生まれ。絵本作家・画家。 田中一光デザイン室勤務後、1984 年『あやちゃんのうまれたひ』(福音館書店)でデビュー。絵本に『 てとてと てと て』 『わらう』(福音館書店)、『ぼくのかわいくないいもうと』『あげます。』(ポプラ社)、『さっちゃんとなっちゃん』『ぼくがあかちゃんだったとき』(教育画劇)ほか多数。日本・中国・韓国の12 名の絵本作家と連帯し平和絵本シリーズを企画。『へいわってどんなこと?』を3 国共同刊行(日本は童心社)。国内・海外の子どもたちと、絵本を通しての交流も多い。
9
児童文学作家 芝田勝茂さん講演会「語らないできたことなど…」 6:30 PM
児童文学作家 芝田勝茂さん講演会「語らないできたことなど…」
2月 9 @ 6:30 PM – 8:00 PM
児童文学作家 芝田勝茂さん 講演会 「語らないできたことなど…」  *児童文学作家・芝田勝茂が、混迷の青春時代にファンタジーを見出した70年代の熱い思いと、児童文学作家として自立するプロセスを、胸の内を開いて語る渾身の子ども文学論です。いまなぜ児童文学なのか、生きることと表現することの意味を改めて問いかけます。   ★講演に当たって 70年安保・学生運動、そして児童文学、過ぎ越し45年を振り返って、11月12日、京都の同志社大学で行って大好評を得た講演を、東京での再演していただきます。芝田さんは、再演について以下のように語ってくださいました。 〈同志社での講演には、100名ほどの人たちが来てくれ、40年の時を超えた、不思議な時間を持った。ずっとこれを最後にしようと思っていたが、京都でその考えが変わった。40年のうちに、忌避し、拒否してきた「友」は、いつか逝ってしまっていた。彼岸で語ってどうする。せめて語らないことへの可否は白日の下で問われるべきだろう。恥は生きているうちに晒せ。それもまた、かつての友への供養というものだ。現在の、わたしの児童文学作家としての友人たちに、「黙ったまま」でいることが正しいことなのか自問すれば、答えは明白だった。〉 ★もうひとつの『ドーム郡ものがたり』 〈おのれの過去のリアリズムに意味はない。それを拒否するところからファンタジーを構築しようと思ったのだから。ならばその軌跡を語ることは、「いまのファンタジー」においてなにがしかの意味はあるだろう。そう思ったとき、「もうひとつの『ドーム郡ものがたり』」が浮かび上がってきた。物語に登場させた「クミル」や「かかし」の来歴の理由だ。〉 ★「ひとつの直接性」は、いま、そこにあるか? 〈だが、語りたいという、最も大きな理由は、いまの人たちに聞いてもらいたいからである。それは、若者の持つ「生きることの直接性」とでも呼ぶべきもの、いや、そうとしか呼べないような、若さの持つ「感性」とか「野生」、のようなもののことである。おそらく、いまの人たちには理解できないようなことが、たしかに存在した。もちろんそれは、己の表現においてなすべきことなのだが、言葉足らずとはいえ、児童文学作家として、いまの若者たちに伝える努力をしてみたい。老いたるものがノスタルジーに浸るわけではない。もしかしたら、あなたたちの知りたいことが見つかるかもしれない。そんな講演にするつもりですから、ぜひ聞きに来てください〉 ------------------------------------------------------------------------- 児童文学作家 芝田勝茂さん 講演会 「語らないできたことなど…」 ◆日時:2018年2月9日(金)18:30~ ※18:00から受付開始 ◆場所:ブックハウスカフェ ◆参加費:1,300円(ワンドリンク付) ◆要予約:店頭・お電話(03-6261-6177)・メール(book@bookhousecafe.jp)にて。 ※ご予約の際は お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数 をお知らせくださいませ。 ------------------------------------------------------------------------- 芝田勝茂 (しばた かつも) 石川県羽咋市出身。著書は異世界ファンタジー「ドーム郡ものがたり」「虹への旅」「真実の種、うその種」(小峰書店・日本児童文芸家協会賞)、「ふるさとは、夏」(福音館文庫・産経児童出版文化賞)、「サラシナ」「きみに会いたい」伝記「葛飾北斎」(あかね書房)、近未来SF「星の砦」「進化論」(講談社)、「空母せたたま小学校、発進!」「世界の謎はボクが解く!」(そうえん社)「ぼくの同志はカグヤ姫」(ポプラ社)など多岐。「10歳までに読みたい世界名作」に「ガリバー旅行記」「西遊記」「ロビンソン・クルーソー」「同日本名作」に「銀河鉄道の夜」「坊っちゃん」(いずれも学研)。 ----------------------------------------------------------------------- ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております!
10
いしいつとむさん『きつねの童子 安倍晴明伝』刊行記念イベント 2:00 PM
いしいつとむさん『きつねの童子 安倍晴明伝』刊行記念イベント
2月 10 @ 2:00 PM – 3:30 PM
左奥のミニギャラリーで開催いたします、いしいつとむさん『きつねの童子 安倍晴明伝』原画展期間中に、素敵なイベントを開催いたします♪ ----------------------------------------------------------------------------- いしいつとむさん、堀切リエさん、松田志津子さん 『きつねの童子 安倍晴明伝』刊行記念イベント 「陰陽師の世界にようこそ!」  2月から始まるオリンピックで羽生結弦さんが滑るのは「SEIMEI」! 安倍晴明はもっとも有名な陰陽師です。この期に「陰陽師」の世界をのぞいてみませんか? 陰陽師クイズや、絵本を元にした電子紙芝居、作者のトークなど、楽しいプログラムをご用意しました。知られざる晴明の子ども時代を描いた、絵本の原画展とご一緒にお楽しみください。  出演:いしいつとむ(絵本作家)、堀切リエ(作家)、松田志津子(ブックデザイナー) 日時:2018年2月10日(土) 14時~約90分 ※終了後サイン会 参加費: 1,300円(ワンドリンク付) ※小学生以下無料 会場:ブックハウスカフェ  予約:要(店頭/E-mail book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※ご予約の際は、イベントタイトル・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください *企画協力 子どもの未来社 みなさまのご予約をお待ちしております! ----------------------------------------------------------------------------- いしいつとむ『きつねの童子 安倍晴明伝』原画展 期間:2018年2月2日(金)~2018年2月11日(日)期間中無休 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ブックハウスカフェオープン時にはいつでもご覧いただけます。 ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。 場所:ブックハウスカフェ左奥のミニギャラリー ----------------------------------------------------------------------------- いしい つとむ 千葉県香取市生まれ。絵本に『つきよのゆめ』(ポプラ社)、『ばあばは、だいじょうぶ』(童心社)、『妖怪の日本地図(全6巻)』(大月書店)、『カブトムシのなつ』(文研出版)、『おひさまえんのさくらのき』(あかね書房)など。 堀切リエ(ほりきり・りえ) 千葉県市川市生まれ。著書に『伝記を読もう 田中正造』(あかね書房)、『日本の伝説 はやたろう』『おはなしぎょうじのえほん(全4冊)』(子どもの未来社)、共著に『ほんとうにあったおはなし』(講談社)など。 松田志津子(まつだ・しづこ) 東京都日野市在住。「日本の伝説シリーズ」など絵本のブックデザインや『おはなしぎょうじのえほん』のイラストを手がける。 ------------------------------------------------------------------- お問い合わせはブックハウスカフェ TEL 03-6261-6177 E-mail book@bookhousecafe.jp
【満員御礼】なかえよしを先生講演会「絵本の気持ち」 4:00 PM
【満員御礼】なかえよしを先生講演会「絵本の気持ち」
2月 10 @ 4:00 PM – 5:15 PM
※こちらのイベントはお申し込み多数につきまして、ご予約受付を終了いたしました。たくさんのご予約をありがとうございました。   「ねずみくんの絵本シリーズ」でおなじみの、なかえよしを先生、上野紀子先生ご夫妻。 子どもたちも大好き、スタッフ(ひ)も大好きな絵本 『ねずみくんのチョッキ』 が出版されたのは1974年、40年以上も前に生まれたねずみくんが、たくさんの読者に愛され続ける理由や制作の裏話、絵本作家になるまで、なってからの日々など、いろいろとお話を伺う予定です。非常に貴重な機会、ぜひふるってご参加ください。 ------------------------------------------------------------------------- なかえよしを先生講演会 「絵本の気持ち」 「ねずみくんの絵本」シリーズでおなじみの、なかえよしを先生をお迎えしてのトークイベント。トークタイトルは「絵本の気持ち」です。「絵本が考えてる事を代弁したい」とおっしゃるなかえ先生、当日は貴重なお話をたっぷり伺えることでしょう。 小さな書店で、先生と距離近くお話を聞けるチャンスは非常に貴重です。ふるってご参加ください。 ◆日時:2018年2月10日(土)16時~約70分(終了後サイン会) ◆場所:ブックハウスカフェ ◆対象:大人 ◆参加費:500円 ◆要予約:店頭・お電話(03-6261-6177)またはメール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約ください。 ※ご予約の際は お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数 をお知らせくださいませ。 場所:ブックハウスカフェ店内 ※当日は、なかえ先生、上野先生の伝説の自費出版の書籍の販売、希少本の販売もいたします。非常に貴重な機会ですのでどうぞお見逃しなく。  ※講演会はなかえよしを先生がお話をしてくださり、終了後のサイン会では上野先生もご一緒にサインをしていただけます。サイン対象本は当日当店でご購入いただきましたお二方のご著書とさせていただきます。 ------------------------------------------------------------------------- なかえよしを 1940年、神戸市生まれ。日本大学芸術学部美術科卒業。広告代理店のデザイナーを経て絵本作家に。『いたずらララちゃん』(絵・上野紀子、ポプラ社)で第10回絵本にっぽん賞受賞。作品に『ねずみくんのチョッキ』(絵・上野紀子、講談社出版文化賞・ポプラ社)、『こねこのクリスマス』(絵・上野紀子、教育画劇)、『ことりとねこのものがたり』(絵・上野紀子、金の星社)など多数。 ------------------------------------------------------------------------- 上野紀子(うえの・のりこ) 1940年、埼玉県生まれ。日本大学芸術学部美術科卒。1973年、『ELEPHANT BUTTONS』(Harper&Row社)で絵本作家デビュー。夫・なかえ氏との作品「ねずみくんの絵本シリーズ」(ポプラ社)をはじめ、『ちいちゃんのかげおくり』(作・あまんきみこ、あかね書房)、『ぼうしをとってちょうだいな』(作・松谷みよ子、偕成社)など多数の作品で絵を手がける。 なかえさん上野さんのホームページ http://www.nezumikun.com/ ----------------------------------------------------------------------- ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております!
11
ザ・キャビンカンパニー 阿部健太朗さんの絵本読み聞かせ&サイン会☆ 2:00 AM
ザ・キャビンカンパニー 阿部健太朗さんの絵本読み聞かせ&サイン会☆
2月 11 @ 2:00 AM – 3:00 AM
ザ・キャビンカンパニー 阿部健太朗さんの絵本読み聞かせ&サイン会☆
毎月月替わりの原画販売コーナー、2月はなななんと、ザ・キャビンカンパニーのご登場です!!! 「ザ・キャビンカンパニー 日本一周 えほんのたび」 絵本「ボンボとヤージュ」の出版を記念して、日本中の本屋さんを巡るザ・キャビンカンパニーの絵本フェアの一環で、ブックハウスカフェにも寄港してくださることになりました。 ザ・キャビンカンパニーの原画が購入できるなんて!とっても貴重な機会ですよみなさん!!描きおろし原画販売、お楽しみに~☆ そしてなんと、イベントを会期中に開催します。 2月11日(日)14時~15時「絵本読み聞かせ&サイン会」 ザ・キャビンカンパニー阿部健太朗さんによる、絵本の読み聞かせとサイン会を行います。無料・要予約。お気軽にご参加ください!※カフェスペースで行うため、大人の方(お付き添いの方含)は、ワンドリンクチケット(500円)ご購入をお願いいたします。 お見逃しなくです!!    
「いちご音楽会」飯田有抄さん(トイピアノ)&亀田正俊さん(鍵盤ハーモニカ) 3:15 AM
「いちご音楽会」飯田有抄さん(トイピアノ)&亀田正俊さん(鍵盤ハーモニカ)
2月 11 @ 3:15 AM – 3:45 AM
「いちご音楽会」飯田有抄さん(トイピアノ)&亀田正俊さん(鍵盤ハーモニカ)
休日の昼下がりの小さな音楽会 「いちご音楽会」 へようこそ。らせん階段で、プロの演奏家がお届けする生演奏。とびきり贅沢な時間をどうぞ。 お子さまに素敵な音を(気軽に!)お届けしたい。そんな思いで開催します。  おいで下さる演奏者の方には、おススメの児童書や絵本を1冊ご紹介いただきます。 音楽家のおススメ児童書、どんな本でしょう!  そんな 「いちご音楽会」 第8回は、トイピアノの飯田有抄さんと鍵盤ハーモニカの亀田正俊さんにご登場いただきます。  お二人の掛け合いで生まれるすてきなハーモニーがブックハウスカフェの店内に美しく響きます。 お楽しみに♪   飯田有抄(いいだ ありさ) クラシック音楽ファシリテーター クラシック音楽と人との出会い。音楽のある暮らしと学びに働きかけるような、文章を書いたり、お話をしたり、演奏をしたりしています。東京芸術大学音楽学部楽理科卒業後、同大学院修士課程修了。著書に「ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか」(前島美保氏との共著/音楽之友社)などがあります。https://www.music-facilitator.com/       亀田正俊(かめだ まさとし) 楽譜編集者 音楽を演奏することは人生を豊かにしてくれます。そのお手伝いができるような楽譜づくりを日々めざしています。早稲田大学交響楽団卒業。某音楽出版社に勤務し、バッハやブルクミュラー、左手のピアノ曲や現代音楽まで幅広い作品の編集を手がけています。鍵盤ハーモニカ、ピアノ、チェロを演奏し、休日は音楽三昧の道楽音楽家です。     日時:2月11日(日) いちご音楽会 トイピアノと鍵盤ハーモニカでコンサート♪ トイピアノ 飯田有抄 & 鍵盤ハーモニカ 亀田正俊 15:15~(15分くらい)・・・ブックトーク&朗読 お二人のお勧め児童書をご紹介したり朗読したり。 15:30~(15分くらい)・・・コンサート(演奏曲目:ブルクミュラー作曲「アラベスク」「貴婦人の乗馬」飯田有抄作曲 組曲「猫の呼吸」ほか 場所:ブックハウスカフェ店内 らせん階段のところあたり 無料・ご予約不要です。 お問合せはブックハウスカフェまでどうぞ。 ----------------------------------------------- 絵本を選びながら、また、カフェで美味しいお飲み物をお召し上がりながらのコンサート。とても良いですよ。当日は混み合う可能性がありますので、どうぞご了承ください。 ------------------------------------------------------------------------- ※イベントは予告なく変更になる可能性があります。
12
13
14
絵本コーディネーター東條知美 presents「夜の絵本屋」第二弾 7:00 PM
絵本コーディネーター東條知美 presents「夜の絵本屋」第二弾
2月 14 @ 7:00 PM – 8:30 PM
絵本コーディネーター東條知美 presents「夜の絵本屋」第二弾
◆絵本コーディネーター東條知美 presents「夜の絵本屋」第二弾 「絵本×チョコレート ~甘く妖しい大人の夜~」 ゲスト:樋上公実子(画家)、もとしたいづみ(絵本作家) ナンセンス絵本から食のエッセイまで幅広い作風で知られる絵本作家・もとしたいづみさんと、美しく妖しい絵で魅了する画家・樋上公実子さんをお迎えします。さらにこの日は2/14。お二人の共著『チョコレータひめ』(教育画劇)の創作秘話や、恋の話も飛び出すかもしれません!バレンタインの夜はブックハウスカフェで、「甘く妖しい」絵本の時間をぜひご一緒いたしましょう。 男性も女性もはじめての方も大歓迎です♡ (開催日時)2/14(水)19:00~20:30(18:30開場) (内容)ゲストに樋上公実子さん(画家)&もとしたいづみさん(絵本作家)をお迎えし、朗読や創作エピソードなどを交えたトークをお楽しみいただきます。終了後にサイン会を予定。 (進行:絵本コーディネーター東條知美) (会場)ブックハウスカフェ (参加費) 1000円(1ドリンク+ひとつまみチョコ込) (要予約)ブックハウスカフェ店頭/お電話(03-6261-6177)/メール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約ください。 ※ご予約の際は お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください。 ----------------------------------------------------------                (出演者プロフィール) ☆樋上公実子(ひがみくみこ) 画家。東京都生まれ。 関西学院大学ドイツ文学科卒業。東京や神戸を中心に個展開催。 『おとぎ話の忘れ物』(文・小川洋子/集英社)『柘榴姫社交倶楽部』(文・水城せとな/講談社)『はまぐりの草紙』(文・橋本治/講談社)『フルーツパフェ逍遥』(ビーナイス)絵本に『チョコレータひめ』(文・もとしたいづみ/教育画劇)『バンビと小鳥』ポプラ社)等。   ☆もとしたいづみ 絵本・童話作家。実践女子大学国文科卒業。『チョコレータひめ』(絵・樋上公実子/教育画劇)『まよいみちこさん』(絵・田中六大/小峰書店)『じごくのさたもうでしだい』(絵・竹内通雅/ひかりのくに)「うらない♡うららちゃん」シリーズ(絵・ぶーた/ポプラ社)翻訳『あかちゃん社長がやってきた』(作・マーラ・フレイジー/講談社)エッセイ集『レモンパイはメレンゲの彼方へ』(ホーム社)等多数。       ☆進行:絵本コーディネーター東條知美(とうじょうともみ) 新潟県上越市出身。白百合女子大学卒。(株)メディアファクトリー(現KADOKAWA)、国立国会図書館、ビジネス書出版プロデュース社、幼児教育系専門学校を経て現在都内小学校に勤務。絵本を題材にした講演、執筆、イベント等。 *絵本の100年と未来研究会 主宰 *「webぎゅって」絵本コラム連載(2017.4~) *ブログ「僕らの絵本」
15
沖縄と子どもの貧困を考える ~『沖縄子どもの貧困白書』出版記念 連続トーク第2回~ 6:00 PM
沖縄と子どもの貧困を考える ~『沖縄子どもの貧困白書』出版記念 連続トーク第2回~
2月 15 @ 6:00 PM – 7:30 PM
沖縄と子どもの貧困を考える ~『沖縄子どもの貧困白書』出版記念 連続トーク第2回~
『沖縄子どもの貧困白書』出版記念 連続トーク 「沖縄と子どもの貧困を考える」 『沖縄子どもの貧困白書』 編著:沖縄県子ども総合研究所 ISBN:978-4-7803-0929-4 価格:定価(本体価格2,700円+税) 出版社:かもがわ出版 (『沖縄子どもの貧困白書』編集委員会・・・加藤彰彦●沖縄大学名誉教授/上間陽子●琉球大学教育学研究科教授/鎌田佐多子●沖縄女子短期大学学長/金城隆一●NPO 法人 沖縄青少年自立援助センター ちゅらゆい代表/小田切忠人●琉球大学教育学部長・教育学研究科長)       沖縄を見ずして、日本は見えない。 沖縄に学ばずして、自らの地域は知れない。 全国で初めて、独自の調査によって子どもの貧困率を算出した沖縄で、 全国で初めて、行政と市民がいっしょに白書をつくりました。 これは、子どもたち・若者たちが安心してしあわせに暮らせる 沖縄の未来のために取り組む人々が共有する決意の書であり、羅針盤です。 困難な歴史と現在を背負う沖縄からの発信を受けとめ、 沖縄県外での学びと議論の場を企画いたしました。 ☆この書籍の編集委員・沖縄大学名誉教授の加藤彰彦先生をホストに、毎回多彩なゲストをお招きしての連続講座です。ふるってご参加ください。  ------------------------------------------- 『沖縄子どもの貧困白書』出版記念 連続トーク(全5回) 「沖縄と子どもの貧困を考える」 ホスト:加藤彰彦さん(沖縄大学名誉教授・『沖縄と子どもの貧困を考える』編集委員) 第1回ゲスト:野上暁さん(子ども文化研究科・日本ペンクラブ常務理事) 第2回ゲスト:西郷南海子さん(安保関連法に反対するママの会発起人) 第3回ゲスト:汐見稔幸さん(白梅学園大学・短期大学学長・日本保育学会会長) 第4回ゲスト:湯浅誠さん(社会活動家・法政大学教授) 第5回ゲスト:真鍋和子さん(児童文学作家・元日本大学芸術学部講師) (各回共通) 参加費:1,500円(1ドリンク付) 要予約:ご希望の回(日程)、お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数をお知らせください 会場:ブックハウスカフェ(〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F)地下鉄「神保町駅」A1出口から徒歩30秒 共催:かもがわ出版 予約・お問い合わせは ブックハウスカフェ店頭/お電話/メールにて承ります。 電話 03-6261-6177 E-mail book@bookhousecafe.jp  -------------------------------------------  [連続トーク プログラム] ◆第1回  1月26日(金)19:00~20:30( その後サイン会) ~子どもの文化から考える沖縄と貧困~ ゲスト:野上 暁さん(子ども文化研究家、日本ペンクラブ常務理事) ◆第2回  2月15日(木)18:00~19:30 ※他の回と時間が異なります。 ~沖縄から考える「だれの子どももころさせない」~ ゲスト:西郷南海子さん(安保関連法に反対するママの会発起人) ◆第3回  3月6日(火)19:00~20:30( その後サイン会) ~日本の子ども・沖縄の子ども~ ゲスト:汐見稔幸さん(白梅学園大学・短期大学学長、日本保育学会会長) ◆第4回  3月13日(火)19:00~20:30( その後サイン会) ~沖縄の官民の子どもの貧困問題への取り組みとこれから~ ゲスト:湯浅 誠さん(社会活動家、法政大学教授) ◆第5回  3月27日(火)19:00~20:30( その後サイン会) ~過去の戦争・今の戦争と子ども~ ゲスト:真鍋和子さん(児童文学作家、元日本大学芸術学部講師)
16
巽孝之さんにきく「オズの果てへの旅ーまたはアメリカ最初の童話ー」文学うさぎの研究所Vol.2  6:30 PM
巽孝之さんにきく「オズの果てへの旅ーまたはアメリカ最初の童話ー」文学うさぎの研究所Vol.2 
2月 16 @ 6:30 PM – 8:00 PM
巽孝之さんにきく「オズの果てへの旅ーまたはアメリカ最初の童話ー」文学うさぎの研究所Vol.2 
ブックハウスカフェ・文学うさぎの研究所 Vol.2 巽孝之さんにきく(慶應義塾大学文学部教授)  オズの果てへの旅ーまたはアメリカ最初の童話ー                                                                                                                               現代アメリカ人の心の故郷となった〈オズの国〉。新たなフロンティアを希求した時代の開拓者精神転じては帝国主義指向と、映画版の結末で主人公ドロシーが口にするリフレイン「何といってもわが家がいちばん」“There’s no place like home!” が表象する家庭小説的理念は、どのように共存しえたのか。映画『スター・ウォーズ』のあのキャラクターたちも『オズ』の焼き直しだった!?  巽孝之さんにお話しいただきます! お気軽にご参加ください。                                                                                                             ...
17
浜田桂子さんお子さま・親子向けトーク~絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』関連企画~ 2:00 PM
浜田桂子さんお子さま・親子向けトーク~絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』関連企画~
2月 17 @ 2:00 PM – 3:00 PM
浜田桂子さんお子さま・親子向けトーク~絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』関連企画~
浜田桂子さんの絵本『だれのこどもも ころさせない』の原画展開催中の関連イベントです。 ------------------------------------------------------------------------------------- ■浜田桂子さん 絵本読み聞かせとトーク/お子さま・親子向け 「ママ、きょうのよる、せんそうにならない?」 「大丈夫、ママはね、戦争しないと決めたの」 絵本『だれのこどもも ころさせない』(かもがわ出版)は、西郷南海子さんと当時4歳だったお子さんとの、こんな会話から生まれました。それを聞いた絵本作家・浜田桂子さんは、夜、子どもが安心して眠りに就けるようにとの願いを込めたと、語ります。絵本を読みながら、お子さまとご一緒に、浜田さんの絵本のこと、思いを伺ってみませんか?ぜひ、ふるってご参加ください。 2月17日(土)14:00~15:00 終了後サイン会 参加費:無料(カフェスペースで行うため、大人の方(お付き添いの方含)はワンドリンクご購入お願いいたします) ご予約おすすめ(ご予約いただきますと確実にご参加いただけます) ------------------------------------------------------------------------------------- 原画展期間中の他関連イベント ■浜田桂子さん 絵本読み聞かせとトーク/おとな向け 聞き手 野上暁さん(評論家・児童文学者) 2月8日(木)19:00~20:30 終了後サイン会 参加費:¥1,300(1ドリンク付) 予約:要(店頭/E-mail book@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)  ※ご予約の際は、お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください    聞き手・野上暁さんの巧みな聞き技にも注目です。 ふるってご参加ください。 ------------------------------------------------------------------------------------- 浜田桂子さん絵本原画展『だれのこどもも ころさせない』 「ママ、きょうのよる、せんそうにならない?」 「大丈夫、ママはね、戦争しないと決めたの」 絵本『だれのこどもも ころさせない』(かもがわ出版)は、こんな母と子の会話から生まれました。夜、子どもが安心して眠りに就けるようにとの願いを込めたと、絵本作家・浜田桂子さんは語ります。 絵本で平和をつくり続ける浜田桂子さんの原画展、親子で、ご家族で―――子どもにかかわる方々にぜひ、見ていただきたい作品です。 日時 2018年1月30日(火)~2月28日(水)終了 場所 ブックハウスカフェ 右奥ギャラリー 期間中無休 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ブックハウスカフェオープン時にはいつでもご覧いただけます。 ※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。  ------------------------------------------------------------------------------------- 浜田桂子(はまだ けいこ) 1947 年埼玉県生まれ。絵本作家・画家。 田中一光デザイン室勤務後、1984 年『あやちゃんのうまれたひ』(福音館書店)でデビュー。絵本に『 てとてと てと て』 『わらう』(福音館書店)、『ぼくのかわいくないいもうと』『あげます。』(ポプラ社)、『さっちゃんとなっちゃん』『ぼくがあかちゃんだったとき』(教育画劇)ほか多数。日本・中国・韓国の12 名の絵本作家と連帯し平和絵本シリーズを企画。『へいわってどんなこと?』を3 国共同刊行(日本は童心社)。国内・海外の子どもたちと、絵本を通しての交流も多い。
18
みんなで英語絵本 リーダーズシアター 10:15 AM
みんなで英語絵本 リーダーズシアター
2月 18 @ 10:15 AM – 11:15 AM
みんなで英語絵本  リーダーズシアター 英語絵本を楽しむことで、英語にも親しみがわいてくる!感情をこめて絵本を読んでみよう! 目的: 講師と問答しながら絵本を味わい読み合う・RTでは、子どもに発表の時間を与える・子どもが読める英語絵本を紹介し、一緒に読む・英語や読書の動機付けをする・英語でのプレゼン経験を!etc… 対象:4歳〜大人 人数:先着15人(要予約※予約方法は最後をご覧ください) 日時:2月18日(日) 10:15~11:15 テキスト:Elephant & Piggie: There Is a Bird on Your Head! 場所: らせん階段 参加費: 1回¥1,200(税別)   --------------------------------------------------------------------------- ご予約方法 ブックハウスカフェ店頭・TEL(03-6261-6177)または E-mail(book@bookhousecafe.jp)でどうぞ。 ※ご予約の際には「イベントの名前&実施日・お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 ※イベントは予告なく変更になる場合があります。予めご了承くださいませ。 ※英語絵本イベントはキャンセル不可となっております。 ※テキストを既にお持ちの方はスタッフまでご相談ください。 その他、ご不明な点などございましたらお問合せください。
朗読音楽会 ロバのおうじ 2:00 PM
朗読音楽会 ロバのおうじ
2月 18 @ 2:00 PM – 6:00 PM
朗読音楽会 ロバのおうじ
日時:2018年2月18日(日)2回公演 <1> 14:00〜  <2>16:00〜(各回30分前より開場) 場所:こどもの本専門店 ブックハウスカフェ 出演:阿部早苗(朗読)永田斉子(リュート) 料金:2000円(前売&当日共 1ドリンク付き) *同伴の小学生以下のお子さんは無料 プログラム:(全体約60分) ・「ロバのおうじ」(グリム童話より M.ジーン・クレイグ再話)*挿絵の投影があります。 ・リュートを囲んでの交流会 ☆絵本「ロバのおうじ」の販売を行います! 共催:しき読みの会 & こどもの本専門店ブックハウスカフェ 後援:株式会社ほるぷ出版 企画:コンサートプロデュース・ルミエールプロジェ   ▶︎ご予約&お問い合わせ:公演日、ご希望の時間、お名前、枚数をお知らせください。 ・「ロバのおうじ」事務局 メール robalute@gmail.com  tel: 080-5006-1306(永田) ・しき読みの会      メール equinoccio.luna@gmail.com tel: 090-8564-2956(阿部) ブックハウスカフェ 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル1F TEL 03(6261)6177 / FAX 03(6261)6178 / http://www.bookhousecafe.jp/ ※イベントは予告なく変更になる場合がありますので予めご了承くださいませ。
19
20
沖本るり子が語る「新しい働き方」への道 7:00 PM
沖本るり子が語る「新しい働き方」への道
2月 20 @ 7:00 PM – 9:00 PM
沖本るり子が語る「新しい働き方」への道 ~ 会社員から独立起業して講演・研修講師、著者へ ~ ・人生100年時代と言われる現代、これからはひとつのキャリアだけで過ごすには、あまりにも定年後の人生が長くなっています。 ・そこで、セカンド・キャリアやサード・キャリアをいかにして見つけ、自分が好きなことを 生かして仕事にしていくかが、人生設計のキーポイントになっていくでしょう。 ・そうした中で、会社員から独立起業して、会議活用術「5分会議」トレーナーとして企業向けコンサルタント、講演および研修講師として活躍する沖本るり子さんをゲストとしてお迎えし、自らの体験をもとに、「新しい働き方」について本音を語っていただきます。  ・聞き手は、ビジネス書作家、ブロガーでビジネス開拓アドバイザーの大杉潤です。 ・イベントは下記の通り、開催されますので、皆さま奮ってご参加ください。                記 1.日 時; 2018年2月20日(火)19:00~21:00 2.場 所; こどもの本専門店 ブックハウスカフェ2F イベントスペース        〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル 3.参加費; 3,000円 (懇親会付き) 4.内 容; 沖本るり子トークショー 新しい働き方への道 ~会議活用術「5分会議」トレーナー~ (進行)   ビジネス書作家の大杉潤との対談形式で本音を語っていただきます 5.その他;以下の書籍販売を行い、希望者には著者がその場でサインをします ・沖本るり子『生産性アップ!短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」』(明日香出版社) ・大杉潤『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを答えを見つけました』(キノブックス) 6.申込み;   FB利用の方 ⇒ イベントページの参加クリック    FB以外の方 ⇒ 電話(03-6261-6177)または    メール(book@bookhousecafe.jp) 7.主 催; ブックハウスカフェ *また今後、今回の聞き手である大杉潤プロデュースによるイベントを、ここブックハウスカフェにて、以下の通り、毎月開催していく予定です。  各イベントの詳細が決まりましたら、随時ご案内します。 <2017年以降の開催イベント実績と今後の予定> (6月) 牛窪万里子トークショー ~ サントリーからNHKキャスター、会社経営へ (7月) マッピーのカフェラジオ公開収録 ~ 上杉惠理子 × 大杉潤 (8月) 石井めぐみトークショー ~ 女優から地方議員へ (9月) 阿隅和美トークショー ~ ワークライフバランス泣き笑い!NHKキャスター、独立起業へ (9月) 河野真妃の「親子セミナー」 (10月) 三宅哲之トークショー ~ 自分サイズの「新しい働き方」のキッカケづくり (11月) 城村典子トークショー ~出版社編集者から独立起業、著者の育成へ~ (11月) 塚崎公義「出版記念パーティー」 (11月) 高橋和子トークショー (12月) 河野真妃の「親子セミナー」(リクエスト開催) (1月) 石川和男トークショー ~ 5つの仕事を持つスーパーサラリーマンの極意~                            以 上
21
絵本屋さんで手話講座・2018年冬学期 第2回 4:30 PM
絵本屋さんで手話講座・2018年冬学期 第2回
2月 21 @ 4:30 PM – 8:30 PM
「絵本屋さんで手話講座」2017年秋の講座・シーズン1がご好評のうちに終了いたしました。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。 続きまして、今度は平日の夜に講座を開催いたします。 内容は基本的には秋学期と同様です。初めての方、秋学期にご予定が合わなかったという方はもちろん、既に講座にご参加いただいた方にも、十分ご満足いただけるように、ちょっぴりマイナーチェンジがあったり、手話表現を広げて参ります。 また、ご参加いただいた方のリクエストなども伺いながら進めて参りますので、講座は生物・ライブです!ぜひ、たくさんの方のご参加をお待ちしております。 講師は、まついみえこさん。歌って踊れる手話通訳士、手話奏者。手話でフラを教えていらっしゃるという、面白スゴイ方です。まついさんの手話は、優雅に優美に踊るかのようです。 ~まついみえこさんからのメッセージ~ 手話で気持ちを伝えあえたら素敵だなって思った方。 私と一緒に手話の世界の扉を開けてみませんか? かわいい絵本でわかりやすくそしてワクワクしながら学べます。 時間は90分。 講座の後は、お時間のある方は、お茶を飲みながら手話を交え習いつつの雑談も。 講座は全3回です。2回目と3回目は、絵本作家のほんまちひろさんもゲストでご登場。ほんまちひろさんの訳された絵本『どんなきもち?』『ともだちになろう』(以上西村書店)を使って、手話表現を学びます。絵本と手話、どんなコラボになるのでしょうか。 ぜひ、お気軽にご参加ください。 ------------------------------------------------------------------------- 【絵本屋さんで手話講座・2018年冬学期】 手話で気持ちを伝えあえたら素敵だなって思った方。 一緒に手話の世界の扉を開けてみませんか? かわいい絵本でわかりやすく、ワクワク学べます。 第1回 2018年1月17日(水)・・・ 聞こえないってどういうこと? 手話で挨拶 第2回 2018年2月21日(水)・・・ 気持ちを伝え合おう 『どんなきもち?』 第3回 2018年3月14日(水)・・・ 絵本を手話で表現しよう  『ともだちになろう』 ※連続講座ではありませんので、単発でどの回にご参加いただいても楽しめますが、全部違った切り口で開催しますので、3回ともご参加されることをお勧めします! 時間:各日とも16:30~18:00(16:20から手話付き絵本読み聞かせ)/19:00~20:30(18:50から手話付き絵本読み聞かせ)  (ご予約多数につき、各日とも16:30からの回を追加いたしました。こちらの方がゆったりと受講いただけますので、ご都合のつく方にはおすすめです。既に19時からのご予約をいただいた方で、16:30からでもご参加いただけるという方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください) 参加費:(講座1回につき)   ¥1,000(大人の方)・¥800(子ども)・大人&子どもペア割り¥1,500 (いずれもワンドリンク付) 要予約:ブックハウスカフェまで、お電話(03-6261-6177)またはメール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約ください。※ご予約の際は お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)・ご参加希望の回 をお知らせくださいませ。 場所:ブックハウスカフェ店内 ※各回ともに、講座の直前は受付に時間がかかってしまいますので、可能な方は、少し早めに受付をお済ませいただけたら嬉しいです。 ※店内で絵本を読む時間が、変更になりました。講座のプチプレゼントとして、ぜひこちらもお楽しみください。この読み聞かせ自体は、無料です。 ----------------------------------------------------------------------- ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております!
22
23
24
ひとりで絵本を買いに行こう!『ひとりで えほん かいました』関連イベント&くすのきしげのりさんトーク! 1:00 PM
ひとりで絵本を買いに行こう!『ひとりで えほん かいました』関連イベント&くすのきしげのりさんトーク!
2月 24 @ 1:00 PM – 3:00 PM
ひとりで絵本を買いに行こう!『ひとりで えほん かいました』関連イベント&くすのきしげのりさんトーク!
『ひとりで えほん かいました』  くすのき しげのり/作   ゆーち みえこ/絵   アリス館  定価(本体1300円+税)  ISBN9784752008095 誕生日の前日、かおりちゃんは『ひとりでおかいものけん』を作って、誕生日プレゼントにしてもらいます。それを持って、ひとりで本屋さんの中へ。自分の気に入った本を買えるでしょうか。 初めてのおつかいから、初めての 「自分で好きなものを選んで購入する」 へ。お子さまが一人で選んで何かを買うことを練習するには、絵本はとってもおススメです!お子さまの初めてのお買い物を、ブックハウスカフェも応援していますよ♪ ------------------------------------------------------------------------- この『ひとりで えほん かいました』のイベントを開催します♪ 題して「ひとりで 絵本 買いにいこう!」 タイトル通り、お子さまがお一人で、絵本を買うというイベントです。 お子さまが絵本を一人で選び、そしてご自分でレジへ進んで、買うということを体験していただきます。 なんと、作のくすのきしげのりさんが特別ゲスト!くすのきさんのスペシャルトーク、そしてサイン会もお楽しみに! ------------------------------------------------------------------------- 『ひとりで えほん かいました』刊行記念イベント 「ひとりで 絵本 買いにいこう!」 一人で絵本を選ぶことは、とっても簡単?それとも難しそう?自分の好きな本って、どんな本なんだろう・・・。 絵本屋さんで「一人で絵本を買う」体験をしてみませんか。 一人じっくり選ぶのもいいし、困ったときにはスタッフにも頼ってくださいね。絵本屋さんは、お子さまの初めてのお買い物を応援しています! スペシャルすぎるゲストは、くすのきしげのりさん! この絵本がどうやって生まれたのか、くすのきさんがどうやって一冊の絵本を作っていかれるのかなどのお話をたっぷり伺います。   日時:2018年2月24日(土)13時から約90分 ※終了後はサイン会 参加費:絵本1冊のご購入代 ※お子さまがお選びになる絵本により異なります。また、カフェスペースでイベントを行いますため、大人の方は、ワンドリンクチケットご購入をお願いいたします。 要予約:ブックハウスカフェ店頭/お電話(03-6261-6177)/メール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約ください。 ※ご予約の際は イベント名(日時)・お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども) をお知らせくださいませ。 場所:ブックハウスカフェ店内 内容:くすのきさんの『ひとりで えほん かいました』読み聞かせ、そしてお話の後は、お子さまが店内を自由に回って、1冊絵本を選んでレジでお買い物をしていただきます。その間、お付き添いの大人の方は、別室で待機していただきますが、お待ちいただいている間はくすのきさんによるスペシャルトーク。長年、教育現場にいたくすのきさんの子どもたちの心によりそう作品がどのように生まれたのか、作品同士のヒミツなど、貴重なお話をうかがいます。また、お子さまがレジにてお会計をされているところの写真を撮らせていただき、スペシャル台紙と合わせてプレゼントいたします☆お楽しみに! 持ち物:絵本のお買い物用に、1,500円~2,000円くらいをお子さま用のお財布またはミニバッグに入れてお持ちください。(お財布やバッグは、ポケットに入る、首からかけるなど、両手が自由になるタイプがオススメです)。金種はお任せいたします。 ----------------------------------------------------------------------- ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。みなさまのご参加をお待ちしております!   くすのき しげのり  1961年生まれ。徳島県在住。鳴門教育大学大学院修士課程修了。  小学校教諭、鳴門市立図書館副館長等を経て、現在、作家として児童文学  を中心とする創作活動と講演活動を行なっている。  主な作品として、『おこだでませんように』『メガネかけたら』(共に小学館)、  『ええところ』(学研)、『三年一組春野先生』(講談社)  『Lifeライフ』(瑞雲舎)、『ええたま いっちょう!』(岩崎書店)など  日本および海外で多数。    ゆーち みえこ  東京生まれ。早稲田大学卒業後、子どもの本の仕事を始める。  絵本に『えらいこっちゃのようちえん』(アリス館)、『ねむりいす』  『あたしのやまのぼり』(ひさかたチャイルド)、  挿絵に「まじょ子」シリーズ全59巻、「魔女ママ」シリーズ全50巻(以上  ポプラ社)、 「金髪フランツ」シリーズ全7巻(偕成社)、『空にむかって  ともだち宣言』(国土社)などがある。日本児童出版美術家連盟会員。
山中恒さん『戦時下の絵本と教育勅語』刊行記念 講演会 3:00 PM
山中恒さん『戦時下の絵本と教育勅語』刊行記念 講演会
2月 24 @ 3:00 PM – 4:30 PM
『戦時下の絵本と教育勅語』刊行記念・山中恒さん講演  『あばれはっちゃく』や『おれがあいつであいつがおれで』などの児童読み物とともに、戦時下の研究で知られる山中恒さんの話を生で聞ける貴重な機会です。戦時下にどのような絵本がつくられていたのか、教育勅語との関係はいかに?  子ども時代に戦時下を過ごした山中先生ならではのお話……ぜひお聞き逃しないように。併せて戦時下の絵本の読み聞かせや、山中恒先生直筆の色紙があたるクイズも予定しています! ------------------------------------------------------------------------- 『戦時下の絵本と教育勅語』刊行記念 山中恒さん講演 ◆日時:2018年2月24日(土)15:00~約90分(終了後サイン会) ◆場所:ブックハウスカフェ ◆参加費:1,300円(ワンドリンク付) ※小学生以下無料 ◆要予約:店頭・お電話(03-6261-6177)・メール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約。 ※ご予約の際は イベントタイトル・お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数 をお知らせくださいませ。 *講演 山中 恒 *企画協力 子どもの未来社 ------------------------------------------------------------------------- 山中恒(やまなか・ひさし) 1931年北海道小樽市生まれ。児童読み物・ノンフィクション作家。 『赤毛のポチ』で日本児童文学者協会新人賞、『三人泣きばやし』で産経児童出版文化賞、『山中恒児童よみもの選集』で巌谷小波文芸賞、『とんでろじいちゃん』で野間児童文芸賞。映画化された作品に「サムライの子」「転校生」「さびしんぼう」、テレビドラマ化された作品に「あばれはっちゃく」「ぼくがぼくであること」「おれがあいつであいつがおれで」など。戦時下を描いたノンフィクションに『ボクラ少国民』シリーズ(辺境社)、『すっきりわかる「靖国神社」問題 』(小学館)、『アジア・太平洋戦争史』(岩波書店)、『戦争ができなかった日本~総力戦体制の内側』(角川書店)、『少国民戦争文化史』(辺境社)、『靖国の子』(大月書店)などがある。 ----------------------------------------------------------------------- ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております!
25
妖怪+絵本作家 加藤志異さんに妖怪似顔絵を描いてもらいませんか? 11:00 AM
妖怪+絵本作家 加藤志異さんに妖怪似顔絵を描いてもらいませんか?
2月 25 @ 11:00 AM – 1:00 PM
妖怪+絵本作家 加藤志異さんに妖怪似顔絵を描いてもらいませんか?
絵本作家でもあり妖怪でもある加藤志異さんが、なんとあなたをお好きな妖怪に変えて、似顔絵を描いてくれるというではありませんか。 妖怪似顔絵は、加藤志異さんの絵本をご購入の方は、どなたでも描いていただけますよ! ぜひこの機会に、妖怪の似顔絵を描いてもらって、ちょっとした妖怪気分になってみませんか?記念にどうぞ♪ ------------------------------------------------------ 「絵本作家・妖怪・加藤志異さんに妖怪似顔絵を描いてもらおう!」 2018年2月25日(日)11:00~13:00 随時開催 対象:加藤志異さんの絵本をご購入の方ならどなたでも ご予約不要です。お気軽にご参加ください。 また、この日は14時から加藤志異さんと絵本をつくるワークショップも開催いたします。ぜひ合わせて、お楽しみください。 詳細は↓こちらをどうぞ! -------------------------------------------------------------- 絵本作家 加藤志異さんの絵本作りワークショップ 日時:  2018年2月25日(日) 14:00~16:00 場所:  ブックハウスカフェ  持ち物:  色鉛筆と筆記用具(持っていない方はお貸しします。) 参加費:  2,000 円 (ワンドリンク付き/絵本、送料も含まれています) *年齢制限はございません。大人の方の参加も大歓迎! 予約:  要(店頭/E-mail (book@bookhousecafe.jp)/お電話 03-6261-6177)  ※ご予約の際はイベント名(日時)・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください   <ワークショップの内容> 参加者全員で1冊の絵本を制作します。1人4ページ(2枚)づつ担当します。 後日、全員の作品を1冊の絵本にまとめて印刷・製本、後日郵送いたします。 *送料も参加費に含まれております。   <流れ> ①    自己紹介タイム 参加者みなさんで短く自己紹介。(5秒で大丈夫!) ②    テーマ発表 その日、全員で作る絵本のタイトルとテーマを加藤先生が発表します。 4ページ分(2見開き)を描いていただきます。 例)タイトル「おとなになったらどうなるの?」 ③    発想タイム どんなストーリー、絵にするか考えます。(30分位) *加藤先生が相談にのりますので心配ご無用! ④ ラフ作成 内容が決まったら、鉛筆でラフを描きます。(下書きのようなもの) できあがったら、加藤先生がチェック&アドバイス。 ⑤ 本描き ラフをもとに、色鉛筆をつかって描きます。 ⑥ 作品発表 自身の作品を披露 ⑦ 読み聞かせ&トークショー 時間があれば、加藤先生の読み聞かせやトークショーをお楽しみいただけます。 ⑧ ご自宅に絵本をご郵送      ワークショップのHPは http://kodomo-event.main.jp/   また、加藤志異さんの絵本をご購入の方には、サインと一緒になんと妖怪似顔絵も描いてもらえます!こちらもどうぞお楽しみに♪   ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております! -------------------------------------------------------------- 加藤志異(かとう  しい) プロフィール 1975年岐阜県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。あとさき塾出身。 妖怪になるのが夢の絵本作家。 絵本の作に『とりかえちゃん』(絵:本秀康/文溪堂)、『ぐるぐるぐるぽん』(絵:竹内通雅/文溪堂)、『クッツケロ』(絵:本秀康/学研プラス)、『せかいいちたかい すべりだい』(絵/山崎克己/大日本図書)などがある。 自身のドキュメンタリー映画 「加藤くんからのメッセージ」(監督 綿毛)が全国各地で劇場公開、DVDとして発売される。 有限会社トムズボックス・スタッフ。   西田伸昌 (にしだ のぶまさ) プロフィール 絵本専門士・放送作家 ペンネーム「N田N昌」で絵本コラムを執筆。「大人絵本文化」「絵本プレゼント文化」を広めるために活動中。
妖怪+絵本作家 加藤くんと絵本をつくるワークショップ 2:00 PM
妖怪+絵本作家 加藤くんと絵本をつくるワークショップ
2月 25 @ 2:00 PM – 4:00 PM
妖怪+絵本作家 加藤くんと絵本をつくるワークショップ
絵本作家でもあり、妖怪でもある、加藤志異さんと一緒に絵本をつくるワークショップを開催いたします。 『とりかえちゃん』や『クッツケロ』などの人気の絵本の作家・加藤志異さんは分かるけれど、妖怪・加藤志異って何?という方のために、ご説明を--------   ------させていただけたらどんなに良いかと思うのですが、実のところ、スタッフ(ひ)にも真相は分からなくて。なので、謎のままワークショップにご参加いただき、ぜひ直接加藤志異さんに尋ねてみてください。 という訳で非常に興味深いワークショップ(内容に関しての言及一切なし(笑) 詳細は以下をご覧ください)、お子さまから大人まで、加藤志異さん、絵本専門士の西田伸昌さんとご一緒に楽しみましょう!ふるってご参加ください。 -------------------------------------------------------------- 絵本作家 加藤志異さんの絵本作りワークショップ 日時:  2018年2月25日(日) 14:00~16:00 場所:  ブックハウスカフェ  持ち物:  色鉛筆と筆記用具(持っていない方はお貸しします。) 参加費:  2,000 円 (ワンドリンク付き/絵本、送料も含まれています) *年齢制限はございません。大人の方の参加も大歓迎! 予約:  要(店頭/E-mail (book@bookhousecafe.jp)/お電話 03-6261-6177)  ※ご予約の際はイベント名(日時)・お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)をお知らせください   <ワークショップの内容> 参加者全員で1冊の絵本を制作します。1人4ページ(2枚)づつ担当します。 後日、全員の作品を1冊の絵本にまとめて印刷・製本、後日郵送いたします。 *送料も参加費に含まれております。   <流れ> ①    自己紹介タイム 参加者みなさんで短く自己紹介。(5秒で大丈夫!) ②    テーマ発表 その日、全員で作る絵本のタイトルとテーマを加藤先生が発表します。 4ページ分(2見開き)を描いていただきます。 例)タイトル「おとなになったらどうなるの?」 ③    発想タイム どんなストーリー、絵にするか考えます。(30分位) *加藤先生が相談にのりますので心配ご無用! ④ ラフ作成 内容が決まったら、鉛筆でラフを描きます。(下書きのようなもの) できあがったら、加藤先生がチェック&アドバイス。 ⑤ 本描き ラフをもとに、色鉛筆をつかって描きます。 ⑥ 作品発表 自身の作品を披露 ⑦ 読み聞かせ&トークショー 時間があれば、加藤先生の読み聞かせやトークショーをお楽しみいただけます。 ⑧ ご自宅に絵本をご郵送      ワークショップのHPは http://kodomo-event.main.jp/   また、加藤志異さんの絵本をご購入の方には、サインと一緒になんと妖怪似顔絵も描いてもらえます!こちらもどうぞお楽しみに♪   ※詳細、お問い合わせはE-mailまたはお電話でブックハウスカフェまでどうぞ。 みなさまのご参加をお待ちしております! -------------------------------------------------------------- 加藤志異(かとう  しい) プロフィール 1975年岐阜県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。あとさき塾出身。 妖怪になるのが夢の絵本作家。 絵本の作に『とりかえちゃん』(絵:本秀康/文溪堂)、『ぐるぐるぐるぽん』(絵:竹内通雅/文溪堂)、『クッツケロ』(絵:本秀康/学研プラス)、『せかいいちたかい すべりだい』(絵/山崎克己/大日本図書)などがある。 自身のドキュメンタリー映画 「加藤くんからのメッセージ」(監督 綿毛)が全国各地で劇場公開、DVDとして発売される。 有限会社トムズボックス・スタッフ。   西田伸昌 (にしだ のぶまさ) プロフィール 絵本専門士・放送作家 ペンネーム「N田N昌」で絵本コラムを執筆。「大人絵本文化」「絵本プレゼント文化」を広めるために活動中。
26
27
真珠まりこさんトークイベント「もったいないばあさん ガンジス河へいく」 インドの旅の話 7:00 PM
真珠まりこさんトークイベント「もったいないばあさん ガンジス河へいく」 インドの旅の話
2月 27 @ 7:00 PM – 9:00 PM
真珠まりこさんトークイベント「もったいないばあさん ガンジス河へいく」 インドの旅の話
真珠まりこさんスペシャルトーク 「もったいないばあさん ガンジス河へいく」~インドの旅の話~ 「もったいないばあさん」シリーズ(講談社)の絵本作家・真珠まりこさんが、『もったいないばあさん』ヒンディー語版出版に合わせてインドへ旅立たれたのが、2018年1月。約4週間の旅を終えたばかりの真珠まりこさんに、旅のお話をじっくりとお聞きするイベントです。もったいないばあさんヒンディー語版のお話から、ブックフェアのお話、インドのお話など、様々な興味深いお話をうかがう機会、どうぞお楽しみに。 (真珠まりこさんより) 2018年1月もったいないばあさんのヒンディー語版がインドで出版され、デリーで開催されたワールドブックフェアに参加しました。 そのあと、ガンジス河の旅へ―――。 約4週間の旅を終えて、ガンジス河の周りに暮らす人々のこと、インドで感じたことなどをお話させていただきます。 もったいないばあさんの本でインドの子どもたちに環境を守る大切さを...というプロジェクトのプロデューサー・講談社の古賀義章さんと吉田幸司さんにも同席いただきお話を伺います。 (古賀さんは元クーリエ・ジャポンの編集長で、巨人の星のインド版アニメのプロデューサー、学生時代からインドの旅を続け、砂漠のマラソンにも参加される半分インド人のような方です。吉田さんは、前回と今回のインドの旅に同行してくださった、もったいないばあさんの本・講談社の編集長さんです) 真珠まりこさんスペシャルトーク 「もったいないばあさん ガンジス河へいく」~インドの旅の話~ 日時:2018年2月27日(火)19:00~(終了後サイン会もあります) 場所:ブックハウスカフェ(地下鉄神保町駅A1出口から徒歩1分) 要予約:ブックハウスカフェ店頭、お電話(03-6261-6177)またはメール(book@bookhousecafe.jp)にてご予約ください。 ※ご予約の際は お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども) をお知らせくださいませ。 参加費:¥1,800 ※インドにちなんで、神保町の「あの名店」のミニカレーとミニラッシー付きです!   ご予約・お問い合せは ブックハウスカフェまでどうぞ。 〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-5北沢ビル1F TEL 03(6261)6177 / FAX 03(6261)6178 / http://www.bookhousecafe.jp/ ※イベントは予告なく変更になる場合がありますので予めご了承くださいませ。
28

ブログblog