新着情報news

イベントカレンダーcalender

EVENT CALENDER

『カテゴリ』プルダウンメニューより、ご希望のカテゴリ別にご覧いただけます。

※カテゴリーを選択されると表示が自動的に当日を含む週に戻ります。

☆カレンダー右上のボタンから、表示を「日程」「日」「月」「週」に変更できます。

16 17 18 19 20 21 22
全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 16 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 16 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 17 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 17 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 18 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 18 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 19 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 19 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 20 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 20 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 21 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 21 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
12月 22 全日
えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
チェブラーシカマルシェ2018☆
チェブラーシカマルシェ2018☆
12月 22 全日
チェブラーシカマルシェ2018☆
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火)※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
今: 12月 17 03:53 pm
11:30 AM 赤ちゃんと英語えほん Let’sリードアラウド!2018年12月
赤ちゃんと英語えほん Let’sリードアラウド!2018年12月
12月 16 @ 11:30 AM – 12:15 PM
英語絵本イベント「赤ちゃんと英語えほん Let’sリードアラウド!」ぜひ、ふるってご参加ください。とっても楽しいですよ♪英語が母語の方も、英語初心者の方も、みんなでLet’s READ ALOUD‼ ※リードアラウド!やリーダーズシアターをご存知ない方は、 こちら をご覧ください。 --------------------------------------------------------------------------- 赤ちゃんと英語えほん Let’sリードアラウド! 英語絵本を楽しむことで、英語にも親しみがわいてくる!感情をこめて絵本を読んでみよう!   ■日時: 12月16日(日)11:30~12:15 テキスト「未定」 ■対象: 4歳未満の幼児とその家族、保育者など  ■場所: キッズスペース ※場所は変更になる可能性があります。 ■参加費(テキスト代): ¥1,200(税別)  ■要予約: ブックハウスカフェ店頭・TEL(03-6261-6177)・E-mail(book@bookhousecafe.jp)でどうぞ。 ※メールでご予約の際には「件名」に、イベントの名前&実施日、「本文」に、お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 ■内容: RAに適した英語絵本の紹介/家族で楽しむ英語絵本/家庭での楽しみ方提案など ※イベントは予告なく変更になる場合があります。予めご了承くださいませ。 ※英語絵本イベントはキャンセル不可となっております。イベント当日のご来店の有無に関わらず、テキストのご購入をお願いいたします。 その他、ご不明な点などございましたらお問合せください。
1:00 PM 英語絵本 リードアラウド!2018年12月
英語絵本 リードアラウド!2018年12月
12月 16 @ 1:00 PM – 1:45 PM
月に一度の英語絵本イベント、「英語絵本リードアラウド!」ぜひ、ふるってご参加ください。とっても楽しいですよ♪英語が母語の方も、英語初心者の方も、みんなでLet’s READ ALOUD‼ ※リードアラウド!やリーダーズシアターをご存知ない方は、 こちら をご覧ください。 --------------------------------------------------------------------------- みんなで英語絵本  Let’sリードアラウド (以下RA) 英語絵本を楽しむことで、英語にも親しみがわいてくる!感情をこめて絵本を読んでみよう! ■日時: 12月16日(日)13:00~13:45 テキスト「未定」 ■対象: 4歳〜大人 ■場所: らせん階段 ※場所は変更になる可能性があります。 ■参加費(テキスト代): ¥1,200(税別)  ■要予約: ブックハウスカフェ店頭・TEL(03-6261-6177)・E-mail(book@bookhousecafe.jp)でどうぞ。 ※メールでご予約の際には「件名」に、イベントの名前&実施日、「本文」に、お名前フルネーム(ふりがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 ■内容: 講師と問答しながら絵本を味わい読み合う/子どもが読める英語絵本を紹介し、一緒に読む/英語や読書の動機付けをする/英語でのプレゼン経験を!etc… ※イベントは予告なく変更になる場合があります。予めご了承くださいませ。 ※英語絵本イベントはキャンセル不可となっております。イベント当日のご来店の有無に関わらず、テキストのご購入をお願いいたします。 その他、ご不明な点などございましたらお問合せください。
6:00 PM BOOKBANDクリスマススペシャルライブ☆&クリスマスミニパーティへのお誘い☆
BOOKBANDクリスマススペシャルライブ☆&クリスマスミニパーティへのお誘い☆
12月 16 @ 6:00 PM – 8:00 PM
BOOKBANDクリスマススペシャルライブ☆&クリスマスミニパーティへのお誘い☆
みなさまに、メリークリスマス BOOKBAND(ブックバンド) クリスマススペシャルライブ☆ &クリスマスミニパーティへのお誘い☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 今年もだんだん暮れて参りました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 今年2018年の締めくくり、忘年会&クリスマスパーティで 楽しくご一緒に過ごしませんか。 ブックハウスカフェのハウスバンド(?)、ブックバンドさんが、 クリスマス恒例のライブを、今年も開催してくださることになりました。 とっても素敵なクリスマスプレゼントです。 ブックハウスのハウスバンド・ブックバンドのみなさまの 演奏をお楽しみいただきながら 2018年クリスマスの思い出を。 「ブックハウス、前から知ってるよ」という方も、 これが「初めまして」のご来店の方も、 どうぞお気軽にご参加ください!仮装も大歓迎。大人も子どもも集まれ~。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ BOOKBAND(ブックバンド)クリスマスライブ&ミニパーティ @ブックハウスカフェ   □日時: 2018/12/16(日) 18:00~20:00(17:45開場) □演奏: BOOKBANDのみなさま(いりやまさとしさん・真珠まりこさん・タカタカヲリさん・久留島太郎さん) □内容: BOOKBANDさんのクリスマスライブ・ゲーム・ビンゴ大会など(ゲームは当日のお楽しみ!) □参加費: 1,500円(小学生以下¥700・3才以下無料)※飲み放題&おつまみ付き♪ □持ち物: 300円程度のプレゼントをお持ちください。 □予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「12/16 クリスマスライブ」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ お子さま向けに、ブックハウスカフェ1F店内で、同日14時から、BOOKBAND(ブックバンド)さんのライブ&絵本読み聞かせもありま~す♪ こちらもぜひぜひ、ご参加ください。無料・ご予約不要です! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ BOOKBAND(ブックバンド) 絵本作家のいりやまさとしさん、真珠まりこさん、タカタカヲリさん、大学で保育学を教えている久留島太郎さんの4人で結成された、ブックハウスカフェのハウスバンド! ロックもバラードもポップスも古今東西の様々な音楽を届けてくれる、「すてきなよにんぐみ」です♪ 「すてきなよにんぐみ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
6:30 PM チェブラーシカ☆スペシャルトーク☆児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」
チェブラーシカ☆スペシャルトーク☆児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」
12月 18 @ 6:30 PM – 8:00 PM
チェブラーシカ☆スペシャルトーク☆児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火) ※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
6:30 PM 宮澤賢治 愛のうた ~百年の謎解きライブ~
宮澤賢治 愛のうた ~百年の謎解きライブ~
12月 20 @ 6:30 PM – 8:30 PM
宮澤賢治 愛のうた ~百年の謎解きライブ~
『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ著・夕書房刊)   宮澤賢治 愛のうた ~百年の謎解きライブ     禁欲的に生きたと考えられている宮澤賢治。 その彼が、本当は相思相愛の恋をしていたとしたらーーー。   宮澤賢治の恋について、作家・澤口たまみさんが、賢治の言葉から読み解いた説。 それは、100年経った今だからこそ見えてきた「真実」でした。 なぜ禁欲的に生きたと信じられていたのか、そしてその驚きの真実とは。 話題の『宮澤賢治 愛のうた』の著者 澤口たまみさんの解説・朗読を ウッドベース石澤由男さんの即興演奏とで楽しむ一夜。 宮澤賢治と音楽と恋。100年昔に思いを馳せる時間を、ぜひご一緒に。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 『新版 宮澤賢治 愛のうた』(澤口たまみ著・夕書房刊) 澤口たまみさんからのメッセージ 宮澤賢治は、禁欲的に生きた人物として、 異性としての女性とは縁のない一生を送ったと考えられてきました。  しかし実際には、相思相愛の恋をしておりました。 『春と修羅』をはじめとする「やまなし」「シグナルとシグナレス」などの作品には、 恋にまつわるキーワードが散りばめられています。  賢治が恋をしたのは、いまからおよそ百年前のことでした。 そしてその恋は、音楽に始まり、音楽に終わりました。 「宮澤賢治 愛のうた 百年の謎解きライブ」では、 ウッドベースの即興演奏で会場を音楽で満たしつつ、 賢治の恋のキーワードを朗読と解説でたどります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   宮澤賢治 愛のうた ~ 百年の謎解きライブ □日時: 2018/12/20(木) 18:30~20:30(18:00開場)※終了後サイン会あります。 □おはなし: 澤口たまみさん(エッセイスト・絵本作家) □演奏: 石澤由男さん(ベーシスト) □参加費:1,500円 □予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「12/20宮澤賢治愛のうたイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。 □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ プロフィール おはなし: 澤口たまみ(さわぐち・たまみ)さん(エッセイスト・絵本作家) 1960年、岩手県盛岡市生まれ。高校、大学と宮澤賢治の後輩としてすごす。 虫や自然についてのテキストを書くとともに、宮澤賢治の自然の言葉を読み解くことを続けている。主に福音館書店の「ちいさなかがくのとも」「かがくのとも」で、絵本のテキストを数多く手がける。 1990年、初めてのエッセイ集『虫のつぶやき聞こえたよ』(白水社)で、第38回日本エッセイストクラブ賞、2017年、『わたしのこねこ』(絵・あずみ虫、福音館書店)で第64回産経児童出版文化賞美術賞を受ける。 『新版 宮澤賢治 愛のうた』(夕書房)で宮澤賢治の相思相愛の恋を開封している。   演奏: 石澤由男(いしざわ・よしお)さん(ベーシスト) 1949年、岩手県北上市生まれ。 大学在学中の1970年代よりプロとして演奏活動を開始。 テレビは「徹子の部屋」「三時のあなた」「八時だよ!全員集合」「11PM」などの番組でベースを弾く。ステージではジョージ川口、菅野邦彦との共演をはじめ、海外ミュージシャンとの共演、米国での演奏経験も豊富。サントリーホールなどでシンフォニーオーケストラと共演するなど、その演奏ジャンルは多彩である。 現在はハーモニカの第一人者・八木のぶお、元RCサクセションのドラム・新井田耕造、パーカッションのコスマス・カピッツァと組むバンド「四輪車」のリーダーとして活動するほか、宮澤賢治の恋を開封する「百年の謎解きコンサート」で、ウッドベースによる即興演奏を担当している。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
6:30 PM チェブラーシカ☆スペシャルトーク☆児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」
チェブラーシカ☆スペシャルトーク☆児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」
12月 21 @ 6:30 PM – 8:00 PM
チェブラーシカ☆スペシャルトーク☆児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」
☆今年もやります☆  チェブラーシカマルシェ  ブックハウスカフェでも大人気のチェブラーシカ。 最初は映画、そしてグッズや絵本などでも日本で人気となって (もともと生まれた)ロシア本国でも驚かれるくらいだとか。 昨年の12月も開催して大好評でしたチェブラーシカマルシェ 今年も大々的に開催いたします! チェブラーシカのグッズ、大放出♪ かなりなレアグッズも出ると思いますので、どうぞお見逃しなくです!!   ☆チェブラーシカの映画が、2019年2月15日から全国85館で上映されます。写真は「チェブラーシカ動物園へ行く」からのデータです。 チェブラーシカの公式サイト ◇毎年恒例☆チェブラーシカマルシェ 会期: 12/14(金)~2019/1/15(火) ※2018/12/29~2019/1/4まで年末年始のお休みです 場所: ブックハウスカフェの小部屋「リリパット」 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00)※2018/12/27・28は、~21:00となりますのでご注意ください。 内容: チェブラーシカグッズ・関連書籍・絵画などの販売   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ↓↓↓↓期間中のイベントのお知らせはこちらから↓↓↓↓ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ チェブラーシカ☆スペシャルトークショー 児島宏子さん(ロシア語翻訳家、通訳の第一人者) × 藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) チェブラーシカの生みの親のエドゥアルド・ウスペンスキーさんと親交の深い、翻訳家の児島宏子さんと、藤原博行さんとの豪華対談が実現します! 日本でのチェブラーシカを語るといえば、このお二人!と言っても過言ではありません。 映画や書籍などの翻訳の児島さん、現在のチェブラーシカ版権元のチェブラーシカ・プロジェクトを率いる藤原さんから伺うお話は、とても貴重で面白く興味深く、そして驚きの真実まで・・・多種多様です。 今年8月にお亡くなりになったウスペンスキーさんのことはもちろん、ノルシュテインさんなどのお話も、ぜひお楽しみに。 そしてそして・・貴重な画像も出るかもしれません! 「チェブラーシカなるほど話」の宝庫ですよ。より深くチェブラーシカのことを知ることができる2夜トーク、どうぞお見逃しなく! [第1夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「ウスペンスキーさんとチェブラーシカ(仮)」 □日時: 2018/12/18(火) 18:30~(18:00開場) [第2夜] 児島宏子さん×藤原博行さん対談 「チェブラーシカを作る!(仮)」 □日時: 2018/12/21(金) 18:30~(18:00開場) +++++++++++++++++++++ □出演: 児島宏子さん(ロシア語翻訳家)、藤原博行さん(チェブラーシカ・プロジェクト執行責任者) □参加費: 各回1,500円 □予約: 要(店頭/E-mail: yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は必ず、件名に「●月●日 チェブラーシカ対談」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください □場所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら)   +++++++++++++++++++ 登壇者プロフィール 児島宏子(こじま・ひろこ)さん ロシア語翻訳家、通訳の第一人者。 チェブラーシカに関しては、2005年以降、日ロのやり取りのほとんどを通訳を引き受けていて、彼女無しではチェブラーシカは日本に存在しなかったといえる方。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、アレクサンドル・ソクーロフ等と親交が厚く、彼等と会うなら彼女に通訳を頼むのが常識となっている。 プーシキン、チェーホフの作品を数多く日本語訳している。 2010年の劇場版チェブラーシカの日本語字幕も彼女の翻訳である。   藤原博行(ふじわら・ひろゆき)さん 2010年劇場版チェブラーシカのゼネラルプロデューサー、チェブラーシカ・プロジェクトの執行責任者。 2006年からチェブラーシカ・プロジェクトを率いて毎年数回ロシアを訪問し、チェブラーシカの映画製作、上映に尽力された。 故エドゥアルド・ウスペンスキー、ユーリー・ノルシュテイン、ミハイル・アルダーシン(ノルシュテインの弟子)、ミハイル・トゥメーリャ(ノルシュテインの弟子)等と親交が深く、来年ロードショーの「チェブラーシカ動物園へ行く」では、アソシエイト・プロデューサーを務めている。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
1:00 PM きたがわめぐみさん/高橋和枝さんワークショップ☆
きたがわめぐみさん/高橋和枝さんワークショップ☆
12月 22 @ 1:00 PM – 5:30 PM
きたがわめぐみさん/高橋和枝さんワークショップ☆
  えがしらみちこさん きたがわめぐみさん 高橋和枝さん 3人展 「えほんの おはなし」   今とても注目を集める若手作家  えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん。 3人の作家さんによる、世にも豪華な3人展 「えほんのおはなし」を ブックハウスカフェで開催させていただくことになりました。 右奥のミニギャラリー、左奥の個室、そしてミニマンスリーギャラリーと、12月のブックハウスカフェ全体に、3人の世界が広がります。 3人の作家さんによるワークショップ、トークショーも期間中に開催されます。 大変貴重な機会ですのでお見逃しなく! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◇えがしらみちこ きたがわめぐみ 高橋和枝 3人展 「えほんの おはなし」 3人の作家がそれぞれ描いた、「こども」が出てくる絵本、「のりもの」が出てくる絵本、「どうぶつ」が出てくる絵本、「たべもの」が出てくる絵本の原画を展示します。ミニギャラリーで小さな絵の展示販売もします。 会期: 12/1(土)~12/27(木)※期間中無休 場所: ブックハウスカフェギャラリー 左奥の個室・右奥の個室(以上原画展示)/ミニマンスリーギャラリー(原画販売) 営業時間:平日 11:00~23:00 (土日祝は~19:00) ※右奥・左奥の個室は、貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。予めご了承ください。事前にお電話などでご確認いただけますと確実にご案内できます。 ☆入場無料 +++++++++++++++++++++ えがしらみちこさん 1978年 福岡生まれ。静岡県三島市在住。熊本大学教育学部卒。 主な作品として、『あめふりさんぽ』(講談社)、『なきごえバス』(白泉社 / 第9回MOE絵本屋さん大賞2016「パパママ賞」1位 )、『いろいろおてがみ』(小学館)『あのね あのね』(あかね書房)、『あなたのことがだいすき』(KADOKAWA)など。 『せんそうしない』(文・谷川俊太郎 / 講談社)、『まだかなまだかな』(文・竹下文子 / ポプラ社)の絵を担当。また、雑誌や教科書などの挿絵も手がけている。 きたがわめぐみさん 1979年神奈川県生まれ。幼稚園教諭として就職するが、骨折の為退職。 子ども達に「めぐみせんせい、がんばってね!」と貰った絵が嬉しくて、 自分でも絵を描いてみる。もっと嬉しくなってしまって、絵本を描き始める。 絵本作品に『おトイレさん』(教育画劇)『カレーちゃん』(アリス館) 『バスまってる』(えほんの杜)『ゆいちゃんのりぼんむすび』(PHP研究所)など。 童話作品に『1ねんせいじゃ だめかなあ?』(ポプラ社)など。 高橋和枝(たかはし・かずえ)さん 1971年 神奈川県生まれ。東京学芸大学教育学部美術科卒業。 文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や、絵本創作に携わる。 作品に『くまくまちゃん』(ポプラ社)『りすでんわ』(白泉社) 『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社) 『あめのひのくまちゃん』(アリス館)『もりのだるまさんかぞく』(教育画劇) 『くまのクリスマス』(小学館)など。 絵を手がけた本に『月夜とめがね』(小川未明・作)など。   ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪期間中イベント♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ ☆ワークショップ☆ きたがわめぐみさん、高橋和枝さんが、ブックハウスカフェで入れ替わりふたつのワークショップをしてくださいます♪ どちらのワークショップに参加しますか? なんといっても、全部のご参加がオススメです! +++++++++++++++++ 【ふたつのワークショップ・共通事項】 □イベント日: 12月22日(土) □参加費: 各1,000円(ドリンク付)※お席が必要な付き添いの方は、ドリンクチケット(500円)のご購入をお願い致します。 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/22 ●●さん(作家名)ワークショップ」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) +++++++++++++++++ ①≪きたがわめぐみさんのワークショップ≫ 「りぼんがむすべる どうぶつさんをつくろう」 □時間: 13:00~14:30(12:45開場)  □対象年齢: 3歳~大人まで(親子参加・大人だけの参加可) □定員: 10名 *汚れてもいい服装でお越しください ②≪高橋和枝さんのワークショップ≫ 「コピックをつかって ふわふわどうぶつをかきましょう」 □時間: 15:00~16:30(14:45開場) □対象年齢: 小学生~大人  □定員: 10名 ・・・・・・・・・・・・・・・・ トークイベント 3人の「えほんのおはなし」 今をときめく3人の若手作家さんの「えほんのおはなし」。 司会進行に、絵本コーディネーターの東條知美さんをお迎えしての 楽しいトークを、どうぞお楽しみに!   □日時: 12月27日(木)19:00〜(18:30開場)※終了後サイン会(サイン対象本は、当日ブックハウスカフェでご購入いただきました、登壇作家の著作に限らせていただきます) □出演: えがしらみちこさん、きたがわめぐみさん、高橋和枝さん □司会進行: 東條知美さん(絵本コーディネーター) □場所: ブックハウスカフェ  〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) □参加費: ¥1,500 □予約:要(店頭/E-mail  yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177) ※メールでご予約の際は「件名」に「12/27 3人トーク」として、「本文」にお名前フルネーム(よみがな)・お電話番号・ご参加人数(大人/子ども)を必ずご記載ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・   ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。
2:00 PM 中井貴惠のおとな絵本の朗読会 『ピアノ調律師』
中井貴惠のおとな絵本の朗読会 『ピアノ調律師』
12月 22 @ 2:00 PM – 6:00 PM
中井貴惠のおとな絵本の朗読会 『ピアノ調律師』
↓ご予約はこちらから↓ ご予約申し込み専用フォーム   ゴフスタイン追悼イベント 中井貴惠のおとな絵本の朗読会 『ピアノ調律師』   神保町の絵本屋さん「ブックハウスカフェ」の二階には、 グランドピアノのあるすてきなサロンがあります。 昨年十二月に逝去された絵本作家ゴフスタインを偲んで、 代表作『ピアノ調律師』を朗読とピアノでお届けします。   □日程: 2018年12月22日[土] 各公演共 80分~90分(休憩なし)  昼公演 14:00開演(受付開始13:15 開場13:30)※満員御礼・受付終了  夜公演 17:00開演(受付開始16:15 開場16:30) □会場: ブックハウスカフェ □出演: 中井貴惠(朗読)/石塚まみ(ピアノ・ヴォーカル) □公演内容:     〇トーク ゴフスタイン作品との出会いから今までの活動    〇トーク ピアノ調律師とピアニストの関係    〇本編「ピアノ調律師」約55分    〇ピアニスト石塚さんによる歌 約10分    〇終演後中井貴惠さんによるサイン会 □料金: 前売¥4,000 (当日¥4,500) □定員: 各公演50名限定(先着順) □予約方法: 当社ウェブサイト「ご予約専用フォーム」からお申込みください。 ブックハウスカフェから折り返しご連絡を差し上げます。 ※4日経ってもこちらからのメールが届かない場合はお手数ですがお電話でお問い合わせください。 ※お申込み前に下記注意事項を必ずご覧くださいますようお願い申し上げます。 ■注意事項:  ①こちらの公演は事前入金制です。ご入金いただいた順に整理番号をお知らせいたします。 ②イベント当日受付開始時刻より15分間を受付時間とし、開場時間より整理番号順にご入場いただきます。※受付時間を過ぎた後は、お越しいただいた順でご入場となりますのでご注意ください(開場時間を過ぎて受付をされますと、整理番号は無効となります)。 ③座席は全席自由です。 ④当日はイベント参加証をお渡しいたしますので、再入場の際にはそちらを必ずお持ちくださいませ。 ⑤イベント中の写真撮影・録音・録画はご遠慮くださいませ。 ⑥ご入金後のキャンセルにつきまして、払い戻しは以下の通りとさせていただきます。 ☆公演1週間前(12月15日まで)・・・2,000円(キャンセルのご連絡をいただいてから1か月以内にご来店いただいた方に限り現金のみでご返金) ☆公演前1週間(12月16日以降)・・・なし    ・・・・・・・・・・・・・ 絵本『ピアノ調律師』とおとな絵本の朗読会 ゴフスタインの代表作のひとつ『ピアノ調律師』は、世界一のピアノ調律師のおじいちゃんと孫娘デビーの物語。孫にピアニストになってほしいおじいちゃんと、おじいちゃんのようなピアノ調律師になりたいデビー、そしてふたりを巡る人びとのあたたかい愛情にあふれた絵本です。 女優・中井貴惠とピアニスト・石塚まみが、朗読とピアノ演奏で絵本の世界を豊かに表現します。生き生きとした朗読と、本作のために作曲された愛らしいピアノ曲によって、命を吹き込まれた主人公たちが動き回るかのよう。2017年の初演以来大人気の『ピアノ調律師』の朗読を、ふたりが敬愛する絵本作家ゴフスタインへの追悼の思いを込めて、各回50名限定・昼夜2回の特別公演でお送りします。    ・・・・・・・・・・・・・ ■中井貴惠(女優、エッセイスト) 1978年映画「女王蜂」でヒロインデビュー。1982年映画「制覇」で日本アカデミー助演女優賞を受賞。その後数々の映画、ドラマに出演。1998年より『大人と子供のための読みきかせの会』の代表をつとめ、小学校、幼稚園、小児病棟などでの公演は現在までに1350回以上に及ぶ。2009年にスタートした小津安二郎監督映画を朗読する「音語り」は好評で、「晩春」「秋日和」「東京物語」「お早よう」「秋刀魚の味」「麦秋」の6作を全国で公演中。2013年映画「じんじん」出演。2015年人気小説あんを原作者ドリアン助川氏と二人で演じる「朗読劇あん」を初演。2017年「おとな絵本の朗読会」シリーズ開始。主な著書 絵本再話「くるみわり人形」「はだかの王さま」、絵本翻訳「ハンナとシュガー」その他多数。  ■石塚まみ(ピアノ&ヴォーカル) 東京生まれ。3歳からピアノと戯れ、弾き語りも始める。国立音楽大学ピアノ科卒業後、都内中学校教員を経て、現在はピアニスト&ボーカリスト、作編曲家。「人々の心が温かくなる音楽の発信」を願ってソロ演奏はもとより、中川昌三(Fl)、toma(Sax)、石塚隆充(Cante)、国府弘子(P)、渡辺真知子(Vo)他、ジャンルを越えて多くのアーティスト達とライブを展開中。戦地ビルマからの祖父の絵手紙をテーマにした『ビルマからの便り』、自叙伝的アルバム『思い出の空』他多くのCD作品もリリース。またCMなどのスタジオワークの他、アレンジやプロデュースの実績も数多い。ライフワークとして国内外でのスクールコンサート&施設等での演奏も続けている。2016年にリリースした弾き語りアルバム「Mami Ballads」も好評発売中。   ・・・・・・・・・・・・・ ↓ご予約はこちらから↓ ご予約申し込み専用フォーム  ・・・・・・・・・・・・・ ■場 所: ブックハウスカフェ 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 www.bookhousecafe.jp  (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!アクセスはこちら) ・・・・・・・・・・・・・・・・ ふるってご参加ください。 ★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェまでどうぞ。

ブログblog